漫画無料・最安値情報

売られた辺境伯令嬢は隣国の王太子に溺愛されるを無料で読めるか主要12サイト&アプリを調査!

今回は、『売られた辺境伯令嬢は隣国の王太子に溺愛される』を全巻無料で読める電子書籍サイトがあるか、チェックしてみました。

ここあ
ここあ
とりあえず作品を読んでみたい方は、以下からどうぞ!

\1巻無料(0pt)配信中/

『売られた辺境伯令嬢は隣国の王太子に溺愛される』は無料で読める?

2022年6月現在、『売られた辺境伯令嬢は隣国の王太子に溺愛される』の取り扱いがあるサービスを調べてみました。

電子書籍サービス 『売られた辺境伯令嬢は隣国の王太子に溺愛される』の取り扱い
コミックシーモア ○(1巻丸ごと試し読みOK:9巻まで配信)
まんが王国 ×
ebookjapan ×
BookLive! ×
DMMブックス ×
Renta! ×
Kindle ×
楽天Kobo ×
honto ×
Reader Store ×
BOOK☆WAKER ×
U-NEXT ×

2022年6月現在、『売られた辺境伯令嬢は隣国の王太子に溺愛される』は、コミックシーモアで配信されています。

そもそも、コミックシーモアの先行配信作品ですからね。

1巻は丸ごと無料で試し読みOK(会員になるだけで0ptで読めます)!

2巻以降を読みたい場合に料金がかかります。(2巻以降も、数ページほど試し読みOKです。)

ここあ
ここあ
とりあえず気軽に試し読みもOKなので、以下からチェックしてみてね!

\シーモアで1巻無料(0pt)配信中/

漫画アプリもチェックしてみましたが、どのアプリにも取り扱いはありませんでした。

今後、他のサービスで配信がスタートしても、シーモアのほうが最新刊まで早く読めます。

料金はどのストアでも同じになるので、『売られた辺境伯令嬢は隣国の王太子に溺愛される』を楽しむなら、コミックシーモアがおすすめです。

コミックシーモアを利用して、『売られた辺境伯令嬢は隣国の王太子に溺愛される』を今すぐ読む方法を紹介しますね。

『売られた辺境伯令嬢は隣国の王太子に溺愛される』を、今すぐ読む方法!

一番おすすめなコミックシーモアを利用して、『売られた辺境伯令嬢は隣国の王太子に溺愛される』を今すぐに読む方法を紹介します。

コミックシーモアには、大きく分けて2つの利用方法があります。

  • 月額コース
  • ポイントプラス

なお、コミックシーモアの初回登録には、以下の3大特典がついてきます。

  • 特典1:70%OFFクーポン(1回限り1冊のみ)
  • 特典2:3日間連続購入で、最大600ptプレゼント
  • 特典3:登録金額と同じポイントがもらえる(月額コースのみ)

特典1(70%OFFクーポン)は、月額コースもポイントプラスも、どちらでも使えます。

特典2を上手に使うには、登録した日にまとめ買いせず、3日間に分けて作品を購入するといいでしょう。

特典3は、登録した月額コースと同じポイントが、翌々月に加算されるサービスです。

月額コースとポイントプラス、それぞれの特徴を解説しますね。

月額コース

毎月定額課金をする代わりに、ボーナスポイントがたっぷりもらえるのが、月額コースの強みです。

月額コースの料金表は以下(赤文字がボーナスポイント)です。

コース名 月額(税込) 付与ポイント
(クレジットカード払い)
シーモア300 330円 300pt
シーモア500 550円 500pt
(+50pt)
シーモア1000 1100円 1000pt
(+150pt)
シーモア2000 2200円 2000pt
(+450pt)
シーモア3000 3300円 3000pt
(+690pt)
シーモア5000 5500円 5000pt
(+1200pt)
シーモア10000 11000円 10000pt
(+2500pt)
シーモア20000 22000円 20000pt
(+6000pt)

『シーモア500』以上のコースであれば、ボーナスポイントがついてお得になります。

しかも、上述した初回特典もつくので、後からコースと同額のポイントがもらえます!

