漫画無料・最安値情報

転生王女は最凶魔法使いの腕の中を無料で読めるか主要12サイト&アプリを調査!

今回は、『転生王女は最凶魔法使いの腕の中』を全巻無料で読める電子書籍サイトがあるか、チェックしてみました。

ここあ
ここあ
とりあえず作品を読んでみたい方は、以下からどうぞ!

\1巻無料配信中/

『転生王女は最凶魔法使いの腕の中』は無料で読める?

2022年3月現在、『転生王女は最凶魔法使いの腕の中』の取り扱いがあるサービスを調べてみました。

電子書籍サービス 『転生王女は最凶魔法使いの腕の中』の取り扱い
コミックシーモア ○(3巻まで配信)
まんが王国 ×
ebookjapan ×
BookLive! ×
DMMブックス △(4月21日配信予定)
Renta! ×
Kindle △(4月21日配信予定)
楽天Kobo △(4月21日配信予定)
honto △(4月21日配信予定)
Reader Store ×
BOOK☆WAKER △(4月21日配信予定)
U-NEXT ×

2022年3月現在、『転生王女は最凶魔法使いの腕の中』は、コミックシーモアで配信されています。

そもそも、コミックシーモアの先行配信作品ですからね。

各巻試し読みOKです。

\シーモアで1巻無料配信中/

Kindle、楽天koboで予約したい方は、以下からどうぞ!

→Kindleで『転生王女は最凶魔法使いの腕の中』を予約(4月21日発売予定)!

→楽天koboで『転生王女は最凶魔法使いの腕の中』を予約(4月21日発売予定)!

漫画アプリもチェックしてみましたが、どのアプリにも取り扱いはありませんでした。

今後、他のサービスで配信がスタートしても、シーモアのほうが最新刊まで早く読めます。

料金はどのストアでも同じになるので、『転生王女は最凶魔法使いの腕の中』を楽しむなら、コミックシーモアがおすすめです。

コミックシーモアを利用して、『転生王女は最凶魔法使いの腕の中』を今すぐ読む方法を紹介しますね。

『転生王女は最凶魔法使いの腕の中』を、今すぐ読む方法!

一番おすすめなコミックシーモアを利用して、『転生王女は最凶魔法使いの腕の中』を今すぐに読む方法を紹介します。

コミックシーモアには、大きく分けて2つの利用方法があります。

  • 月額コース
  • ポイントプラス

なお、コミックシーモアの初回登録には、以下の2大特典がついてきます。

  • 特典1:50%OFFクーポン(1回限り1冊のみ)
  • 特典2:登録金額と同じポイントがもらえる(月額コースのみ)

特典1(50%OFFクーポン)は、月額コースもポイントプラスも、どちらでも使えます。

特典2は、月額コースを利用を1ヶ月以上継続した場合に、翌々月にコースと同額のポイントがもらえるサービスです。

少し待つ必要があるので、「今すぐ」は使えません。

月額コースとポイントプラス、それぞれの特徴を解説しますね。

月額コース

毎月定額課金をする代わりに、ボーナスポイントがたっぷりもらえるのが、月額コースの強みです。

月額コースの料金表は以下(赤文字がボーナスポイント)です。

コース名 月額(税込) 付与ポイント
(クレジットカード払い)
シーモア300 330円 300pt
シーモア500 550円 500pt
(+50pt)
シーモア1000 1100円 1000pt
(+150pt)
シーモア2000 2200円 2000pt
(+450pt)
シーモア3000 3300円 3000pt
(+690pt)
シーモア5000 5500円 5000pt
(+1200pt)
シーモア10000 11000円 10000pt
(+2500pt)
シーモア20000 22000円 20000pt
(+6000pt)

『シーモア500』以上のコースであれば、ボーナスポイントがついてお得になります。

しかも、上述した初回特典もつくので、後からコースと同額のポイントがもらえます!

