映画・ドラマ

【先生を消す方程式。】類似ドラマや似た映画・漫画を紹介中!

10月31日からテレビ朝日系列で放送している『先生を消す方程式。』は、3年D組の生徒たちが、担任の義澤先生をいじめる物語です。

3年D組は、学力は高いが問題のある生徒が集まったクラス。

そんな中、校長から期待をかけられてやってきたのが、田中圭さん演じる義澤先生です。

生徒からありとあらゆる嫌がらせを受けても、つねにニコニコしている義澤先生は、いったい何を目的に3年D組の担任を引き受けたのか?

少しずつ変化する生徒たちに、何を伝えようとしているのか?

回が進むにつれてヒートアップする内容で、世間ではいろんな角度からの考察が盛り上がっています。

そんな「先生を消す方程式。」ですが、類似ドラマや、似た作品、漫画などはあるのでしょうか?

その点について紹介していこうと思います。

「先生を消す方程式。」の類似ドラマ、似た作品・漫画など

映画『先生を流産させる会』

2011年に上映された、日本の映画作品です。

愛知県で起こった実話がモチーフになっていて、タイトルだけを見ても壮絶な内容であることが分かりますよね。

ある中学校の教師をしていたサワコが妊娠し、そのことに興味を持った不良グループのミヅキが、不良仲間を唆してサワコを流産させようとするストーリーです。

いじめグループの5人は全員女子で、リーダーのミヅキの異常性が特に際立って描かれています。

いじめにあうサワコは大人ですが、多感な5人の中学生に翻弄される姿は、とても平常心では見ていられません。

「先生を消す方程式。」と同じく、生徒が先生をいじめる構図なので、その点が類似しているといえるでしょう。

ただし、どこか救いのある雰囲気の「先生を消す方程式。」と違い、かなりダークな内容になっていますので、その点に注意してご覧いただければと思います。

Amazon primesビデオで配信中です。

ドラマ『35歳の高校生』

2013年に放送された、日本のドラマです。

米倉涼子さんが主演をつとめた学園もので、タイトルの通り、35歳の女子高生を主人公に描いた作品です。

米倉さん演じる主人公「馬場亜矢子」は、若い頃に中退した高校生活をもう一度やり直すため、国木田高校の3年A組に編入してきます。

そこは、いじめや不登校、スクールカールとなど、さまざまな問題が起こっているクラスでした。

そんなクラスにやってきた亜矢子は、それぞれの生徒が抱える悩みや問題を解決していきます。

「先生を消す方程式。」と違って、先生いじめをするお話ではありませんが、問題の多いクラスを描いているという意味で、似た作品として紹介することにしました。

漫画『暗殺教室』

ちょっと変わったキャラクターが先生としてやってきて、問題のある生徒たちを指導してゆく、サスペンス要素を踏まえたコメディ作品です。

素行不良な生徒が集められた椚ヶ丘中学校のE組で、地球を救うためにせんせーを殺すというミッションが課せられます。

せんせーを殺さないと、地球を破壊されるからです。

せんせーは人間ではなく、超スピードで空を飛んだり、ライフル弾を簡単にかわしたりと、とにかく無敵。

生徒たちはせんせーを殺そうと、好きを伺ったり協力したり、あの手この手を繰り出してきます。

いじめやスクールカーストといった点はあまりないのですが、生徒が先生の命を狙うという意味で、「先生を消す方程式。」との共通点があると思います。

【先生を消す方程式。】類似ドラマや似た映画・漫画を紹介中!:まとめ

今回は、ドラマ『先生を消す方程式。』の類似作品や、似た映画・漫画について記事にしました。

生徒が先生を狙うという、かなり奇抜なストーリーだけに、類似作品があまり見つからないのが正直なところです。

上にあげた3作品は、どれも日本の有名タイトルです。

「先生を消す方程式。」の類似作品として、ぜひ一度視聴してみるといいですよ。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です