漫画ネタバレ

月の燃えがら【1話】『家出JKと底辺ホスト』ネタバレ感想!キョウタ宅に泊まる千鶴!

こんにちは、まんがMAP管理人のセシルです。

今回は、漫画アプリ『マンガMee』で配信中の作品、『月の燃えがら』1話のネタバレ感想を紹介していきます。

3話までなら、マンガMeeのアプリで今すぐ無料で読めます!

マンガMee
公式ページへ

4話以降は23時間ごとに
1話ずつ読めます。

月の燃えがら【1話】『家出JKと底辺ホスト』のネタバレ

家出

16歳の少女『菅原千鶴』は人生で初めて家出中だ。

無我夢中で家を出てきた千鶴は、人ごみをかき分けて当てもなく走っている。

その途中で、勢いよく男性にぶつかってしまった。

慌てて謝る千鶴を見たその男性は、顔色が悪い彼女を心配して、自分が勤めるお店へと連れて行くことにした。

そのお店とは、ホストクラブ。

男性は『キョウタ』という名前だ。

言われるがままに席に通された千鶴は、あまりの急展開と、ホストクラブという初めて訪れる場所に、激しく動揺していた。

そんな千鶴の様子を見て、隣に座ったキョウタはにこやかに自己紹介してくれた。

千鶴はわけもわからず、キョウタのテーブルにシャンパンを注文してしまう。

周りのホストたちは、気前のいい千鶴を見てかなりの盛り上がりを見せる。

しかし、焦っている千鶴を見たキョウタは、その注文を取り消しにした。

そこで千鶴はようやく、自分が未成年であることを正直に告白した。

「まじで?」と戸惑うキョウタ。

千鶴はお詫びを伝え、お店を出ようとした。

キョウタは彼女を引き止めて「これからどうするの?」と尋ねた。

何も考えずに家を出てきた千鶴は、答えられずに黙り込む。

キョウタはそんな彼女に、「俺んち近いけど、来るか?」と提案した。

居候

千鶴はとくに疑うこともなく、キョウタについていくことにした。

しかし、家に着くなりキョウタは千鶴を抱こうとベッドへ押し倒す。

もちろん千鶴は、そんなつもりで来たわけではない。

キョウタに対して恐怖を覚え、はっきりと「やだ」と彼を拒んだ。

キョウタはそれ以上、千鶴に無理強いすることなく寝床へと向かった。

彼は小さく「全部燃えてくれたら楽なのに」と意味ありげに呟く。

その言葉に深く共感を覚える千鶴。

翌朝、キョウタの家を出て行く約束をした千鶴だったが、キョウタが出かけた後、あまりに汚い彼の部屋を見て片付けはじめた。

その作業は遅くまで続き、帰宅したキョウタは千鶴がまだいることに驚いた。

掃除を終えた千鶴は、今度こそ家を出ようとする。

しかし片付けしたことで制服は汚れてしまい、着替えもない状態だ。

結局千鶴は、もう1泊して帰ることになる。

キョウタの優しさ

キョウタは、千鶴に対して家出をした理由も何も聞こうとはしなかった。

キョウタ自身が、「人には誰だって、聞かれたくないことぐらいある」と思っているからだった。

その優しさに触れて、千鶴も思わず張り詰めていた心が緩みそうになった。

翌日、キョウタが出かけたあとに今度こそ家を出ようと決め、荷物をまとめる千鶴。

そのとき、部屋にインターホンが鳴り響いた。

キョウタ不在で勝手に出るわけにはいかない千鶴は、その訪問を無視するのだが、インターホンは鳴り止まない。

それどころかどんどん激しさを増していく。

慌てた千鶴は出ることにして、ドアを開けた。

そこにいたのは、満面の笑みを浮かべた見知らぬ男性だった。

月の燃えがら【1話】『家出JKと底辺ホスト』の感想

展開がかなり早くて、読みやすい作品でした!

女子高生の千鶴がとっても可愛くて、それだけでも読む価値あります!

ホストのキョウタは一見雑なのですが、人の痛みが分かる心優しい男性のようです。

千鶴に何も聞かず、ただ寝床を貸してあげるところもすごくほっこりしましたね。

千鶴は一体どんな事情で家出をしてのでしょう?

キョウタの背景もとても気になりますよね。

家出をした千鶴は、このあとどうなっていくのでしょうか?

ほのぼの系ラブコメディーに大注目です!

漫画で読むとより臨場感が味わえるので、ネタバレ文章を読んだら、その後はぜひ絵付きで読んでみてくださいね。

マンガMee
公式ページへ

※4話以降は23時間ごとに
1話ずつ読めます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です