漫画無料・最安値情報

椿くんの熱におぼれたいを無料で読めるか主要12サイト&アプリを調査!

今回は、『椿くんの熱におぼれたい』を全巻無料で読める電子書籍サイトがあるか、チェックしてみました。

ここあ
ここあ
とりあえず作品を読んでみたい方は、以下からどうぞ!

\1巻無料配信中/

『椿くんの熱におぼれたい』は無料で読める?

2022年4月現在、『椿くんの熱におぼれたい』の取り扱いがあるサービスを調べてみました。

電子書籍サービス 『椿くんの熱におぼれたい』の取り扱い
コミックシーモア ○(1巻丸ごと試し読みOK:3巻まで配信)
まんが王国 ×
ebookjapan ×
BookLive! △(5月15日配信予定)
DMMブックス △(5月15日配信予定)
Renta! ×
Kindle △(5月15日配信予定)
楽天Kobo △(5月15日配信予定)
honto ×
Reader Store △(5月15日配信予定)
BOOK☆WAKER △(5月15日配信予定)
U-NEXT ×

2022年4月現在、『椿くんの熱におぼれたい』は、コミックシーモアで配信されています。

そもそも、コミックシーモアの先行配信作品ですからね。

1巻は丸ごと無料で試し読みOK!

2巻以降を読みたい場合に料金がかかります。(2巻以降も、数ページほど試し読みOKです。)

ここあ
ここあ
1巻丸ごと無料は期間限定だから、現在の状況は以下からチェックしてみてね!

\シーモアで1巻無料配信中/

BookLive!、Kindle、楽天koboで予約したい方は、以下からどうぞ!

→BookLive!で『椿くんの熱におぼれたい』を予約(5月15日発売予定)!

※BookLive!では『椿くん』と検索してね。

→Kindleで『椿くんの熱におぼれたい』を予約(5月15日発売予定)!

→楽天koboで『椿くんの熱におぼれたい』を予約(5月15日発売予定)!

漫画アプリもチェックしてみましたが、どのアプリにも取り扱いはありませんでした。

今後、他のサービスで配信がスタートしても、シーモアのほうが最新刊まで早く読めます。

料金はどのストアでも同じになるので、『椿くんの熱におぼれたい』を楽しむなら、コミックシーモアがおすすめです。

コミックシーモアを利用して、『椿くんの熱におぼれたい』を今すぐ読む方法を紹介しますね。

『椿くんの熱におぼれたい』を、今すぐ読む方法!

一番おすすめなコミックシーモアを利用して、『椿くんの熱におぼれたい』を今すぐに読む方法を紹介します。

コミックシーモアには、大きく分けて2つの利用方法があります。

  • 月額コース
  • ポイントプラス

なお、コミックシーモアの初回登録には、以下の2大特典がついてきます。

  • 特典1:50%OFFクーポン(1回限り1冊のみ)
  • 特典2:登録金額と同じポイントがもらえる(月額コースのみ)

特典1(50%OFFクーポン)は、月額コースもポイントプラスも、どちらでも使えます。

特典2は、月額コースを利用を1ヶ月以上継続した場合に、翌々月にコースと同額のポイントがもらえるサービスです。

少し待つ必要があるので、「今すぐ」は使えません。

月額コースとポイントプラス、それぞれの特徴を解説しますね。

月額コース

毎月定額課金をする代わりに、ボーナスポイントがたっぷりもらえるのが、月額コースの強みです。

月額コースの料金表は以下(赤文字がボーナスポイント)です。

コース名 月額(税込) 付与ポイント
(クレジットカード払い)
シーモア300 330円 300pt
シーモア500 550円 500pt
(+50pt)
シーモア1000 1100円 1000pt
(+150pt)
シーモア2000 2200円 2000pt
(+450pt)
シーモア3000 3300円 3000pt
(+690pt)
シーモア5000 5500円 5000pt
(+1200pt)
シーモア10000 11000円 10000pt
(+2500pt)
シーモア20000 22000円 20000pt
(+6000pt)

『シーモア500』以上のコースであれば、ボーナスポイントがついてお得になります。

しかも、上述した初回特典もつくので、後からコースと同額のポイントがもらえます!

