漫画ネタバレ

#ティールブルーの羽色【1話】『#ナイトブルー』ネタバレ感想!ありすが不思議の国へ!

こんにちは、まんがMAP管理人のセシルです。

今回は、漫画アプリ『LINEマンガ』で配信中の作品、『#ティールブルーの羽色』1話『#ナイトブルー』のネタバレ感想を紹介していきます。

3話までなら、LINEマンガのアプリで今すぐ無料で読めます!

LINEマンガ
公式ページへ

※4話以降は23時間ごとに
1話ずつ読めます。

#ティールブルーの羽色【第1話】『#ナイトブルー』ネタバレ

興味

桜花女子高等学校に通う『大塚ありす』は、毎日勉強に明け暮れる優等生。

全国の模試でも2位に入るほどの優秀さだが、この頃は勉強にも行き詰まりを感じていた。

やればやるだけ結果が見える勉強。

しかしいつも1位を取れないままだった。

ありすを差し置いて常にトップに立つのは、同じ塾に通う星瑛学園高等学校の『相沢奏斗』。

しかし奏斗は、あまり勉強に執着や興味もなく、「すごい」と煽てる女子たちにも一切の興味を示さない。

授業中も熱心ではなく、ずっと窓の外を見ている。

そんな奏斗を見て、ありすは悔しいという思いや焦りに襲われていた。

ありすは自分には勉強しかないと思っている。

塾からの帰り道、ゆっくり歩いているありすの後ろから、奏斗が慌てた様子で走ってきた。

何やら携帯で話している奏斗は、思い切りありすにぶつかってしまう。

奏斗は謝りながらも、また慌てた様子でそのまま走っていった。

出会い

いつもはクールで周りに関心がないように見える奏斗の意外な一面に、ありすは思わず興味を持つ。

そしてだめだと思いながらも、奏斗のあとをついていくことにした。

奏斗が辿り着いたのは、とある一軒家だった。

それを影から見ているありす。

すると、玄関から「待ってた!」と現れたのは綺麗な顔をした同い年くらいの男の子だった。

その男の子は隠れているありすにも気付いていて、ありすのほうを見てニコリと微笑む。

驚いたありすはその場を走って逃げ出した。

奏斗のイケナイ場面を見てしまったのではないかと考えるありす。

それから勉強しても何をしても、あの光景が頭から離れなくなってしまう。

ある日、学校からの帰り道、奏斗と男の子のことを考えながら歩いていたありすは、無意識に奏斗が訪れていた家にやってきてしまう。

慌てて引き返そうとするが、二階からあの男の子が見ていて「家に入ってお茶でもしよう」と誘われる。

奏斗に影から見ていたことを知られたくないありすは、しぶしぶ言うことを聞いて家にお邪魔することになった。

家に入ると、男の子が待ち受けていて、「ようこそ不思議の国へ」と笑う。

お洒落なお店のような佇まいの家と、彼の綺麗な容姿にありすは思わず目を奪われるのだった。

#ティールブルーの羽色【第1話】『#ナイトブルー』感想・考察

真面目で容姿も整っているのに、あまり自分を好きになれない主人公『ありす』。

そんなありすが出会う不思議な2人の男の子との恋愛物語、とてもワクワクしますね!

奏斗のようなタイプの秀才、いますよね!

あの不思議な男の子がとっても自由で可愛くて、かなり気になります!

冷静で落ち着いた奏斗と、真面目一筋のありす、自由で甘えん坊の男の子の三角関係が始まりそうな予感がします。

勉強しか取り柄がないと生きてきたありすにどんな運命が待ち受けているのか、これからの展開が楽しみですね!

漫画で読むとより臨場感が味わえるので、ネタバレ文章を読んだら、その後はぜひ絵付きで読んでみてくださいね。

LINEマンガ
公式ページへ

※3話以降は23時間ごとに
1話ずつ読めます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です