漫画ネタバレ

俺だけレベルアップな件【41話】ネタバレ感想!戦い続ける旬と諦めを諭す者たち!

こんにちは、まんがMAP管理人のセシルです。

今回は、漫画アプリ『ピッコマ』で配信中の超人気作品、『俺だけレベルアップな件』41話のネタバレ感想を紹介していきます。

3話までなら、ピッコマ公式ページあるいはアプリで今すぐ無料で読めます!

4話もすぐに「待てば0円」で読めますので、実際に待って読むのは5話以降です。

ピッコマ
公式ページへ

※4話以降は23時間ごとに1話ずつ読めます。

第40話のネタバレは、以下をどうぞ!

俺だけレベルアップな件【40話】ネタバレ感想!イグリット撃破!クエストは続行!こんにちは、まんがMAP管理人のセシルです。 今回は、漫画アプリ『ピッコマ』で配信中の超人気作品、『俺だけレベルアップな件』40話...

俺だけレベルアップな件【41話】のネタバレ

壁際にうずくまるイグリットを、見下ろす旬。

帰還石が出ていたことで、クエストがまだ終わっていないのでは? と疑問を持った。

ふと、ほんの4〜5mほど離れた位置に、何やら怪しげな渦巻きが現れた。

ウィーンと音を立てながら回転する渦巻きは、別の場所にもぽつぽつと姿を表す。

「これより転職クエストを開始します」と、ウィンドウが知らせてくる。

クエストが終わったわけじゃないことを知った旬は、気を引き締めた。

ウィンドウはさらに、以下のような内容を知らせてきた。

「交戦時間の長さによって、上位クラスへの転職に必要なポイントが与えられます」

『ポイント』という文字を見た旬は、「無制限ウェーブか」と口走った。

幸運を祈ります、という文言とともに、ウィンドウが時計の役割に変わった。

[00:00:01]から[00:00:02]へと。

四方から鎧の敵兵たちが姿を現し、旬に向かってゆっくり近づいてくる。

ガチャン、ドスン

瞬時に相手の力量を把握した旬は、目の前の鎧達なら今の自分でも勝てる、と踏んだ。

イグリット級の相手なら、瞬殺されていただろう…とも。

昇級ポイントは、時間だ。

長く戦えば戦うほど、隠し職業が出てくるのだろう。

いわゆる転職クエストだ。

「隠密」を使いながら、旬は現状を言葉にする。

「残りマナは390、隠密の使用は200。それをさし引いても、190残る」

隠密の維持には、1秒につき1のマナが必要だ

190のマナがあれば、3分は時間が稼げる

HPもMPにも余裕がある

いけるとこまでいってやる

隠密で姿を隠した旬を、鎧の敵兵たちがきょろきょろと探し出す。

次の瞬間、魔法使いが両手を掲げ、スキルを発動した。

「探知の視線」だ。

これにより、黒いひし形のエネルギーが現れ、旬の居場所を探知した。

あっさり姿を晒すことになった旬に、2体の敵兵が襲いかかる。

しかし旬のほうが素早く、2体の胴体をつかんで後方へとぶん投げた。

背後に気配を感じた旬は、振り返りざまにスキル『殺気』を使用した。

旬に睨まれた兵隊たちは、1分間の能力値半減を余儀なくされた。

殺気スキルのマナ消費量は100、チャンスは1度しかない!

そう思いつつ、旬は蹴りによって敵兵たちを叩き伏せる。

確実に頭部にヒットさせ、一撃でへこませてゆく。

しかし、敵はとにかく数が多い。

あとからあとから湧いてくる。

ついに旬も、背中に攻撃を受けてしまった。

[HP:1036/10278]

(敵兵を)減らすどころか、ゲートから湧いて出てくるほうが全然速い

『根性パッシブ』を発動しながらも、旬は後悔していた。

隠密なんて使ったばかりに、マナを無闇に消費してしまったことを。

もう、帰還石を使うしかないか…

転職には旨みがあるはずだが、今はまだハードルが高すぎる…

ふと、ウィンドウに目を向けて時間を確認してみた。

まだ5分8秒しか経っていない。

勝算がないことを悟った旬は、帰還石を握りしめ、ここを出る決心をした。

しかし、兵隊が水平に振り込んできたハンマーに腕ごと脇腹を叩かれ、少しだけ吹っ飛ばされて地面に倒れ込んでしまった。

剣を持った兵隊たちが、少し離れた旬に群がってくる。

旬は立ち上がり、眼光を鋭くして前を見据えた。

「いや、このまま終わってたまるか。せっかくのチャンスなんだ」

ジャンプ一番、兵隊達の真上から攻撃を繰り出そうとする。

底辺(E級)にいたから、頂点に憧れ続けてきた

弱者の悲しみは、誰より深く知っている

そう思うと、過去に言われた侮蔑の言葉がよみがえってきた。

「協会ももっと戦力になる奴よこせよな」

「仲間に隠れて生き延びただけだろ」

「雑魚も倒せない奴がハンター名乗るなよ」

叫び声を上げながら、旬は兵隊の頭を凹ませ、倒した。

しかしまだ、目の前には無数の兵隊がいて、旬に迫ってくる。

旬の脳裏に、真島と久我の会話が浮かんだ。

「あの兄ちゃん、史上最弱兵器ってんだ」と真島。

「最強じゃなくて?」と久我が聞く。

「E級ゲートでも怪我して入院するんだから、ハンターの中で一番弱いだろな。あの兄ちゃんがいるダンジョンは、低級だと思っていい」

悔しさに歯を食いしばる旬に、今度は馬渕と観月が声をかけてくれた。

「水篠くん、これ以上無理するな」と馬渕。

「そうですよ、水篠さん」と観月。

そして最後には、もっとも旬をよく知る男が声をかけてきた。

「自業自得だ」とその男は言う。

「なぜ危険な道に進みたがる? そこまで強くなっただけでも十分だと思えよ」

振り返った旬の前にいたのは、他の誰でもない、かつての弱かった自分だった。

俺だけレベルアップな件【41話】の感想

強さを求め、レベルアップを求めて、ひたすら戦い続けようとする旬。

しかし、マナが残り少なく、敵の数もまだまだいる現状では、かなり厳しい状況です。

そんな旬の目の前に、かつての仲間達が空想として現れます。

弱かった旬をバカにする者たち。

諦めを諭そうとする者たち。

そして、自分の良ささを最もよく知る、かつての自分も。

果たして旬は、これらの声を跳ね除け、次なる道に向けてステップアップしていけるのか?

第42話のネタバレは、以下をどうぞ!

俺だけレベルアップな件【42話】ネタバレ感想!ペナルティークエストに救われる!こんにちは、まんがMAP管理人のセシルです。 今回は、漫画アプリ『ピッコマ』で配信中の超人気作品、『俺だけレベルアップな件』42話...

漫画で読むとより臨場感が味わえるので、ネタバレ文章を読んだら、その後はぜひ絵付きで読んでみてくださいね。

ピッコマ
公式ページへ

※4話以降は23時間ごとに1話ずつ読めます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA