漫画無料・最安値情報

寺野くんと熊崎くんの無料試し読み!今すぐ読める先行配信サービスはここ!

今回は、『寺野くんと熊崎くん』を無料で読める電子書籍サービスがあるか、チェックしてみました。

ここあ
ここあ
とりあえず無料で試し読みしたい方は、こちらからどうぞ!

『寺野くんと熊崎くん』は無料で読める?

2021年11月現在、『寺野くんと熊崎くん』の取り扱いがあるサービスを調べてみました。

電子書籍サービス 『寺野くんと熊崎くん』の取り扱い
コミックシーモア ○(1巻試し読み増量中)
まんが王国 ×
ebookjapan ×
BookLive! ×
DMMブックス ×
Renta!
Kindle ×
楽天Kobo ×
honto ×
Reader Store ×
BOOK☆WAKER ×
U-NEXT ×

2021年11月現在、『寺野くんと熊崎くん』は、コミックシーモアとRenta!で配信されています(電子書籍です)。

コミックシーモアは、試し読み増量中なので、Renta!よりおすすめです

ここあ
ここあ
※試し読み増量は期間限定だから、現在の状況は以下からチェックしてみてね!

漫画アプリもチェックしてみましたが、どのアプリにも取り扱いはありませんでした。

今後、他のサービスで配信がスタートしても、シーモアのほうが最新刊まで早く読めます。

料金はどのストアでも同じになるので、『寺野くんと熊崎くん』を楽しむなら、コミックシーモアがおすすめです。

コミックシーモアを利用して、『寺野くんと熊崎くん』を今すぐ読む方法を紹介しますね。

『寺野くんと熊崎くん』を、今すぐ読む方法!

一番おすすめなコミックシーモアを利用して、『寺野くんと熊崎くん』を今すぐに読む方法を紹介します。

コミックシーモアには、大きく分けて2つの利用方法があります。

  • 月額コース
  • ポイントプラス

なお、コミックシーモアの初回登録には、以下の2大特典がついてきます。

  • 特典1:50%OFFクーポン(1回限り1冊のみ)
  • 特典2:登録金額と同じポイントがもらえる(月額コースのみ)

特典1(50%OFFクーポン)は、月額コースもポイントプラスも、どちらでも使えます。

特典2は、月額コースを利用を1ヶ月以上継続した場合に、翌々月にコースと同額のポイントがもらえるサービスです。

少し待つ必要があるので、「今すぐ」は使えません。

月額コースとポイントプラス、それぞれの特徴を解説しますね。

月額コース

毎月定額課金をする代わりに、ボーナスポイントがたっぷりもらえるのが、月額コースの強みです。

月額コースの料金表は以下です。

コース名 月額(税込) 付与ポイント
(クレジットカード払い)
シーモア300 330円 300Pt
シーモア500 550円 500Pt
(+50Pt)
シーモア1000 1100円 1000Pt
(+150Pt)
シーモア2000 2200円 2000Pt
(+450Pt)
シーモア3000 3300円 3000Pt
(+690Pt)
シーモア5000 5500円 5000Pt
(+1200Pt)
シーモア10000 11000円 10000Pt
(+2500Pt)
シーモア20000 22000円 20000Pt
(+6000Pt)

『シーモア500』以上のコースであれば、ボーナスポイントがついてお得になります。

しかも、上述した初回特典もつくので、後からコースと同額のポイントがもらえます!