『椿くんの熱におぼれたい』以外にも読みたい作品がある場合に、月額コースを検討するといいでしょう。

月額コースを選ぶ場合、ボーナスポイントをたくさんもらうのが基本的な目的になります。

初回特典ボーナスも、毎月のボーナスも、たっぷりですからね。

リーズナブルなコースを選ぶと、月額コースを選ぶ意味が弱くなっちゃうってことです。

やや高めのコースを選んだほうが、そのメリットを充分に活用できるんですね。

『椿くんの熱におぼれたい』のように、グイグイとアプローチしてくる年下男子を描いた作品は、きっとこれからも登場します。

そういった場合に備えて、ある程度高めのコースを選び、初回特典のボーナスポイントをたっぷりもらっておくのもアリですね。

ちなみに、コミックシーモアのポイントは、購入した月からみて6ヶ月目の末日まで有効です。

この期間にどれだけ読めそうかを考えて、月額コース(初回ボーナスポイント付き)を選ぶといいですよ。

もう1つちなみに、月額コースを途中でやめても、今まで買った作品は読めますし、その時点で残ってるポイントも使用できます。

買った作品が読めなくなったり、ポイントが消失してしまうのは、コミックシーモア自体を退会したときです。

「月額コース解除」と「退会」は違います。

月額コースだけ解除して、退会せずに会員でいるだけなら、もちろん無料で利用できますよ。

ポイントプラス

いわゆる『都度課金』にあたるのが、ポイントプラスです。

欲しい分だけポイント購入し、得たポイントで作品を購入する、リスクの少ない方法です。

コミックシーモアの場合、わざわざポイントプラスを利用しなくても、『カート』に入れてクレジットカードで直接購入できます。

なので、ポイントプラスを利用することは、実はあまりないんですね。

クレジットカード利用の場合は、カートに入れて購入、つまり1ステップでOKです。

いっぽうポイントプラスの場合は、ポイントプラスを購入し、そのポイントで作品購入、つまり2ステップかかります。

もちろん、作品の料金は同じです。

なので、たとえば『椿くんの熱におぼれたい』の2巻を読んでみたいだけなら、カートに入れて直接購入したほうが手っ取り早いわけです。

みるく
みるく
それなら、ポイントプラスを用意しておく意味なくない?
ここあ
ここあ
2000コース以上ならボーナスがつくから、まとめ買いとか、高額なビジネス書を単発で欲しいときに使えるよ。

ちなみに、カートに入れて直接購入する場合でも、1冊のみ初回50%OFFは利用OKです。

『椿くんの熱におぼれたい』は1巻当たり150ptなので、初回50%OFFクーポンを利用すれば、75ptで楽しめるんですね。

初回50%OFFクーポンは1ヶ月の猶予があります。

『椿くんの熱におぼれたい』に利用してもいいのですが、別の作品のためにとっておくのも1つの手です。

1ヶ月の猶予の間に、もう少し高めの作品を読みたいのでしたら、とっておくといいでしょう。

そうじゃない場合は、『椿くんの熱におぼれたい』に使うといいですよ。

月額コースとポイントプラス、まとめると以下みたいな感じですね。

  • ボーナスポイント狙いで月額コースを利用する。
    (作品が楽しめることに期待して、ちょっと高めのコースを利用する。その分、他の作品まで多めに楽しめる。)
  • リスクを避けて、カートorポイントプラスを利用する。
    (ボーナスポイントは諦める。その代わり、堅実でリーズナブルな利用が叶う。)

自分の状況や性格(笑)に合わせて、どちらかを選びましょう!

みるく
みるく
漫画が好きで、他の作品まで読みたいなら、ボーナスポイント多めの月額コースがいいかもね!
ここあ
ここあ
ピンポイントで『椿くんの熱におぼれたい』を読むなら、カートから直接が良さそうだね!

\シーモアで1巻無料配信中/

違法サイト・海賊版サイトに注意!

コミックシーモアは、テレビCMでもおなじみの安心・安全なサイトです。

いっぽう、閉鎖された漫画村や漫画BANKのように、著作権を侵害する違法サイトも未だに存在します。

そういった違法サイト・海賊版サイトの利用は、絶対に控えましょう。

理由は大きく分けて2つ。

  • ウイルス感染リスク
  • 違法サイトは読者も罰金対象に!
みるく
みるく
ウイルスにやられたら、端末の修理だけでも大変そう!
ここあ
ここあ
しかも個人情報を抜き取られるリスクもあるから、絶対NGね!