『転生王女は最凶魔法使いの腕の中』以外にも読みたい作品がある場合に、月額コースを検討するといいでしょう。

月額コースを選ぶ場合、ボーナスポイントをたくさんもらうのが基本的な目的になります。

初回特典ボーナスも、毎月のボーナスも、たっぷりですからね。

リーズナブルなコースを選ぶと、月額コースを選ぶ意味が弱くなっちゃうってことです。

やや高めのコースを選んだほうが、そのメリットを充分に活用できるんですね。

『転生王女は最凶魔法使いの腕の中』のように、含みを持たせる謎が多く、たっぷりと伏線を引いている作品は、きっとこれからも登場します。

そういった場合に備えて、ある程度高めのコースを選び、初回特典のボーナスポイントをたっぷりもらっておくのもアリですね。

ちなみに、コミックシーモアのポイントは、購入した月からみて6ヶ月目の末日まで有効です。

この期間にどれだけ読めそうかを考えて、月額コース(初回ボーナスポイント付き)を選ぶといいですよ。

もう1つちなみに、月額コースを途中でやめても、今まで買った作品は読めますし、その時点で残ってるポイントも使用できます。

買った作品が読めなくなったり、ポイントが消失してしまうのは、コミックシーモア自体を退会したときです。

「月額コース解除」と「退会」は違います。

月額コースだけ解除して、退会せずに会員でいるだけなら、もちろん無料で利用できますよ。

ポイントプラス

いわゆる『都度課金』にあたるのが、ポイントプラスです。

欲しい分だけポイント購入し、得たポイントで作品を購入する、リスクの少ない方法です。

コミックシーモアの場合、わざわざポイントプラスを利用しなくても、『カート』に入れてクレジットカードで直接購入できます。

なので、ポイントプラスを利用することは、実はあまりないんですね。

クレジットカード利用の場合は、カートに入れて購入、つまり1ステップでOKです。

いっぽうポイントプラスの場合は、ポイントプラスを購入し、そのポイントで作品購入、つまり2ステップかかります。

もちろん、作品の料金は同じです。

なので、たとえば『転生王女は最凶魔法使いの腕の中』の2巻を読んでみたいだけなら、カートに入れて直接購入したほうが手っ取り早いわけです。

みるく
みるく
それなら、ポイントプラスを用意しておく意味なくない?
ここあ
ここあ
2000コース以上ならボーナスがつくから、まとめ買いとか、高額なビジネス書を単発で欲しいときに使えるよ。

ちなみに、カートに入れて直接購入する場合でも、1冊のみ初回50%OFFは利用OKです。

『転生王女は最凶魔法使いの腕の中』は1巻当たり150ptなので、初回50%OFFクーポンを利用すれば、75ptで楽しめるんですね。

初回50%OFFクーポンは1ヶ月の猶予があります。

『転生王女は最凶魔法使いの腕の中』に利用してもいいのですが、別の作品のためにとっておくのも1つの手です。

1ヶ月の猶予の間に、もう少し高めの作品を読みたいのでしたら、とっておくといいでしょう。

そうじゃない場合は、『転生王女は最凶魔法使いの腕の中』に使うといいですよ。

月額コースとポイントプラス、まとめると以下みたいな感じですね。

  • ボーナスポイント狙いで月額コースを利用する。
    (作品が楽しめることに期待して、ちょっと高めのコースを利用する。その分、他の作品まで多めに楽しめる。)
  • リスクを避けて、カートorポイントプラスを利用する。
    (ボーナスポイントは諦める。その代わり、堅実でリーズナブルな利用が叶う。)

自分の状況や性格(笑)に合わせて、どちらかを選びましょう!

みるく
みるく
漫画が好きで、他の作品まで読みたいなら、ボーナスポイント多めの月額コースがいいかもね!
ここあ
ここあ
ピンポイントで『転生王女は最凶魔法使いの腕の中』を読むなら、カートから直接が良さそうだね!

\シーモアで1巻無料配信中/

違法サイト・海賊版サイトに注意!

コミックシーモアは、テレビCMでもおなじみの安心・安全なサイトです。

いっぽう、閉鎖された漫画村や漫画BANKのように、著作権を侵害する違法サイトも未だに存在します。

そういった違法サイト・海賊版サイトの利用は、絶対に控えましょう。

理由は大きく分けて2つ。

  • ウイルス感染リスク
  • 違法サイトは読者も罰金対象に!
みるく
みるく
ウイルスにやられたら、端末の修理だけでも大変そう!
ここあ
ここあ
しかも個人情報を抜き取られるリスクもあるから、絶対NGね!

