漫画無料・最安値情報

年下チーフに迫られています。を無料で読めるか主要12サイト&アプリを調査!

今回は、『年下チーフに迫られています。』を全巻無料で読める電子書籍サイトがあるか、チェックしてみました。

ここあ
ここあ
とりあえず作品を読んでみたい方は、以下からどうぞ!

\1巻無料配信中/

『年下チーフに迫られています。』は無料で読める?

2022年4月現在、『年下チーフに迫られています。』の取り扱いがあるサービスを調べてみました。

電子書籍サービス 『年下チーフに迫られています。』の取り扱い
コミックシーモア ○(1巻丸ごと試し読みOK:3巻まで配信)
まんが王国 ×
ebookjapan ×
BookLive! ×
DMMブックス ×
Renta! ×
Kindle ×
楽天Kobo ×
honto ×
Reader Store ×
BOOK☆WAKER ×
U-NEXT ×

2022年4月現在、『年下チーフに迫られています。』は、コミックシーモアで配信されています。

そもそも、コミックシーモアの先行配信作品ですからね。

1巻は丸ごと無料で試し読みOK!

2巻以降を読みたい場合に料金がかかります。(2巻以降も、数ページほど試し読みOKです。)

ここあ
ここあ
1巻丸ごと無料は期間限定だから、現在の状況は以下からチェックしてみてね!

\シーモアで1巻無料配信中/

漫画アプリもチェックしてみましたが、どのアプリにも取り扱いはありませんでした。

今後、他のサービスで配信がスタートしても、シーモアのほうが最新刊まで早く読めます。

料金はどのストアでも同じになるので、『年下チーフに迫られています。』を楽しむなら、コミックシーモアがおすすめです。

コミックシーモアを利用して、『年下チーフに迫られています。』を今すぐ読む方法を紹介しますね。

『年下チーフに迫られています。』を、今すぐ読む方法!

一番おすすめなコミックシーモアを利用して、『年下チーフに迫られています。』を今すぐに読む方法を紹介します。

コミックシーモアには、大きく分けて2つの利用方法があります。

  • 月額コース
  • ポイントプラス

なお、コミックシーモアの初回登録には、以下の3大特典がついてきます。

  • 特典1:70%OFFクーポン(1回限り1冊のみ)
  • 特典2:3日間連続購入で、最大600ptプレゼント
  • 特典3:登録金額と同じポイントがもらえる(月額コースのみ)

特典1(70%OFFクーポン)は、月額コースもポイントプラスも、どちらでも使えます。

特典2を上手に使うには、登録した日にまとめ買いせず、3日間に分けて作品を購入するといいでしょう(安い作品でも1回購入ごとに200ptずつもらえます)。

特典3は、登録した月額コースと同じポイントが、翌々月に加算されるサービスです。

月額コースとポイントプラス、それぞれの特徴を解説しますね。

月額コース

毎月定額課金をする代わりに、ボーナスポイントがたっぷりもらえるのが、月額コースの強みです。

月額コースの料金表は以下(赤文字がボーナスポイント)です。

コース名 月額(税込) 付与ポイント
(クレジットカード払い)
シーモア300 330円 300pt
シーモア500 550円 500pt
(+50pt)
シーモア1000 1100円 1000pt
(+150pt)
シーモア2000 2200円 2000pt
(+450pt)
シーモア3000 3300円 3000pt
(+690pt)
シーモア5000 5500円 5000pt
(+1200pt)
シーモア10000 11000円 10000pt
(+2500pt)
シーモア20000 22000円 20000pt
(+6000pt)

『シーモア500』以上のコースであれば、ボーナスポイントがついてお得になります。

しかも、上述した初回特典もつくので、後からコースと同額のポイントがもらえます!

『年下チーフに迫られています。』以外にも読みたい作品がある場合に、月額コースを検討するといいでしょう。

月額コースを選ぶ場合、ボーナスポイントをたくさんもらうのが基本的な目的になります。

初回特典ボーナスも、毎月のボーナスも、たっぷりですからね。

リーズナブルなコースを選ぶと、月額コースを選ぶ意味が弱くなっちゃうってことです。

やや高めのコースを選んだほうが、そのメリットを充分に活用できるんですね。

『年下チーフに迫られています。』のように、年齢は下だけど立場は上、しかも貪欲なヒロインを描いたは、きっとこれからも登場します。

そういった場合に備えて、ある程度高めのコースを選び、初回特典のボーナスポイントをたっぷりもらっておくのもアリですね。

ちなみに、コミックシーモアのポイントは、購入した月からみて6ヶ月目の末日まで有効です。

この期間にどれだけ読めそうかを考えて、月額コース(初回ボーナスポイント付き)を選ぶといいですよ。

もう1つちなみに、月額コースを途中でやめても、今まで買った作品は読めますし、その時点で残ってるポイントも使用できます。

買った作品が読めなくなったり、ポイントが消失してしまうのは、コミックシーモア自体を退会したときです。

「月額コース解除」と「退会」は違います。

月額コースだけ解除して、退会せずに会員でいるだけなら、もちろん無料で利用できますよ。

ポイントプラス

いわゆる『都度課金』にあたるのが、ポイントプラスです。

欲しい分だけポイント購入し、得たポイントで作品を購入する、リスクの少ない方法です。

コミックシーモアの場合、わざわざポイントプラスを利用しなくても、『カート』に入れてクレジットカードで直接購入できます。

なので、ポイントプラスを利用することは、実はあまりないんですね。

クレジットカード利用の場合は、カートに入れて購入、つまり1ステップでOKです。

いっぽうポイントプラスの場合は、ポイントプラスを購入し、そのポイントで作品購入、つまり2ステップかかります。

もちろん、作品の料金は同じです。

なので、たとえば『年下チーフに迫られています。』の2巻を読んでみたいだけなら、カートに入れて直接購入したほうが手っ取り早いわけです。

みるく
みるく
それなら、ポイントプラスを用意しておく意味なくない?
ここあ
ここあ
2000コース以上ならボーナスがつくから、まとめ買いとか、高額なビジネス書を単発で欲しいときに使えるよ。

ちなみに、カートに入れて直接購入する場合でも、1冊のみ初回50%OFFは利用OKです。

『年下チーフに迫られています。』は1巻当たり180ptなので、初回70%OFFクーポンを利用すれば、54ptで楽しめるんですね。

初回70%OFFクーポンは1ヶ月の猶予があります。

『年下チーフに迫られています。』に利用してもいいのですが、別の作品のためにとっておくのも1つの手です。

1ヶ月の猶予の間に、もう少し高めの作品を読みたいのでしたら、とっておくといいでしょう。

そうじゃない場合は、『年下チーフに迫られています。』に使うといいですよ。

月額コースとポイントプラス、まとめると以下みたいな感じですね。

  • ボーナスポイント狙いで月額コースを利用する。
    (作品が楽しめることに期待して、ちょっと高めのコースを利用する。その分、他の作品まで多めに楽しめる。)
  • リスクを避けて、カートorポイントプラスを利用する。
    (ボーナスポイントは諦める。その代わり、堅実でリーズナブルな利用が叶う。)

自分の状況や性格(笑)に合わせて、どちらかを選びましょう!

みるく
みるく
漫画が好きで、他の作品まで読みたいなら、ボーナスポイント多めの月額コースがいいかもね!
ここあ
ここあ
ピンポイントで『年下チーフに迫られています。』を読むなら、カートから直接が良さそうだね!

\シーモアで1巻無料配信中/

違法サイト・海賊版サイトに注意!

コミックシーモアは、テレビCMでもおなじみの安心・安全なサイトです。

いっぽう、閉鎖された漫画村や漫画BANKのように、著作権を侵害する違法サイトも未だに存在します。

そういった違法サイト・海賊版サイトの利用は、絶対に控えましょう。

理由は大きく分けて2つ。

  • ウイルス感染リスク
  • 違法サイトは読者も罰金対象に!
みるく
みるく
ウイルスにやられたら、端末の修理だけでも大変そう!
ここあ
ここあ
しかも個人情報を抜き取られるリスクもあるから、絶対NGね!

