漫画無料・最安値情報

年下幼なじみが私のお尻を好きすぎるを無料で読めるか主要12サイト&アプリを調査!

今回は、『年下幼なじみが私のお尻を好きすぎる~16年間溺愛されてたみたいです~』を全巻無料で読める電子書籍サイトがあるか、チェックしてみました。

ここあ
ここあ
とりあえず作品を読んでみたい方は、以下からどうぞ!

\1巻無料配信中/

『年下幼なじみが私のお尻を好きすぎる』は無料で読める?

2022年5月現在、『年下幼なじみが私のお尻を好きすぎる~16年間溺愛されてたみたいです~』の取り扱いがあるサービスを調べてみました。

電子書籍サービス 『年下幼なじみが私のお尻を好きすぎる』の取り扱い
コミックシーモア ○(1巻丸ごと試し読みOK:3巻まで配信)
まんが王国 ×
ebookjapan ×
BookLive! ×
DMMブックス ×
Renta! ×
Kindle ×
楽天Kobo ×
honto ×
Reader Store ×
BOOK☆WAKER ×
U-NEXT ×

2022年5月現在、『年下幼なじみが私のお尻を好きすぎる』は、コミックシーモアで配信されています。

そもそも、コミックシーモアの先行配信作品ですからね。

1巻は丸ごと無料で試し読みOK!

2巻以降を読みたい場合に料金がかかります。(2巻以降も、数ページほど試し読みOKです。)

ここあ
ここあ
1巻丸ごと無料は期間限定だから、現在の状況は以下からチェックしてみてね!

\シーモアで1巻無料配信中/

漫画アプリもチェックしてみましたが、どのアプリにも取り扱いはありませんでした。

今後、他のサービスで配信がスタートしても、シーモアのほうが最新刊まで早く読めます。

料金はどのストアでも同じになるので、『年下幼なじみが私のお尻を好きすぎる』を楽しむなら、コミックシーモアがおすすめです。

コミックシーモアを利用して、『年下幼なじみが私のお尻を好きすぎる』を今すぐ読む方法を紹介しますね。

『年下幼なじみが私のお尻を好きすぎる』を、今すぐ読む方法!

一番おすすめなコミックシーモアを利用して、『年下幼なじみが私のお尻を好きすぎる』を今すぐに読む方法を紹介します。

コミックシーモアには、大きく分けて2つの利用方法があります。

  • 月額コース
  • ポイントプラス

なお、コミックシーモアの初回登録には、以下の3大特典がついてきます。

  • 特典1:70%OFFクーポン(1回限り1冊のみ)
  • 特典2:3日間連続購入で、最大600ptプレゼント
  • 特典3:登録金額と同じポイントがもらえる(月額コースのみ)

特典1(70%OFFクーポン)は、月額コースもポイントプラスも、どちらでも使えます。

特典2を上手に使うには、登録した日にまとめ買いせず、3日間に分けて作品を購入するといいでしょう。

特典3は、登録した月額コースと同じポイントが、翌々月に加算されるサービスです。

月額コースとポイントプラス、それぞれの特徴を解説しますね。

月額コース

毎月定額課金をする代わりに、ボーナスポイントがたっぷりもらえるのが、月額コースの強みです。

月額コースの料金表は以下(赤文字がボーナスポイント)です。

コース名 月額(税込) 付与ポイント
(クレジットカード払い)
シーモア300 330円 300pt
シーモア500 550円 500pt
(+50pt)
シーモア1000 1100円 1000pt
(+150pt)
シーモア2000 2200円 2000pt
(+450pt)
シーモア3000 3300円 3000pt
(+690pt)
シーモア5000 5500円 5000pt
(+1200pt)
シーモア10000 11000円 10000pt
(+2500pt)
シーモア20000 22000円 20000pt
(+6000pt)

『シーモア500』以上のコースであれば、ボーナスポイントがついてお得になります。

しかも、上述した初回特典もつくので、後からコースと同額のポイントがもらえます!