第1話:ネタバレ

触れ合う肌と恋心

(もう、誰かを好きになんてならない…

そう思っていたのに…

…でも、椿くんとなら…)

晴山さくら(はるやま さくら 29歳)は、自分の置かれている状況に頬を赤く染めた。

覆いかぶさるように彼女を至近距離から見つめる彼の瞳は、熱を帯びている。

彼の手が優しくさくらに触れる度に、彼女の中で火花が弾けた。

「さくらさん… 俺、止まらなくなりそう…

どこまでなら、許してくれる…?

服、脱がせるよ…?」

さくらが頷くと、彼が器用に服のボタンを外していく。

そして、彼女の指先に優しくキスを落とした。

「さくらさん… 俺…」

愛おしむようなその視線を受け、さくらは、この恋に向き合おうと決意する。

(もう、過去に囚われるのはやめよう…

また、傷つき、大切なものを失ってしまったとしても。

彼が私の名前を呼ぶ度に… 彼の唇が私の指先に触れる度に…

私の中で、熱い火花が弾ける…)

バイトの椿くん

さくらが、椿佑季(つばき ゆうき)と出会ったのは、春の始め頃。

大学3年生になるという彼が、さくらの職場にバイトとしてやって来た。

整った顔立ちの椿に、女性社員達が早速興味を示し、騒ぎ立てる。

ところが、当の椿は、心底うんざりした表情でため息をついた。

「すいません。そういうの不快です。

容姿や恋愛に関しての話題は、やめてください!」

一瞬にして周囲は静まり返り、気まずい空気が流れる。

気を効かせた早見(はやみ)が、椿をなだめ、さくらの下で仕事をするよう指示を出した。

(この季節は苦手。

新しい出会いや予想外の出来事で、日常が大きく変化してしまうから…

まずは、この男の子が職場に溶け込めるようにしないと…)

お互い自己紹介をして、フロアの外へと移動する。

さくらは、早速、先程の女性社員達への態度についてアドバイスを伝えた。

椿は、素直にそれを聞き入れ、謝罪をするため彼女達の元へと向かう。

しばらくすると…

両手にたくさんのお菓子を抱えた彼が、上機嫌でさくらのところに戻ってきた。

「お詫びだと言って、もらったんです。

なんか餌付けされてしまいました!」

彼の笑顔がキラキラと眩しい。

その時、椿が突然距離を詰め、さくらの髪に触れた。

「あっ… 髪に何か…

さくらの花びら…?」

薄いピンクの花びらが1枚、彼の指先に乗っている。

さくらは、反射的に離れると、顔を真っ赤にして触れられた部分を押さえた。

「ご、ごめん… くすぐったかったから…」

咄嗟に言い訳をして、驚いたような表情を向ける彼を残し、その場を去った。

過去のキズ

大学まで女子校だったさくらは、男性が近づくと緊張して上手く対応ができないでいた。

そして、何年も前に言われた言葉が、彼女を未だに縛り続けている。

『そっちが気のある態度で誘ってきたんじゃないか?』

それは、深い傷となって長年さくらを苦しめていた。

過去の事だと割り切るためにも、変化のない毎日がいい…

仕事を定時で終え、ルームシェア中の親友ひまりと楽しく晩ご飯を食べる。

翌日は、またいつもの時間に家を出て、職場へと向かう。

翌日も、そのまた翌日も…

同じ事を繰り返し、規則正しい毎日を送る事で、さくらは、安心感を得ていた。

練習相手

「晴山さん、おはようございます!

最寄りの駅、同じだったんですね?!」

駅へ向かう途中のさくらを見つけ、椿が元気よく声をかける。

目的地が同じ2人は、当然、一緒の電車に乗る事に…

途中、電車が大きく揺れ、さくらは、バランスを崩してよろけてしまう。

それを、隣にいた椿が両腕で支えた。

予想外の接触に、さくらの顔が赤く染まる。

恥ずかしさで顔を上げる事もできず、ただおどおどするばかり…

「晴山さん… 俺の事、避けてます?

目もずっと逸らしてますよね…?」

椿からの圧を感じ、観念したさくらは、事情を椿に伝えた。

「ふ~ん… じゃあ、俺が練習相手になりましょうか?

