漫画ネタバレ

付き合ってあげてもいいかな【50話】ネタバレ感想!『消化試合』すれ違うみわと冴子の想い!

こんにちは、まんがMAP管理人のセシルです。

今回は、漫画アプリ「マンガワン」のオリジナル作品、「付き合ってあげてもいいかな」50話のネタバレ感想を紹介していきます。

「付き合ってあげてもいいかな」を読みたい方は、人気漫画アプリ「マンガワン」で毎日最大8話ずつ無料で読むことができますよ〜!

マンガワンの公式ページへ

※アプリのインストールが必要です

付き合ってあげてもいいかな【50話】ネタバレ

冴子の言葉

朝目覚めたみわ。

昨夜の冴子の言葉が、みわの脳裏に浮かぶ。

「好きだよ、大好きだった」と、冴子が言い残していた言葉だ。

みわの気持ちは止まらない

新入生歓迎のイベントを準備する最中、ちょっとした休憩の間にみんなでワイワイお菓子を食べて盛り上がる。

みんなを取り仕切ろうとする冴子を見て、みわは普通の日常に戻ったことを感じていた。

何もかもが元通りになれる気がしていた。

昨日の夜、「好きだよ、大好きだった」とさえ言われなければ。

みわは冴子を誘う

帰り道。

みわは冴子を、「今日も家に寄ってく?」と誘った。

「いいけど」と冴子はあっさり。「何すんの?」

「今まで通りだよ。ご飯食べたり、テレビみたり」

そんなこんなで、他の連中と別れて2人だけで帰ることになった。

冴子はもう、普通の友達に戻った気持ちらしく、新しくできたお菓子のお店の話題を始めていた。

そんな冴子に対し、そっと手を握ろうとするみわ。

でもすぐに、冴子のほうは手をさっと引っ込めた。

「そういうのは終わりだってば」と冴子。「友達に戻るって話したよね」

でもみわにしてみれば、「友達に戻る必要なんてあるの」という気持ちだった。

みわは少し哀愁を帯びた表情を見せて、

「だって冴子、私のこと好きって昨日の夜言ったよ」

まさか聞かれているとは思わない冴子は、ちょっと困り顔。

そして冴子は、なんとかごまかそうとしながら歩き出す。

「みわ、あたしのことなんて好きじゃないでしょ。なんであたしなの? 今まであたしなんか見ようともしてなかったのに」

みわは切迫した顔になって、「見ようとしてたよ」という。

マンションのエントランスに入っていた2人。

周りには誰もいない中、みわは続ける。

「冴子のことをもっと知りたかったのに、見せてくれなかったのは冴子のほうだよ」

困った冴子は、昨日で最後という話を持ち出した。

「またヤるの? 変態」という言葉も添えて。

でもみわはどうしても冴子への気持ちが抑えられず、壁ドンと同時にキス。

みわは舌を絡ませ、冴子の首に手をあてがってキスを続ける。

冴子は手でみわの肩を軽く叩くけど、みわは止まらない。

ようやく離れると、冴子は涙を流していた。

「ごめん」と呟くみわ。

でも冴子は「帰る」と言い残して去ってしまった。

その背中に、みわは話しかける。

「私たち、終わらなくてもよかったじゃん」

そのまま歩き去ろうとする冴子に、みわは追いかけながら続ける。

「知らなかった、冴子が私のこと好きだなんて」

道の途中で止まった冴子に、息を切らせたみわは言う。

「冴子は優しくしてくれたけど、絶対に踏み込ませてもらえなかった。こういった関係なのも、ノリなのかなって」

すると冴子は、自分の気持ちを話し出す。

最初のほうは軽いノリだったけど、と。

「いつから好きになったの?」とみわに聞かれ、

「わかんないよ」と冴子。「気づいたらいつのまにか。でも、そんなもんでしょ、好きになる時なんて」

「わかる」とみわ。

頑張ってムリヤリ好きになってもらうなんて違う、という冴子は、

「だから無理なの」と結論を出した。

みわはいきなり泣き出して、「わかりたくなかった〜〜」と喚き出した。

でも心の中では、始めて冴子のことが分かったような気もしていた。

冴子のことを、始めて愛おしいと思えた瞬間でもあった。

4月

新入生を集めるためのビラ配りを頼まれ、みわを誘って中庭に出る冴子。

なんかそわそわしているみわに、冴子は尋ねる。

「なんかそわそわしてない?」

するとみわは、「初デート、どうだった?」

固まってしまう、冴子。

付き合ってあげてもいいかな【50話】の感想

2人の微妙な気持ちのすれ違いから、別れたり、また元に戻ったり。

言葉をかわして気持ちを確認しようとするけど、それだけじゃ完全には分かり合えない。

そんな感じがにじみ出ている回でしたね。

友達に戻るのか、またお付き合いの関係になるのか、沸きらない関係はまだ続きそうです。

無料で「付き合ってあげてもいいかな」を読みたい方は、人気漫画アプリ「マンガワン」で毎日最大8話ずつ無料で読むことができますよ〜!

マンガワンの公式ページへ

※アプリのインストールが必要です

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です