『年下幼なじみが私のお尻を好きすぎる』以外にも読みたい作品がある場合に、月額コースを検討するといいでしょう。

月額コースを選ぶ場合、ボーナスポイントをたくさんもらうのが基本的な目的になります。

初回特典ボーナスも、毎月のボーナスも、たっぷりですからね。

リーズナブルなコースを選ぶと、月額コースを選ぶ意味が弱くなっちゃうってことです。

やや高めのコースを選んだほうが、そのメリットを充分に活用できるんですね。

『年下幼なじみが私のお尻を好きすぎる』のように、幼い頃からヒロインのヒップを狙っていた変態ヒーロー作品(笑)は、きっとこれからも登場します。

そういった場合に備えて、ある程度高めのコースを選び、初回特典のボーナスポイントをたっぷりもらっておくのもアリですね。

ちなみに、コミックシーモアのポイントは、購入した月からみて6ヶ月目の末日まで有効です。

この期間にどれだけ読めそうかを考えて、月額コース(初回ボーナスポイント付き)を選ぶといいですよ。

もう1つちなみに、月額コースを途中でやめても、今まで買った作品は読めますし、その時点で残ってるポイントも使用できます。

買った作品が読めなくなったり、ポイントが消失してしまうのは、コミックシーモア自体を退会したときです。

「月額コース解除」と「退会」は違います。

月額コースだけ解除して、退会せずに会員でいるだけなら、もちろん無料で利用できますよ。

ポイントプラス

いわゆる『都度課金』にあたるのが、ポイントプラスです。

欲しい分だけポイント購入し、得たポイントで作品を購入する、リスクの少ない方法です。

コミックシーモアの場合、わざわざポイントプラスを利用しなくても、『カート』に入れてクレジットカードで直接購入できます。

なので、ポイントプラスを利用することは、実はあまりないんですね。

クレジットカード利用の場合は、カートに入れて購入、つまり1ステップでOKです。

いっぽうポイントプラスの場合は、ポイントプラスを購入し、そのポイントで作品購入、つまり2ステップかかります。

もちろん、作品の料金は同じです。

なので、たとえば『年下幼なじみが私のお尻を好きすぎる』の2巻を読んでみたいだけなら、カートに入れて直接購入したほうが手っ取り早いわけです。

みるく
みるく
それなら、ポイントプラスを用意しておく意味なくない?
ここあ
ここあ
2000コース以上ならボーナスがつくから、まとめ買いとか、高額なビジネス書を単発で欲しいときに使えるよ。

ちなみに、カートに入れて直接購入する場合でも、1冊のみ初回70%OFFは利用OKです。

『年下幼なじみが私のお尻を好きすぎる』は1巻当たり150ptなので、初回70%OFFクーポンを利用すれば、45ptで楽しめるんですね。

初回70%OFFクーポンは1ヶ月の猶予があります。

『年下幼なじみが私のお尻を好きすぎる』に利用してもいいのですが、別の作品のためにとっておくのも1つの手です。

1ヶ月の猶予の間に、もう少し高めの作品を読みたいのでしたら、とっておくといいでしょう。

そうじゃない場合は、『年下幼なじみが私のお尻を好きすぎる』に使うといいですよ。

月額コースとポイントプラス、まとめると以下みたいな感じですね。

  • ボーナスポイント狙いで月額コースを利用する。
    (作品が楽しめることに期待して、ちょっと高めのコースを利用する。その分、他の作品まで多めに楽しめる。)
  • リスクを避けて、カートorポイントプラスを利用する。
    (ボーナスポイントは諦める。その代わり、堅実でリーズナブルな利用が叶う。)

自分の状況や性格(笑)に合わせて、どちらかを選びましょう!

みるく
みるく
漫画が好きで、他の作品まで読みたいなら、ボーナスポイント多めの月額コースがいいかもね!
ここあ
ここあ
ピンポイントで『年下幼なじみが私のお尻を好きすぎる』を読むなら、カートから直接が良さそうだね!

\シーモアで1巻無料配信中/

違法サイト・海賊版サイトに注意!

コミックシーモアは、テレビCMでもおなじみの安心・安全なサイトです。

いっぽう、閉鎖された漫画村や漫画BANKのように、著作権を侵害する違法サイトも未だに存在します。

そういった違法サイト・海賊版サイトの利用は、絶対に控えましょう。

理由は大きく分けて2つ。

  • ウイルス感染リスク
  • 違法サイトは読者も罰金対象に!
みるく
みるく
ウイルスにやられたら、端末の修理だけでも大変そう!
ここあ
ここあ
しかも個人情報を抜き取られるリスクもあるから、絶対NGね!