第1話:ネタバレ

初出勤日

ここ数年で業績を一気に伸ばした会社、流通C&Tのエントランス。

入社初日、スーツに身を包んだ谷口雄也(たにぐち ゆうや 26歳)は、気を引き締めた。

教育係の新田あかね(にった あかね)と挨拶を交わす。

「緊張しなくても大丈夫よ。

特に、うちの部署は、ゆるいから」

雄也は、隣で話すあかねをチラリと見た。

タイトなミニスカートと、胸元が大きく開いた白いカッターシャツ。

そこから見えている大きな胸を、つい凝視してしまう…

「どうしたの? 何を見て…?」

視線に気づいたあかねが、いぶかしげに尋ねる。

雄也は、咄嗟にネックレスを褒め、その場を何とか誤魔化した。

自作のネックレスを褒められたあかねは、表情が柔らかくなり、嬉しそう…

(よし! アドリブで、俺の好感度もアップした…

やっぱり、俺って… できる男だ!)

雄也は、貧しい家庭で育ち、荒れた生活を送っていた。

しかし、途中で人生の成功には知識が不可欠と気づく。

それからは勉強に打ち込み、晴れて名門の大学に入学した。

家庭教師や肉体労働、サービス業など、様々な仕事も経験。

休学した時期もあったが、大学を優秀な成績で卒業し、今に至っている。

(ふっ… これまでの経験があるからこそ、今の俺が存在しているんだ…!)

自信に満ち溢れた雄也は、配属された部署に着くと、大きな声で自己紹介をした。

その後、雄也が自分のデスクを整理していると、美しい女性が部署に入って来た。

「チーフよ。すごく若いでしょ!」

あかねの言葉に雄也のテンションも上がる。

早速、チーフの元へ行き、自己紹介の挨拶と共に、頭を深々と下げた。

ところが、チーフは驚いたような顔で雄也を見ている。

「えっ?! なんで雄也君がいるの?」

その反応を見て、周りの同僚達が一斉にざわつき始めた。

異様な雰囲気を感じ取ったチーフは、慌てて人違いだと否定する。

そして、雄也だけに聞こえる声で、こそっと言った。

「仕事が終わったら、私のところに来て下さい。

事務室にいますから…」

誰もいないオフィスで

定時後の真っ暗な事務室…

「雄也君… ずっと会いたいって思ってた…」

壁際で棒立ちの雄也に、チーフが抱き着く。

「でも、本当にびっくりしました… 知っててここに?」

「まぁ… お、俺もびっくりです…

(知らない女に切なそうな顔で抱き着かれたら、誰だってびっくりするだろ?!

…あなたは、誰? やっぱり、聞いた方が…!?)」

雄也は、冷や汗をかきながら、作り笑いを浮かべる。

覚悟を決め、正直に聞こうと口を開いた瞬間…

「ずっと、また会える日を待ってたんです…」

チーフが、突然、自分で胸元のボタンを外し、下着をずらした。

大きくて形の良い胸が、視界に飛び込んできて、雄也はギョッと目を剥く。

上目遣いに迫られ、思いとは裏腹に下半身が反応する。

「俺もです…

(あぁ~!! 俺のバカ! 話を合わせてどうするんだ!)」

チーフは、雄也の正面にしゃがみ込み、ズボンのチャックに手をかける。

そして、中から、硬く反り返ったモノを取り出し、舌を使って舐め上げた。

理性が吹っ飛んだ雄也は、与えられる快感に恍惚とした表情を浮かべる。

やがて彼女は、根本まで咥えると、いやらしい音を立てながら頭を前後に動かし始めた。

(気持ちいい! とりあえず、最後まで…!

終わってから、言えばいいさ…

チーフから迫られたという証拠もあるから、後々問題にされても大丈夫…)

雄也は、音声を録音しているスマホをチラリと見た。

「ねぇ、雄也君。私が人違いをしていると思ってます?」

チーフは、その後、雄也の生い立ちを事細かに羅列していく。

履歴書に書いていない内容まで挙げられ、雄也の顔から血の気が引いた。

雄也の顔色を見たチーフの手に、ギュッと力が入る。

「まさか、私の事、覚えてないんですか?」

「うぅ~! 痛い! そんなきつく握ったら、ちぎれる!」

チーフは、雄也を押し倒し、下着を脱ぐと自ら、彼の上に跨がった。

大きな胸を晒し、お互いの敏感な部分を擦り合わせる。

「忘れてるわけないですよね?