『寺野くんと熊崎くん』以外にも読みたい作品がある場合に、月額コースを検討するといいでしょう。

月額コースを選ぶ場合、ボーナスポイントをたくさんもらうのが基本的な目的になります。

初回特典ボーナスも、毎月のボーナスも、たっぷりですからね。

リーズナブルなコースを選ぶと、月額コースを選ぶ意味が弱くなっちゃうってことです。

やや高めのコースを選んだほうが、そのメリットを充分に活用できるんですね。

『寺野くんと熊崎くん』のように、初々しい高校生同士のボーイズラブを描いた作品は、続々と登場します。

そういった場合に備えて、ある程度高めのコースを選び、初回特典のボーナスポイントをたっぷりもらっておくのもアリですね。

ちなみに、コミックシーモアのポイントは、購入した月からみて6ヶ月目の末日まで有効です。

この期間にどれだけ読めそうかを考えて、月額コース(初回ボーナスポイント付き)を選ぶといいですよ。

もう1つちなみに、月額コースを途中でやめても、今まで買った作品は読めますし、その時点で残ってるポイントも使用できます。

買った作品が読めなくなったり、ポイントが消失してしまうのは、コミックシーモア自体を退会したときです。

「月額コース解除」と「退会」は違います。

月額コースだけ解除して、退会せずに会員でいるだけなら、もちろん無料で利用できますよ。

ポイントプラス

いわゆる『都度課金』にあたるのが、ポイントプラスです。

欲しい分だけポイント購入し、得たポイントで作品を購入する、リスクの少ない方法です。

コミックシーモアの場合、わざわざポイントプラスを利用しなくても、『カート』に入れてクレジットカードで直接購入できます。

なので、ポイントプラスを利用することは、実はあまりないんですね。

クレジットカード利用の場合は、カートに入れて購入、つまり1ステップでOKです。

いっぽうポイントプラスの場合は、ポイントプラスを購入し、そのポイントで作品購入、つまり2ステップかかります。

もちろん、作品の料金は同じです。

なので、たとえば『寺野くんと熊崎くん』の2巻を読んでみたいだけなら、カートに入れて直接購入したほうが手っ取り早いわけです。

みるく
みるく
それなら、ポイントプラスを用意しておく意味なくない?
ここあ
ここあ
2000コース以上ならボーナスがつくから、まとめ買いとか、高額なビジネス書を単発で欲しいときに使えるよ。

ちなみに、カートに入れて直接購入する場合でも、1冊のみ初回50%OFFは利用OKです。

『寺野くんと熊崎くん』は1巻当たりは720Ptなので、初回50%OFFクーポンを利用すれば、360Ptで楽しめるんですね。

初回50%OFFクーポンは1ヶ月の猶予があります。

『寺野くんと熊崎くん』に利用してもいいのですが、別の作品のためにとっておくのも1つの手です。

1ヶ月の猶予の間に、もう少し高めの作品を読みたいのでしたら、とっておくといいでしょう。

そうじゃない場合は、『寺野くんと熊崎くん』に使うといいですよ。

月額コースとポイントプラス、まとめると以下みたいな感じですね。

  • ボーナスポイント狙いで月額コースを利用する。
    (作品が楽しめることに期待して、ちょっと高めのコースを利用する。その分、他の作品まで多めに楽しめる。)
  • リスクを避けて、カートorポイントプラスを利用する。
    (ボーナスポイントは諦める。その代わり、堅実でリーズナブルな利用が叶う。)

自分の状況や性格(笑)に合わせて、どちらかを選びましょう!

みるく
みるく
漫画が好きで、他の作品まで読みたいなら、ボーナスポイント多めの月額コースがいいかもね!
ここあ
ここあ
ピンポイントで『寺野くんと熊崎くん』を読むなら、カートから直接が良さそうだね!

第1話:ネタバレ

逢瀬の時間

4月…

今日から新学期が始まり、高校3年生の教室では、帰りのホームルームが行われている。

生徒会長の寺野(てらの)は、机の下でスマホをいじり、今届いたメールを確認した。

先程『生徒会室に来て』というメッセージを送っておいた。

それに対する返事が画面に表示される。

『分かった』という文字に、思わず顔が緩む。

やっと、先生の話が終わると、寺野は1人、誰もいない生徒会室へ向かった。

今から、最近出来た恋人と会う約束をしている。

しばらく待っていると、1人の男子生徒が入って来た。

同じ学校の同級生、熊崎(くまざき)は、鋭い目つきで寺野を見る。

外見は、不良っぽくて恐そうだが、中身はかわいい寺野の恋人。

「熊崎くん、別々のクラスになっちゃったね…

寂しい? 僕は寂しいと思ってるんだけど…」

隣に座った彼の手をギュッと握り、尋ねる。

熊崎は、少しモジモジしながら、恥ずかしそうに目を伏せた。

「うん… 俺も… 少しは……

てか、こんなとこに呼び出して何なん… んっ…!」

頬を赤く染めた熊崎の表情に、寺野は我慢が出来ず、衝動的に唇を重ねた。

照れる熊崎の顎に手を添え、至近距離で見つめる。

「君の顔が見たかったから…

こういうの、まだ緊張する?」

「仕方ないだろ…! 慣れてないし…」

「あははっ! そうだね。

じゃあ、もっとしなきゃね…」

真っ赤になった熊崎の頬を手で包むと、今度は、舌を絡ませ深く口づけた。

舌と舌が擦り合わされる度に、熊崎から熱のこもった息が漏れる。

寺野は、頬に添えていた手で、彼の耳に触れ、指でその中をくすぐった。

うっとりとした顔で、体をひくつかせる熊崎に、寺野は、興奮を抑える事が出来ない。

「この先も… していい?」

寺野は、熊崎の手を掴むと、ぐいっと引っ張り、自分の下半身に押し当てる。

そこは、すっかり大きくなり、硬さを増していた。

「えっ?! 今、ここで? どっちが…?」

「決まってるでしょ! 僕が、挿れるんだよ」

驚く熊崎を抱きしめ、そのお尻に手を這わせる。

「熊崎くんのココに… 僕のコレを挿れて…

2人で気持ち良~くなろう…」

「…!! そ、そんなのムリだ!!」

熊崎は、ガバッと寺野から離れ、そのまま生徒会室を出て行く。

後には、呆然とした表情の寺野がぽつんと残されていた…

もっと欲しい…

(もっと、ゆっくり進めるべきだったのに…)