第1話:ネタバレ

前世の記憶

「頼むから… 目を覚ましてくれ…」

優しくて、少し切なさを含んだ男性の声。

その直後、唇に温かくて柔らかいものが一瞬触れた。

重たい瞼を開けると、目鼻立ちの整った男性が心配そうな顔で覗き込んでいる。

「意識が戻った!! 大丈夫か?…

気分はどうだ? 体は?」

男性は、眠っていた少女の両肩を掴むと矢継ぎ早に質問する。

(えっ?! どうなってるの?!

この人、誰?!)

状況が飲み込めず混乱する中、少女は、自分が裸である事に気づく。

掛けられていたシーツを急いで体に巻き付けると、その場から逃げるように走り去った。

(どうして、私は、ここに…?

たしか、昨日は…)

記憶が蘇る…

食事の準備をしていた青桐藍子(あおぎり あいこ)は、思わずその手を止めた。

「えっ…?! じゃあ、結婚の話は?」

平然と仕事を辞めてきたと語る彼氏に、ふつふつと怒りが込み上げる。

平凡なアラサー社畜の藍子が付き合う男は、なぜかみんなヒモ化していく。

彼氏に気持ちをぶつけるが、手元のスマホに集中するばかりで、全く反応がない。

感情が爆発した藍子は、泣きながら部屋を飛び出した。

そして、階段を踏み外し、転落。

藍子としての記憶は、ここで途切れてしまっていた…

謎の男

(私の夢は叶わなかったのね…

大好きな人と結婚して、幸せな家庭を築きたかった…)

未練を若干残しながら、薄暗い通路をヨロヨロと歩く。

ふと顔をあげると大きな窓があり、そこに可憐な少女が映っていた。

(うわぁ… なんてかわいい女の子なの…

…って、えっ!? これ、私!?)

驚きのあまり、窓から距離をとるように、ふらふらと後ずさる。

『ズルッ!』

背後に階段があると気づかず、足を踏み外した少女は…

「危ない! タリア!!」

先程の男性の力強い声と共に、少女の体がフワリと宙に浮く。

やがて、その体は、彼の両腕の中へと収まった。

「はぁ… 今度は、間に合って良かった…」

その男性は、力いっぱい少女を抱きしめた。

その表情からは、心から心配しているという切実な思いが伝わってくる。

「ねぇ、あなたは誰なの…?」

「俺の名は、サジ。あなたの夫です」

照れながら答える彼の頬は、少しだけ赤みがかっていた。

魔法

「ここは、俺の家。

あなたの名前はタリアです」

服を着て、ある一室に連れて来られたタリアは、椅子に座りサジの話を聞く。

(そう… 今の私は、藍子ではなくタリアというのね…)

サジは、彼女の正面に屈み視線を合わせると、そっとその頬に触れた。

「少し動かないで下さい。診察します。

まだ、意識の混乱があるかもしれません。

あなたの心臓は、あの時すでに止まっていたのですから…」

サジの顔に見惚れていたタリアは、衝撃的な言葉で我に返る。

「えっ?! それって、どういう…?」

「あなたは、1度死んだのです。

それを、私が、魔法で生き返らせた…」

稲妻の閃光が、険しい表情のサジを一瞬照らす。

(ま、魔法…?!

夢とは言え、なんてファンタジー!!)

その時、周囲に置かれていた物がガタガタと動き、何かがぶつかり合う音が聞こえた。

怯えるタリアを、サジが警戒しながら抱き寄せる。

得体の知れない影が、不気味な笑い声と共に、2人を狙って攻撃を仕掛けた。

サジがタリアを庇うようにして、それをかわす。

「大丈夫か?

あれは、この森に昔から住む死霊。

私が、あなたを生き返らせた事が気に食わないのでしょう…」

そして、宙を飛び交う死霊達を睨みつけ、大きな声で叱り付ける。

「立場をわきまえろ!

この森を支配しているのが、誰か忘れたのか!