第1話:ネタバレ

再会

薄暗い部屋に響くのは、1組の男女の息遣いとリップ音。

男性の上に女性が跨がって座り、お互いの舌を絡ませている。

抱き合うように伸ばされた彼の手は、彼女のお尻を執拗に揉んでいた。

「ねぇ、もっと、いっぱいしたいんだけど… いい?」

彼に囁かれ、素直に頷いたものの、彼女はまだ混乱していた。

(…どうして、こんな事に…?)

遡る事、数時間前…

笠原ゆず(かさはら ゆず)は、彼氏にフラれたばかりの友達と飲みに来ていた。

元彼に対する怒りが収まらない友達の話に相づちを打ち、慰める。

それから1時間が経ち…

べろべろに酔った友達は、2件目に行こうとゆずを強引に誘った。

「今日は、もう帰ろう! 次、また飲もうよ!。

タクシー捕まえるね」

ゆずが、友人をなだめていると…

1人の男性が近づいてきて、自分が乗ろうとしていたタクシーを2人に譲った。

「どうぞ、乗って下さい。

俺、急いでいませんし…」

ゆずは、その好意に甘え、ふらつく友達をタクシーに乗せる。

「ゆず~ 1人で帰れるの~?

気をつけて帰りなよ~!」

上機嫌で手を振る友達を見送った直後、タクシーを譲ってくれた男性がゆずに声をかけた。

「…ゆずって… あの… 笠原ゆずさんですか?」

驚いて振り返ったゆずを、その男性が両腕でぎゅっと抱き締める。

「会えてうれしいよ、ゆずちゃん。

…俺の事、忘れちゃった?

小さい頃、ゆずちゃんの近くに住んでた藤宮要介(ふじみや ようすけ)だよ!」

「…えっー! あの要介君…?!

大きくなってるから、分からなかったよ!」

久しぶりの再会を喜び合った2人は、その後、近くのバーへと入った。

年下の男の子

「こんなところでゆずちゃんに再会できるなんて!」

要介が、嬉しそうに笑っている。

6歳下の要介は、ゆずにとって可愛い弟のような存在だった。

ゆずが大学に入学してからは1度も会っておらず、約10年ぶり。

大きく、そして、かっこよく成長した彼の顔を、ゆずは、まじまじと見た。

「小さい時から、可愛い顔だとは思ってたけど、イケメンになったね~!

それに比べて私は… 30前なのに独りだし…

仕方ないんだけどね… コンプレックスもあるし、もう仕事一筋って感じかなぁ…」

「ふ~ん… 今、恋人いないんだ…

てことは、俺にもチャンスあるよね?

ゆずちゃん、俺が告白した事、覚えてる?」

「もちろん! 要介君が、確か… 小学1年生だったよね!

私みたいなオバサンじゃなくて、歳も近くて、きれいな女の子がいるんじゃないのー?」

「…昔みたいに、またそうやって、はぐらかす…」

ボソッと呟いた最後の言葉は、ゆずの耳には届いていない。

やがて、要介は、酔いが回った彼女をマンションまで送り届けた。

「ありがとう。こんなところまで来てもらって…

私が、酔っちゃったから、要介君、全然飲めてないよね?

ごめんね、次、お詫びさせて~!」

玄関先で、フラフラになりながら、ゆずが謝る。

「ホントに? 俺、いつかゆずちゃんの家で飲みたいんだけど、ダメ?」

「もちろん、いいよ~!

じゃあ、このまま家で飲もうよ!」

戸惑う要介を家の中に招き入れ、ゆずは、早速、グラスにお酒を注ぐ。

それから、数十分後…

ゆずは、要介の肩に寄り掛かり、気持ち良さそうに寝息をたて、眠りに就いていた。

子供扱い

「はぁ… 俺って、全く意識されてないのか…」

お酒を片手に要介は、うなだれる。

その時、ゆずが突然目を覚まし、おもむろに服を脱ぎ始めた。

驚いた要介が止めようとするが…

暑さのせいか、あっという間に下着姿になり、再び目を閉じる。

「ゆずちゃん、そんな格好で寝てたら、襲われるよ」

「要介君は、安全だよ…」

「俺は、まだ子供扱いなの?」

要介の瞳が鋭くなり、虚ろな表情のゆずを見つめる。

彼の手がゆずの胸元へ移動し、膨らみの先端を指先で引っ掻いた。

「小学1年生の子供でも、こんな姿を見せられたら抑えられないよ…」

要介の手の平が、ゆずの胸を包み、揉みしだく。

その度に、彼女の体が敏感に反応した。

「あの時の俺の告白は、本気だった…

幼すぎて、相手にしてもらえなかったけど。

だから、16年間、ゆずちゃんに相応しい男になるため努力してきたんだよ。

ねぇ、ゆずちゃん…

ゆずちゃんにとって、俺はまだ、年下の男の子のままなの?」

話してる間も、要介の愛撫は止まらず、ゆずの性感帯を攻める。

蕩けきった顔で嬌声をあげる彼女を引き寄せ、唇を重ねた。

酔った勢い

「ゆずちゃんの嫌がる事はしないから…

俺にもチャンスをくれないか…?」

濃厚なキスを交わし、要介はゆずのお尻に手を伸ばす。

すると、要介の胸に体を預けていた彼女が、突然体を起こした。

「お尻は、触らないで! 嫌なの!」

「…分かった、ゆずちゃんの嫌がる事はしない。

その代わり、どこを触ってほしいのか教えてくれる?」

要介は、下着をめくり、あらわになった胸を両手で揉む。

その先端を舌先で転がし吸い上げると、ゆずは、体を小刻みに痙攣させた。

「今のそんなに良かったの?

ゆずちゃん、こっちも触るね」

要介の手は、ゆずの下半身へと這っていき、下着の上から敏感な部分に触れる。

そこは、すっかり濡れており、擦る度に、いやらしい音をたてていた。

要介の下半身は大きく膨らみ、ズボンを押し上げている。

彼は、服越しに自分の硬くなったモノを擦りつけ彼女の秘部を刺激した。

「…かわいいね、ゆずちゃん。

次は、一緒にイこうか…?」

恍惚とした表情で、ゆずを見下ろす。

意識が朦朧とする中、ゆずは与えられる快楽に酔いしれた。

「(あぁ… ゆずちゃん、サイコーだ… 本物は、やっぱり違うね…)

もう、何があっても離さないよ… ゆずちゃん…」

本気

翌日…

ゆずは、ベッドの上で目を覚ました。

下半身に違和感を感じ視線を向けると、要介がお尻を嬉しそうに揉んでいる。

同時に、昨夜の生々しい記憶が蘇り、ゆずは顔面蒼白になった。

「ゆずちゃん、次は最後までシようね!

あ~ 10年長かったけど、会わずに辛抱して良かったよ~!」

「えっ? それってどういう意味?

昨日会ったのって、たまたまでしょ?」

「告白した時、言ったでしょ? 本気だって。

16年間、ずっとゆずちゃんの事が大好きだよ」

要介がゆずに抱きつき、キスをする。

「…ねぇ、要介君。

久しぶりに会ったのに、どうしてそんなに詳しいの…?」

第1話:感想・考察

16年間の愛が、重い…

小学1年生から、ずっと一途にゆずを想う気持ちは、すごいと思いました。

ただ、拗らせ過ぎたのか、ストーカーっぽくなってましたね…

要介の行動全てが、計算なのでは?と思えてきました。

ゆずを手に入れるために、次はどんな手段を使うのだろうと興味が引かれます。

ゆずも、要介の事を意識せずにはいられなくなったでしょうし、この後が楽しみです。

ゆずのお尻が大好きな要介と、お尻を触られるのが嫌なゆず。

2人の関係が面白いですし、絵も可愛くて読みやすいオススメの作品です。

年下幼なじみが私のお尻を好きすぎるを無料で読めるか主要12サイト&アプリを調査!:まとめ

今回は、コミックシーモアを利用して、『年下幼なじみが私のお尻を好きすぎる~16年間溺愛されてたみたいです~』を読む方法を紹介しました。

コミックシーモアなら、ボーナスやキャンペーンも豊富だし、試し読みもたっぷり楽しめます。

『年下幼なじみが私のお尻を好きすぎる』はシーモアの先行配信作品なので、続編もいち早く読むことができますよ。

まずは気軽に試し読みしてみて、続きを読むかどうかを判断してくださいね!

\シーモアで1巻無料配信中/

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。