歳の離れた弟の感覚で接してたら、緊張せずに慣れていくと思いますよ?」

会社に着き、エレベーターの中で、椿が意外な提案を持ちかけた。

思案するさくらの返事を待つ事なく、彼は、一方的に練習を始める。

「じゃあ、今から触ります。

驚かせたらいけないので、先に言っておきますね。

俺の方、見て下さい。さくらさん…」

初めて下の名前を呼ばれ、さくらは胸の奥がきゅーっと締め付けられる感覚を覚えた。

それからというもの、様々な練習が毎日続けられ、次第にその効果が表れ始めた。

椿が近くにいても、今までのような緊張感がない。

さくらは、これまでの毎日が変わっていくのをまじまじと感じていた。

変化する日常

5年前、前の職場で辛い経験をし退職したさくらは、早見に誘われ今の職に就いた。

残業はしない… 他の人を頼る…

早見から言われたこの言葉が、自暴自棄になっていた彼女を救う。

おかげで、立ち直ったさくらは、それ以降順調な日々を送っていた。

(このルーティンを乱したくない…)

椿が職場に来るようになって2週間。

2人は、今日も一緒に会社を出て帰路につく。

「椿くん、うちの会社どう?」

「好きです。社内の雰囲気がいいと思いますし。

さくらさんの働く姿もかっこいい… 好きですよ」

強い風が吹き、満開の桜の花びらがヒラヒラと舞う。

突然の『好き』に、さくらは思わず隣を歩く椿の顔を見上げた。

椿と別れ、家に帰った後も、先程の彼の言葉が頭の中から離れない。

(彼は、働きぶりが好きって言っただけ…

勘違いしたらダメ…!)

けれど、それとは裏腹に、さくらの顔は赤く火照っていた。

その後、ひまりとご飯を食べ、和やかな時間を楽しんでいると…

「…さくら、私、彼の転勤を機に結婚する事にしたの…

それで、1ヶ月後にここを出て行くんだけど…

さくら… どうする?」

お祝いムードが一転、ルームシェア解消の問題で、さくらの脳内はパニック状態になった。

気分を落ち着かせるため、1人、コンビニへと出かける。

「あれ…? さくらさんですか?」

すっぴん、眼鏡に加え、くたびれた部屋着姿のさくらを椿が呼び止める。

さくらは、恥ずかしさのあまり顔を両手で覆った。

「さくらさんも買い物ですか?」

(うわぁ…! 最悪だ…

さっき、かっこいいって言われたばかりなのに、こんな姿…

ホント、私ってダメだな…

ひまりちゃんの結婚だって、もっと喜びたいと思ってるのに、自分の都合ばかり…

あぁ… 最低だな…)

自己嫌悪で、涙が込み上げる。

さくらは、気付かれないよう、わざと明るい声で答えた。

「えーっと… そうなの。

食べる物を買いにね…」

そのまま、背を向けてレジへと足を進める。

「さくらさん… 今から俺の家に来てくれませんか?」

椿が、突然さくらの腕を掴んで引き止めた。

第1話:感想・考察

過去に、余程辛い経験をしたのでしょう…

それが原因で人間関係も恋も臆病になっている印象を受けました。

毎日、同じ事を繰り返している方が安心するという気持ちも分かります。

予想外の事が起き心がかき乱されると、ストレスや苦痛となるのかもしれません。

さくらは、とてもデリケートな女性ですね。

そして、10歳程年下の椿くんは、学生なのに表情や仕草に大人の色気が!

男性に免疫のある女性でも、流されるだろうなと感じました。

椿くんが容姿や恋愛についての話題を過剰に嫌がった事にも何か理由があるのでしょうか?

楽しめる要素がいっぱいのある素敵な作品だと思います。

椿くんの熱におぼれたいを無料で読めるか主要12サイト&アプリを調査!:まとめ

今回は、コミックシーモアを利用して、『椿くんの熱におぼれたい』を読む方法を紹介しました。

コミックシーモアなら、ボーナスやキャンペーンも豊富だし、試し読みもたっぷり楽しめます。

『椿くんの熱におぼれたい』はシーモアの先行配信作品なので、続編もいち早く読むことができますよ。

まずは気軽に試し読みしてみて、続きを読むかどうかを判断してくださいね!

\シーモアで1巻無料配信中/

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。