今すぐ消え去れ!」

サジが指でパチンと音を鳴らすと、一瞬にして彼らの姿は消え、静けさが戻った。

「すでに死んでいるにも関わらず、なんと卑しい奴らだ」

サジは、忌ま忌ましそうに顔をしかめ、吐き捨てる。

「まだ生きたいと思いながら死んでいったのかも知れないわ…

だから、そんな言い方はしないで…!

…あっ! 私、なんて事を!

助けてもらったのに…」

「いいえ…

やっぱり、あなたは優しい…」

サジはタリアの手を握り、自分の頬に寄せると、少し困ったように微笑んだ。

プロポーズ

「あなたが、無事に目覚めて良かった…

記憶を失っていたとしてもかまわない…!

この先… 俺は必ずあなたを守ると誓います!」

サジは、タリアの前にひざまずき、彼女の左手をとる。

そして、真剣な眼差しで彼女を見つめた。

「俺の妻になっていただけますか?」

ずっと憧れていたプロポーズの言葉に、つい気持ちが舞い上がってしまう。

タリアは、雰囲気に流され、首を縦に動かした。

サジの顔が、パァッと明るくなり、タリアを両腕で抱きしめる。

(私の人生、ロクなものじゃなかった。

きっと、死ぬ前だからこんな夢を見ているのね…)

2人は、軽く触れるだけの優しいキスを交わした。

しかし、その行為はサジの欲望を刺激し…

彼女を引き寄せ、再び唇を重ねる。

それは、徐々に深いものへと変わっていき、お互いの舌が絡み合う。

「あの… タリアに無理はさせられないと分かってはいるんだが…」

目線を逸らせたサジが、口元を抑え遠慮がちに告げる。

彼の気持ちを察したタリアは、自らその先を求めた…

初夜

寝室のベッドに横たわるタリアとサジ。

サジは、愛おしむような表情で彼女を見つめ、あちこちにキスを落とす。

「綺麗だ…」

そして、タリアの上に覆いかぶさると、寝衣の胸元をくつろげた。

あらわになった形の良い胸を両手で包み、先端に触れる。

彼女の体がびくつき、その愛らしい口からは嬌声が漏れた。

やがて、サジの手は太ももの付け根へと移動していく。

そこは、すっかり潤っており、彼の指をすんなりと受け入れる。

「タリア… ずっとこの日を夢見ていました。

長い間、待っていたのです…」

熱のこもった瞳でタリアを見つめる。

サジの想いの強さがタリアにも伝わり、彼女の心が少し痛んだ。

(私… 本当のタリアじゃないけれど…

でも、今だけだから…!)

サジの硬くなった下半身が、タリアの秘部に触れ、そのまま一気に貫く。

彼は、激しい抽送を繰り返し、喘ぐ彼女にたくさんの愛を囁いた。

(夫からこんなに愛される夢を見るなんて…

これなら、このまま死ぬのも悪くないわ…)

翌朝…

目を覚ましたタリアは、驚きと羞恥で、思わず顔を覆った。

背後には、タリアを抱きしめたまま眠っているサジの顔が…

(えっ?! まさか夢じゃない…?!

私、本当のタリアじゃないのに~!!

ど、どうしたらいいのー!!)

第1話:感想・考察

溺愛系のストーリーだと思うのですが、ファンタジー要素が強く、いい意味で展開が予想できません。

過去に2人の間で何があったのだろう?という疑問でいっぱいです。

サジも長い間待っていたと言ってましたし…

興味を抱かせるとても面白い作品だと思います。

初夜のシーンでのサジの甘々な雰囲気も良かったです。

漫画のタイトルが、『最強』ではなく『最凶』になっているのもポイントですね。

転生王女は最凶魔法使いの腕の中を無料で読めるか主要12サイト&アプリを調査!:まとめ

今回は、コミックシーモアを利用して、『転生王女は最凶魔法使いの腕の中』を読む方法を紹介しました。

コミックシーモアなら、ボーナスやキャンペーンも豊富だし、試し読みもたっぷり楽しめます。

『転生王女は最凶魔法使いの腕の中』はシーモアの先行配信作品なので、続編もいち早く読むことができますよ。

まずは気軽に試し読みしてみて、続きを読むかどうかを判断してくださいね!

\シーモアで1巻無料配信中/

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。