その後、家に帰った寺野は、熊崎に謝罪のメールを送った。

思っていたより、あっさりとした返信内容に胸を撫で下ろす。

「それにしても… かわいかった…」

ベッドに倒れ込み、生徒会室での、熊崎のなまめかしい表情や、甘い声を思い返す。

そのうち、下半身に熱がこもり始め、寺野は、下着を下ろし、それを握った。

(もっと、蕩けさせて、気持ちいい事をいっぱいしたら…

彼は、どんな言葉で、どんな風に、僕に縋ってくるんだろう…)

熊崎との行為を想像し、扱く右手に力が入る。

荒い呼吸が一層乱れ、寺野は、一気に絶頂へと上りつめた。

(一方的に、僕だけが欲しいと思っていたら、どうしよう…)

独占欲

生徒会のミーティングを終え、メンバーは、それぞれ生徒会室を出て行く。

探し物があって、最後まで残っていた副会長の錦(にしき)に寺野が声をかけた。

「そうだ、錦! 新しいクラスはどんな感じ?」

「う~ん… 特に…

あっ! そういえば、今日、熊崎が遅刻してたわ!

見た目に反して、真面目に来てたのにな」

「へ~、そうなんだ」

寺野は、平静を装うが、内心は穏やかでいられなかった。

(他の男の口から熊崎の名前が出るだけで、こんなに心が乱されるなんて…)

「寺野って、去年、一緒のクラスだったんだろ?」

「うん、最初は、僕も扱いが大変だったけど、もう大丈夫だと思うよ。

それに、もし、熊崎くんの事で問題が起きたら、僕に相談してよ。

錦に頼られると、俺は嬉しいんだ!」

寺野は、キリッとした、爽やかな笑顔を錦に向ける。

(…熊崎くんの事は、僕1人に任せてくれたらいいんだよ)

誰もいない家で

それから1週間後…

夜、寺野は、自室の机に勉強道具を広げ、その前で物思いにふけっていた。

「あ~! 熊崎くんが足りない…!」

(あんな事になったから、こっちからアクション起こしにくいし…

クラスも別で接点が無い!

僕って、こんなに女々しい男だったのか…?)

そこに、熊崎からのメールが届く。

『明日、学校終わってから、俺ん家来れる?』

予想外の内容に一瞬舞い上がるが、すぐに気を引き締める。

(きっと、家族も家に居るだろし、深い意味は無い…

…大丈夫! 理性を働かせて、彼のペースに合わせるんだ!

キスぐらいは、したいけど…)

翌日の放課後…

熊崎は、自分の部屋に入るなり、寺野を睨みつけて言った。

「待たせたな」

「ん? …何の事?」

「今日は、家に誰もいないんだ…

それから… この前よりは、慣れたと思うんだ…」

熊崎は、何やらソワソワと落ち着かない様子で、俯いている。

「熊崎くん、何の話?」

「…ケ、ケツだよ!

あの時は、出来なかったけど、今は… 指ぐらい、いけると思う…」

驚きの発言に、寺野の両手から力が抜け、持っていた鞄がドサッと落ちる。

テーブルを挟んで熊崎の前に座ると、真面目な顔で、彼に視線を向けた。

「それって、どういう意味?」

「だって、初めてなのに、ケツに入れられたら、痛いだろ?!

俺、痛かったら暴れちまうし…

そうなったら… お前が萎えると思ったんだ…」

耳まで真っ赤にして、熊崎は、一生懸命事情を説明した。

寺野の理性は、一瞬にして爆発し、跡形もなく消え去る。

「…熊崎くん、こっち来て…!」

寺野は、ベッドに熊崎を押し倒すと、彼の両手を頭の上で固定した。

そして、熱のこもった目で、熊崎を見下ろし、唇を重ねる。

「もう、逃がさない…!」

第1話:感想・考察

恐そうな見た目に反して、とにかく熊崎くんがかわいいです。

最初は、寺野くんが一方的に好きで、熊崎くんは、何となく付き合ったのかなと

思ってました。

でも、読み進めていくと… 熊崎くんもだいぶ寺野くんを好きでしたね。

…彼のために自分でお尻を慣らすほど!!

こんな事されたら、理性も崩壊すると思いました。

全て初めての熊崎くんが、寺野くんに開発されていく様子が楽しめます。

2人がイチャイチャしている時の、表情をぜひ、漫画でご覧ください!

寺野くんと熊崎くんの無料試し読み!今すぐ読める先行配信サービスはここ!:まとめ

今回は、コミックシーモアを利用して、『寺野くんと熊崎くん』を読む方法を紹介しました。

コミックシーモアなら、ボーナスやキャンペーンも豊富だし、試し読みもたっぷり楽しめます。

『寺野くんと熊崎くん』はシーモアの先行配信作品なので、続編もいち早く読むことができますよ。

まずは気軽に試し読みしてみて、続きを読むかどうかを判断するといいでしょう!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA