漫画無料・最安値情報

進藤くんは取り扱い注意。を無料で読めるか主要12サイト&アプリを調査!

今回は、『進藤くんは取り扱い注意。 ~後輩が性的すぎて困ってます!?~』を全巻無料で読める電子書籍サイトがあるか、チェックしてみました。

ここあ
ここあ
とりあえず作品を読んでみたい方は、以下からどうぞ!

\1巻試し読みOK/

『進藤くんは取り扱い注意。』は無料で読める?

2022年6月現在、『進藤くんは取り扱い注意。 ~後輩が性的すぎて困ってます!?~』の取り扱いがあるサービスを調べてみました。

電子書籍サービス 『進藤くんは取り扱い注意。』の取り扱い
コミックシーモア ○(1巻試し読みOK:2巻まで配信)
まんが王国 ×
ebookjapan ×
BookLive! ×
DMMブックス ×
Renta! ×
Kindle △(6月30日配信予定)
楽天Kobo △(6月30日配信予定)
honto △(6月30日配信予定)
Reader Store ×
BOOK☆WAKER ×
U-NEXT ×

2022年6月現在、『進藤くんは取り扱い注意。』は、コミックシーモアで配信されています。

そもそも、コミックシーモアの先行配信作品ですからね。

1巻を試し読みOK!

ここあ
ここあ
今後、1巻が丸ごと試し読みOKになる可能性もあるので、現在の状況は以下からチェックしてみてね!

\シーモアで1巻試し読みOK/

Kindle、楽天koboで予約したい方は、以下からどうぞ!

→Kindleで『進藤くんは取り扱い注意。』を予約(6月30日発売予定)!

→楽天koboで『進藤くんは取り扱い注意。』を予約(6月30日発売予定)!

漫画アプリもチェックしてみましたが、どのアプリにも取り扱いはありませんでした。

今後、他のサービスで配信がスタートしても、シーモアのほうが最新刊まで早く読めます。

料金はどのストアでも同じになるので、『進藤くんは取り扱い注意。』を楽しむなら、コミックシーモアがおすすめです。

コミックシーモアを利用して、『進藤くんは取り扱い注意。』を今すぐ読む方法を紹介しますね。

『進藤くんは取り扱い注意。』を、今すぐ読む方法!

一番おすすめなコミックシーモアを利用して、『進藤くんは取り扱い注意。』を今すぐに読む方法を紹介します。

コミックシーモアには、大きく分けて2つの利用方法があります。

  • 月額コース
  • ポイントプラス

なお、コミックシーモアの初回登録には、以下の3大特典がついてきます。

  • 特典1:70%OFFクーポン(1回限り1冊のみ)
  • 特典2:3日間連続購入で、最大600ptプレゼント
  • 特典3:登録金額と同じポイントがもらえる(月額コースのみ)

特典1(70%OFFクーポン)は、月額コースもポイントプラスも、どちらでも使えます。

特典2を上手に使うには、登録した日にまとめ買いせず、3日間に分けて作品を購入するといいでしょう。

特典3は、登録した月額コースと同じポイントが、翌々月に加算されるサービスです。

月額コースとポイントプラス、それぞれの特徴を解説しますね。

月額コース

毎月定額課金をする代わりに、ボーナスポイントがたっぷりもらえるのが、月額コースの強みです。

月額コースの料金表は以下(赤文字がボーナスポイント)です。

コース名 月額(税込) 付与ポイント
(クレジットカード払い)
シーモア300 330円 300pt
シーモア500 550円 500pt
(+50pt)
シーモア1000 1100円 1000pt
(+150pt)
シーモア2000 2200円 2000pt
(+450pt)
シーモア3000 3300円 3000pt
(+690pt)
シーモア5000 5500円 5000pt
(+1200pt)
シーモア10000 11000円 10000pt
(+2500pt)
シーモア20000 22000円 20000pt
(+6000pt)

『シーモア500』以上のコースであれば、ボーナスポイントがついてお得になります。

しかも、上述した初回特典もつくので、後からコースと同額のポイントがもらえます!

『進藤くんは取り扱い注意。』以外にも読みたい作品がある場合に、月額コースを検討するといいでしょう。

月額コースを選ぶ場合、ボーナスポイントをたくさんもらうのが基本的な目的になります。

初回特典ボーナスも、毎月のボーナスも、たっぷりですからね。

リーズナブルなコースを選ぶと、月額コースを選ぶ意味が弱くなっちゃうってことです。

やや高めのコースを選んだほうが、そのメリットを充分に活用できるんですね。

『進藤くんは取り扱い注意。』のように、表情豊かなキャラたちが自然なストーリーを演じるような作品は、きっとこれからも登場します。

そういった場合に備えて、ある程度高めのコースを選び、初回特典のボーナスポイントをたっぷりもらっておくのもアリですね。

ちなみに、コミックシーモアのポイントは、購入した月からみて6ヶ月目の末日まで有効です。

この期間にどれだけ読めそうかを考えて、月額コース(初回ボーナスポイント付き)を選ぶといいですよ。

もう1つちなみに、月額コースを途中でやめても、今まで買った作品は読めますし、その時点で残ってるポイントも使用できます。

買った作品が読めなくなったり、ポイントが消失してしまうのは、コミックシーモア自体を退会したときです。

「月額コース解除」と「退会」は違います。

月額コースだけ解除して、退会せずに会員でいるだけなら、もちろん無料で利用できますよ。

ポイントプラス

いわゆる『都度課金』にあたるのが、ポイントプラスです。

欲しい分だけポイント購入し、得たポイントで作品を購入する、リスクの少ない方法です。

コミックシーモアの場合、わざわざポイントプラスを利用しなくても、『カート』に入れてクレジットカードで直接購入できます。

なので、ポイントプラスを利用することは、実はあまりないんですね。

クレジットカード利用の場合は、カートに入れて購入、つまり1ステップでOKです。

いっぽうポイントプラスの場合は、ポイントプラスを購入し、そのポイントで作品購入、つまり2ステップかかります。

もちろん、作品の料金は同じです。

なので、たとえば『進藤くんは取り扱い注意。』の2巻を読んでみたいだけなら、カートに入れて直接購入したほうが手っ取り早いわけです。

みるく
みるく
それなら、ポイントプラスを用意しておく意味なくない?
ここあ
ここあ
2000コース以上ならボーナスがつくから、まとめ買いとか、高額なビジネス書を単発で欲しいときに使えるよ。

ちなみに、カートに入れて直接購入する場合でも、1冊のみ初回70%OFFは利用OKです。

『進藤くんは取り扱い注意。』は1巻当たり150ptなので、初回70%OFFクーポンを利用すれば、45ptで楽しめるんですね。

初回70%OFFクーポンは1ヶ月の猶予があります。

『進藤くんは取り扱い注意。』に利用してもいいのですが、別の作品のためにとっておくのも1つの手です。

1ヶ月の猶予の間に、もう少し高めの作品を読みたいのでしたら、とっておくといいでしょう。

そうじゃない場合は、『進藤くんは取り扱い注意。』に使うといいですよ。

月額コースとポイントプラス、まとめると以下みたいな感じですね。

  • ボーナスポイント狙いで月額コースを利用する。
    (作品が楽しめることに期待して、ちょっと高めのコースを利用する。その分、他の作品まで多めに楽しめる。)
  • リスクを避けて、カートorポイントプラスを利用する。
    (ボーナスポイントは諦める。その代わり、堅実でリーズナブルな利用が叶う。)

自分の状況や性格(笑)に合わせて、どちらかを選びましょう!

みるく
みるく
漫画が好きで、他の作品まで読みたいなら、ボーナスポイント多めの月額コースがいいかもね!
ここあ
ここあ
ピンポイントで『進藤くんは取り扱い注意。』を読むなら、カートから直接が良さそうだね!

\シーモアで1巻試し読みOK/

違法サイト・海賊版サイトに注意!

コミックシーモアは、テレビCMでもおなじみの安心・安全なサイトです。

いっぽう、閉鎖された漫画村や漫画BANKのように、著作権を侵害する違法サイトも未だに存在します。

そういった違法サイト・海賊版サイトの利用は、絶対に控えましょう。

理由は大きく分けて2つ。

  • ウイルス感染リスク
  • 違法サイトは読者も罰金対象に!
みるく
みるく
ウイルスにやられたら、端末の修理だけでも大変そう!
ここあ
ここあ
しかも個人情報を抜き取られるリスクもあるから、絶対NGね!

第1話:ネタバレ

教育係

挿入された2本の指が、彼女の中を優しく掻き回し、卑猥な音を立てている。

引き抜いた指に絡まる彼女の愛液は、普段冷静な彼の興奮を一層煽った

「すみません… もう、限界です…」

彼は下着を脱ぎ、潤んだ瞳で見つめる彼女の上に覆いかぶさった。

(まさか、私が後輩とこんな事になるなんて…)

話は、4ヶ月前に遡る。

老舗のお菓子メーカーで働く大室凛子(おおむろ りんこ 24歳)は、

商品企画部に所属していた。

ある日、部長から呼び出され、彼女は、突然、新人の教育係を任される。

そして、新入社員の初出社日。

整った顔立ちの男性が、スーツをビシッと着こなし、自己紹介をした。

「商品企画部に配属された進藤涼真(しんどう りょうま)です。

よろしくお願いします」

それが終わると、凛子は笑顔で彼に近づき、教育係として挨拶をした。

ところが…

「大室さん、先に言っておきますが、あなたに迷惑をかける事は無いと思います」

新人らしからぬ高慢な発言に、凛子だけでなく周囲の同僚も驚いている。

けれど、彼女は、めげずに涼真の教育に取り組んだ。

ところが、数日後…

当初、凛子から溢れていたやる気は跡形もなく消え去り、ただ暗いオーラを背負っている。

涼真は、全ての面で新人とは思えない能力を発揮し、彼女の出る幕は一切無かった。

昼の休憩時間、凛子は、昼ご飯を食べながら、同僚に愚痴をこぼす。

「絶対に、部長は知ってて、私に教育係をさせたんだ…

進藤君は、とにかく優秀なんだけど… ちょっと人間性に問題が…」

「…でも、大室ちゃんに教育係を任せた理由が、きっと何かあるんだと思うよ。

大変だけど、頑張って!」

優秀な新人

昼休憩を終えた凛子は、廊下を歩きながら、先程言われた同僚の言葉を思い出していた。

(う~ん… 理由か…

まずは、何でも話してくれるような関係を築かないと…

…あれ? あそこに座ってるのは、進藤君…?)

少し先に置かれた長椅子で、涼真が1人お菓子を食べている。

横には、他の菓子メーカーが作った新商品が数種類、袋に入れて置かれていた。

どうやら、味見をしては、ノートに感想を記入し、分析しているようだ。

凛子が、体を心配して声をかけると、愛想のない言葉が返ってきた。

「栄養は、サプリメントで摂ってます。

そもそも大室さんには、関係の無い事です」

「…い、いつも1人で食べてるの?」

「食事が終われば、すぐに業務を始めたいので…

それに、他の人といるより気楽ですから…」

その時、凛子は、他社商品を入れた袋の中に、ある物が混じっている事に気づく。

「あっ! これうちのお菓子!

私、子供の時から好きで食べてたの。

…でも、どうして、うちの商品が混じってるの?」

「僕の好きなお菓子なんです…」

同じお菓子が好きだと判明し、単純な凛子は、なんだか嬉しくなった。

(これがきっかけで、仲良くなれたりして…)

しかし、現実はそんなに甘くはなく、相変わらずの塩対応が、その後も続いた。

ただ、仕事は迅速・丁寧・正確で、彼の有能さは認めざるを得ない。

それは、上司も驚く程で、明らかに凛子の能力を上回っていた。

衝突

ある日、凛子は追加の仕事を頼まれ、1人遅くまで残り、パソコンと向き合っていた。

「思った以上に大変だ~! お腹も空いたし…」

そこへ、夜食を持った涼真が入って来て、手伝いを申し出る。

「一緒にやりましょう。

それに、僕がした方が、早く終わるので」

「…そ、そりゃあ、進藤君は、優秀で、私よりずっと仕事もできるけど…

それでも… 私にもプライドぐらいあるわ!!

1人でやるから、もう帰って!!」

握りしめた拳が、ワナワナと震え、その目には涙が浮かんでいる。

凛子は大きな声で叫ぶと、涼真を追い出し、扉をバタンと閉めた。

彼の足音が遠ざかっていく。

残された夜食の袋には、凛子が好きだと言ったお菓子が一緒に入れられていた。

(情けない… 先輩なのに泣いて怒るなんて…

彼は、確かに厄介な人だけど、真面目で努力もして結果も出してる…)

「よしっ! 私だって、頑張るぞ!!

進藤君の先輩として、尊敬されるような存在を目指そう!」

凛子は、気持ちを新たに、目の前の仕事に取り組む。

その表情は、先程とは打って変わり、意欲に満ち溢れていた。

本音

翌日。

出勤した凛子は、進藤の姿を見つけると、彼に近づき頭を下げた。

「昨日は、ごめんなさい。

私の事を気遣ってくれたのに、あんな態度を取ってしまって…」

「…真剣に僕に謝りに来た人は、大室さんが初めてです。

僕の発言は大抵相手に聞き入れてもらえず、反発や嫌みを言われるだけで…

だからかも知れません…

こうやって謝る大室さんの事、すごいなって思ってるんです」

涼真が、柔らかい表情を凛子に向ける。

彼が以前より心を開いてくれたように感じ、凛子もそれに歩み寄った。

2人の関係

乾杯の音頭と共に、居酒屋を貸し切っての新入社員歓迎会が始まった。

凛子がビールを飲んでいると、隣に座った同僚の女性が早速、涼真の話題を振る。

「聞いたわよ! 上手くいってるんだって?」

「そうだね。最初は、どうなる事かと不安だったんだけど…」

すると、その同僚が、突然ニヤニヤとしながら、凛子の顔を覗き込む。

「あのさ~ 最近、あんた達、あやしいよ~

いっつも一緒でさぁ~

彼のあんたを見る目がもう… 間違いなくアレだよね!」

思わず涼真の方を見てしまった凛子は、彼と目が合ってしまい、顔を赤くした。

やがて、歓迎会が終わり、それぞれが二次会へと向かう。

すると、涼真がやって来て、凛子のカーディガンの裾をクイッと引っ張った。

「あの… 僕、大室さんと一緒に帰ります」

どうやら、酔ってしまったようで、いつもの涼真とは明らかに様子が違う。

凛子は、教育係として、酔った彼を送り届ける役を買って出た。

同僚達と別れ、2人だけになると、ふらつく涼真に話しかける。

「駅まで、歩いて行ける? …飲み過ぎちゃったのかな?

お酒の飲み方をマスターするまでは、家だけで飲むようにした方がいいよ」

すると、急に涼真が凛子との距離を詰め、耳元で囁いた。

「大室さんの家に行きたいです。

お酒の飲み方を教えてください。

だって、あなたは、僕の教育係なんですから…」

凛子の手を優しく握ると、その指先にキスを落とす。

熱のこもった瞳で見つめられ、彼女は、言葉にならない声をあげた。

酔った勢い

凛子の家の玄関に入った途端、涼真は彼女を抱き寄せた。

「ちょっと、待って! 落ち着いて!」

けれど、涼真はそれを無視し、彼女の耳に唇を這わせた。

大きな手が、カットソーをめくり、素肌を優しく撫でる。

それは徐々に上へと移動し、下着の上から、胸をわし掴みにした。

「嫌です。離れたくありません。

大室さんに触れていたい…」

既に理性が崩れ、興奮状態の涼真は、凛子を見つめながら、ワイシャツのボタンを外した。

第1話 :感想・考察

会社とプライベートでの涼真の豹変ぶりにビックリしました。

特に、歓迎会の帰り、凛子に甘える姿にドキドキです。

世の中の女性は、たいがいこのギャップにやられると思います(笑)

出会った頃は、涼真に対してマイナスの印象が強い凛子でした。

会話し、一緒に過ごし、少しずつ距離を縮めていく過程が良かったです。

涼真の辛い経験を聞き、真摯に彼と向き合おうとする凛子に優しさや思いやりを感じます。

涼真は、凛子のこういうところに惹かれたのではないかなと思いました。

普段、飄々としている涼真が、凛子の裸を前にし、興奮している表情に興奮しました。

絵も魅力的で、ストーリーも面白い、オススメの作品です。

進藤くんは取り扱い注意。を無料で読めるか主要12サイト&アプリを調査!:まとめ

今回は、コミックシーモアを利用して、『進藤くんは取り扱い注意。 ~後輩が性的すぎて困ってます!?~』を読む方法を紹介しました。

コミックシーモアなら、ボーナスやキャンペーンも豊富だし、試し読みもたっぷり楽しめます。

『進藤くんは取り扱い注意。』はシーモアの先行配信作品なので、続編もいち早く読むことができますよ。

まずは気軽に試し読みしてみて、続きを読むかどうかを判断してくださいね!

\シーモアで1巻試し読みOK/

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。