どうなんですか? 雄也君!!」

(ダメだ… 全く覚えがない!

本当の事を言った方がいいのか…?!)

雄也は、覚悟を決め、口を開いた。

「すみません。記憶にありません。

人違いではないでしょうか…」

「そ、そうですか…

もういいです。 …この事は口外しないように」

彼女のあっさりとした態度に戸惑いながらも、雄也は、急いで事務室を後にした。

急変した態度

事務室での出来事から、2週間が経った。

あの日を境に、チーフの雄也への態度が、あからさまにキツく、棘のあるものへと変わる。

些細な事にもケチをつけ、当たり散らす…

その度に、雄也は頭を下げて謝るという日が続いた。

(あぁ~ 最悪だ…)

給湯室のソファに座り、雄也は深いため息をついた。

そこへ、あかねがやって来て、ため息の原因を尋ねる。

「分かってるくせに…」

「まぁ… チーフ、完璧主義だから…

でも、あなたには、確かに厳しいわね…

そうだ! 今晩、飲みに行きましょう? 奢ってあげる!」

酔い潰れた先輩と

「新田先輩! こんなところで寝ないで下さい!

タクシー呼ぶので、住所教えてもらえますか?」

居酒屋を出た後、酔い潰れ、ベンチで眠るあかねの体を、雄也が揺さぶり起こす。

「ねぇ… もう遅い時間だし、ちょっと休みましょう…?」

あかねが、そう言って指を差したのは… ラブホテル。

雄也は、促されるまま、あかねを連れてホテルの一室へと入った。

ショーツだけを身につけたあかねを、仰向けに寝かせ、その胸に吸い付く。

右手は、彼女の太ももを撫で、ショーツの中へ。

すっかり濡れた割れ目は、いとも簡単に雄也の指を受け入れた。

2ヵ所を同時に攻められ、あかねは、あっという間に絶頂を迎える。

「じゃあ… 次は私の番ね…」

うっとりとした表情で、体を起こし、雄也の下半身に手を伸ばす。

彼女は、大きくなったモノを掴むと、舌を使って器用に愛撫し始めた。

やがて、我慢できなくなったのか、あかねが挿入をねだる。

言われるがまま、彼女の割れ目に自身をねじ込もうとした瞬間…

雄也の頭にチーフの顔が浮かんだ。

それと同時にあかねのスマホに着信が入る。

「電話してる間も続けてね!」

(ははっ… こういうプレイが好きなのか…?)

雄也は、苦笑いを浮かべ、行為を続けた。

「もしもし、アナタ。どうしたの?

今、同僚とお酒飲んでるとこよ」

(ええっ?! 先輩って、人妻?!)

第1話『謎の美女』:感想・考察

雄也とチーフの関係は?という疑問が、常に付きまといます。

読み手を引き付ける、とても、面白いストーリーでした。

全くチーフの事が記憶にない雄也と、雄也の事を以前から想っている(たぶん)チーフ…

この2人の温度差が、もどかしく、そして可笑しくもありました。

登場する女性達は、かなり積極的な肉食系で、雄也の翻弄されている姿が印象的です。

フルカラーで、色気たっぷりの絵も魅力的でした。

年下チーフに迫られています。を無料で読めるか主要12サイト&アプリを調査!:まとめ

今回は、コミックシーモアを利用して、『年下チーフに迫られています。』を読む方法を紹介しました。

コミックシーモアなら、ボーナスやキャンペーンも豊富だし、試し読みもたっぷり楽しめます。

『年下チーフに迫られています。』はシーモアの先行配信作品なので、続編もいち早く読むことができますよ。

まずは気軽に試し読みしてみて、続きを読むかどうかを判断してくださいね!

\シーモアで1巻無料配信中/

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。