漫画ネタバレ

【進撃の巨人】リヴァイ兵長の名言&名セリフ集!画像&解説あり!

『進撃の巨人』の中でも、1番の人気を誇るキャラといえば、『リヴァイ・アッカーマン』です!

クールながらも熱いハートを持っていて、とても仲間思いな名言を残してますよね。

この記事では、リヴァイ兵長の名言・名セリフについて、特に印象的なフレーズをピックアップしてみました。

最後まで読めば、リヴァイ兵長の人柄がより深く理解できること間違いなしですよ!

リヴァイ・アッカーマンの名言&名セリフ集!

約束しよう。俺は必ず!!巨人を絶滅させる!!

©︎進撃の巨人/講談社(諫山創)

死が迫る中、人類の役に立てなかった、と嘆く部下にかけた言葉です。

べっとりと血がついた手をためらわず握り、お前の死は決して無駄にしない、と誓うリヴァイ。

初登場したときの冷たい印象をガラリと変えた名言ですね。

オイ…ガキ共…これは…どういう状況だ?

エレンは、トロスト区の壁に空けられた穴を、巨人の力を使って塞ぎました。

作戦は成功したものの、力を使い果たしたエレンは、もう動くことができません。

その直後、巨人の手がエレンに迫ります。

絶体絶命の中、エレンに迫る2体の巨人を倒したのは、リヴァイでした。

この名言は、巨人を一瞬で倒した後、エレンらに状況を聞いたセリフです。

ヒーロー登場を思わせる余裕の一言。

すごくシビれますね!

何が本当に正しいかなんて俺は言ってない。そんなことはわからないからな…お前は本当に間違っていたのか?

©︎進撃の巨人/講談社(諫山創)

王政編に入り、巨人ではなく人を相手に戦うことになった調査兵団。

しかし、新生リヴァイ班となった104期は、人と戦うことに抵抗を感じていました。

その後、考える暇もなく、中央憲兵に襲われてしまいます。

やらなければやられる、という切迫した状況に陥ったリヴァイ班。

しかし、人を殺すことに戸惑うジャンは、憲兵を殺すことができませんでした。

ジャンは、相手を撃てずに仲間を危ない目に合わせたことを後悔します。

この名言は、そんなジャンにリヴァイがかけた言葉です。

部下の失敗を、自分の考えを押し付けずにフォローする。

まさに理想の上司ですね。

夢をあきらめて死んでくれ。新兵達を地獄に導け。「獣の巨人」は俺が仕留める

©︎進撃の巨人/講談社(諫山創)

シガンシナ区奪還作戦にて。

エルヴィン達は、獣の巨人の投石攻撃を受け、全滅の危機に陥ります。

唯一の打開策は、エルヴィンと新兵がリヴァイのおとりとなり、獣に真正面から特攻すること。

しかし、正面から投石攻撃を浴びれば、無事では済みません。

エルヴィンにとっては、世界の真実を知るという夢を、あと一歩のところで諦めることになります。

団長としての責任を果たすか、個人的な夢を優先するかで、揺れ動くエルヴィン。

このセリフは、そんなエルヴィンの背中を押した名言です。

死ぬな、生き延びろ

©︎進撃の巨人/講談社(諫山創)

レベリオ襲撃の際、仲間にかけた言葉です。

エレンの指示を受け、敵地のまっただ中で攻撃を開始した調査兵団。

全員が生きて帰るなど、到底困難でしょう。

この名言は、そんな状況の中でも、人命を最優先に考える、仲間思いのリヴァイらしいセリフですね。

お前ら、図体ばかりでかくなりやがって

©︎進撃の巨人/講談社(諫山創)

シガンシナ区奪還作戦から3年後、大きく成長した104期に囲まれた際の一言です。

今まで、リヴァイが自分の身長を気にしている様子はありませんでした。

ですが、この明らかに負け惜しみから出たセリフから察するに、けっこう気にしているのかも!

ガキ共から大きく見下ろされる形になっても、大人の威厳を保とうと必死な姿が可愛らしいです(笑)

モテたことくらい…ある…

©︎進撃の巨人/講談社(諫山創)

ジークに、「お前、モテねぇだろ」と煽られたのに対し、なんとか言い返したセリフです。

モテたことがあると主張するリヴァイ。

ですが、妙に小さいコマの中で、目を逸らして言い淀んでいる姿から察するに、ちょっと怪しい(笑)

『進撃の世界』ではモテなくても、3次元ではモテているから大丈夫ですよ、兵長。

俺たちがどれだけ仲間を殺してきたか、知らねぇだろうに

©︎進撃の巨人/講談社(諫山創)

レベリオ襲撃後、巨大樹の森に監禁されたジーク。

ジークは、リヴァイから逃れるため、監視役の兵士を全員巨人化させます。

仲間思いのリヴァイは、巨人になった部下は殺せない、と踏んだためです。

しかし、その予想は大きく外れました。

リヴァイは、ためらうどころか、瞬く間に全ての巨人を倒し、ジークを追ってきたのです。

この名言は、リヴァイが、追い詰めたジークに雷槍を放つ直前に浴びせた言葉です。

たくさんの仲間の命を犠牲にしてきたリヴァイならではの、重みのあるセリフですね。

俺達が夢見た巨人のいない世界は、呆れるほどおめでたい理想の世界だったはずだ。そうでなければ、あいつらの心臓と見合わない。

©︎進撃の巨人/講談社(諫山創)

エレンとの戦闘中、死んだ仲間の思いをくんだリヴァイの名言です。

地ならしで世界が踏み潰されれば、パラディ島の生存を脅かす存在はいなくなります。

しかし、今は亡き調査兵団の仲間が望んだことは、そうではなかったはずです。

お互いに分かり合える理想の世界を目指していたはずです。

確かに、パラディ島を巡る世界情勢からすれば、話し合いで解決するなど、到底困難な道でしょう。

幼い頃から生きるか死ぬかの世界で生きてきたリヴァイには、よりそう思えるはずです。

しかし、死んだ仲間を思うリヴァイは、仲間の夢を叶えるためエレンと戦います。

それがどんなに困難な道であっても。

これが結末らしい。お前らが捧げた…心臓の…

©︎進撃の巨人/講談社(諫山創)

調査兵団の兵士は、エレンの入団後、エレンを守るために命を捧げてきました。

その結果、最終的に、巨人の力を世界から消し去ることができました。

このセリフは、死んだ仲間に、お前たちの死は無駄ではなかった、との思いで語りかけたリヴァイの名言です。

【進撃の巨人】リヴァイ兵長の名言&名セリフ集!画像&解説あり!:まとめ

仲間を死なせたくない、仲間の死を無駄にしたくない!

仲間思いなリヴァイの優しさが詰まった名言集でした。

最終話では、見送ってきた仲間の死に意味が与えられて、本当によかったです。

戦いが終わり、調査兵団の責務から解放されたリヴァイ。

これからは、仲間が夢見た外の世界を自由に旅してほしいですね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です