『売られた辺境伯令嬢は隣国の王太子に溺愛される』以外にも読みたい作品がある場合に、月額コースを検討するといいでしょう。

月額コースを選ぶ場合、ボーナスポイントをたくさんもらうのが基本的な目的になります。

初回特典ボーナスも、毎月のボーナスも、たっぷりですからね。

リーズナブルなコースを選ぶと、月額コースを選ぶ意味が弱くなっちゃうってことです。

やや高めのコースを選んだほうが、そのメリットを充分に活用できるんですね。

『売られた辺境伯令嬢は隣国の王太子に溺愛される』のように、男勝りなヒロインがジェットコースターロマンスに興じる作品は、きっとこれからも登場します。

そういった場合に備えて、ある程度高めのコースを選び、初回特典のボーナスポイントをたっぷりもらっておくのもアリですね。

ちなみに、コミックシーモアのポイントは、購入した月からみて6ヶ月目の末日まで有効です。

この期間にどれだけ読めそうかを考えて、月額コース(初回ボーナスポイント付き)を選ぶといいですよ。

もう1つちなみに、月額コースを途中でやめても、今まで買った作品は読めますし、その時点で残ってるポイントも使用できます。

買った作品が読めなくなったり、ポイントが消失してしまうのは、コミックシーモア自体を退会したときです。

「月額コース解除」と「退会」は違います。

月額コースだけ解除して、退会せずに会員でいるだけなら、もちろん無料で利用できますよ。

ポイントプラス

いわゆる『都度課金』にあたるのが、ポイントプラスです。

欲しい分だけポイント購入し、得たポイントで作品を購入する、リスクの少ない方法です。

コミックシーモアの場合、わざわざポイントプラスを利用しなくても、『カート』に入れてクレジットカードで直接購入できます。

なので、ポイントプラスを利用することは、実はあまりないんですね。

クレジットカード利用の場合は、カートに入れて購入、つまり1ステップでOKです。

いっぽうポイントプラスの場合は、ポイントプラスを購入し、そのポイントで作品購入、つまり2ステップかかります。

もちろん、作品の料金は同じです。

なので、たとえば『売られた辺境伯令嬢は隣国の王太子に溺愛される』の2巻を読んでみたいだけなら、カートに入れて直接購入したほうが手っ取り早いわけです。

みるく
みるく
それなら、ポイントプラスを用意しておく意味なくない?
ここあ
ここあ
2000コース以上ならボーナスがつくから、まとめ買いとか、高額なビジネス書を単発で欲しいときに使えるよ。

ちなみに、カートに入れて直接購入する場合でも、1冊のみ初回70%OFFは利用OKです。

『売られた辺境伯令嬢は隣国の王太子に溺愛される』は1巻当たり90ptなので、初回70%OFFクーポンを利用すれば、27ptで楽しめるんですね。

初回70%OFFクーポンは1ヶ月の猶予があります。

『売られた辺境伯令嬢は隣国の王太子に溺愛される』に利用してもいいのですが、別の作品のためにとっておくのも1つの手です。

1ヶ月の猶予の間に、もう少し高めの作品を読みたいのでしたら、とっておくといいでしょう。

そうじゃない場合は、『売られた辺境伯令嬢は隣国の王太子に溺愛される』に使うといいですよ。

月額コースとポイントプラス、まとめると以下みたいな感じですね。

  • ボーナスポイント狙いで月額コースを利用する。
    (作品が楽しめることに期待して、ちょっと高めのコースを利用する。その分、他の作品まで多めに楽しめる。)
  • リスクを避けて、カートorポイントプラスを利用する。
    (ボーナスポイントは諦める。その代わり、堅実でリーズナブルな利用が叶う。)

自分の状況や性格(笑)に合わせて、どちらかを選びましょう!

みるく
みるく
漫画が好きで、他の作品まで読みたいなら、ボーナスポイント多めの月額コースがいいかもね!
ここあ
ここあ
ピンポイントで『売られた辺境伯令嬢は隣国の王太子に溺愛される』を読むなら、カートから直接が良さそうだね!

\シーモアで1巻無料(0pt)配信中/

違法サイト・海賊版サイトに注意!

コミックシーモアは、テレビCMでもおなじみの安心・安全なサイトです。

いっぽう、閉鎖された漫画村や漫画BANKのように、著作権を侵害する違法サイトも未だに存在します。

そういった違法サイト・海賊版サイトの利用は、絶対に控えましょう。

理由は大きく分けて2つ。

  • ウイルス感染リスク
  • 違法サイトは読者も罰金対象に!
みるく
みるく
ウイルスにやられたら、端末の修理だけでも大変そう!
ここあ
ここあ
しかも個人情報を抜き取られるリスクもあるから、絶対NGね!

第1話:ネタバレ

貴族社会のしがらみ

イザーク=フォン=ハルミッヒ辺境伯主催の舞踏会。

豪奢な内装の大広間で、着飾った貴族達がイザーク一家と話す機会をうかがっている。

目的は、イザーク辺境伯の娘達。

イザークは、1男3女の子宝に恵まれ、特に娘達は美しい事で有名だった。

彼らの周りには、自分達の息子と結婚させようと目論む貴族達が集まっている。

イザークの妻・イザベラが、笑顔であしらう後ろで、子供達も作り笑いを浮かべていた。

ただし、そこに次女・アンナ(16歳)の姿はない…

「あぁ! なんて美しいフォルム!

うっとりしますわ! 抜いてもよろしいかしら?!」

護衛騎士の剣に手をかけ、目をキラキラと輝かせている令嬢の声が響く。

それを耳にしたイザベラの顔が、一瞬にして鬼の形相へと変化した。

「アンナ!! 止めなさい!

少しぐらい大人しくしていられないのですか?!」

アンナの首根っこを掴み、護衛騎士から引きはがす。

イザベラは、大きなため息をつき、頭を抱えた。

「どうしたら、他の姉妹のようになるのかしら…」

姉のローズは、すでに格上の貴族からダンスを申し込まれ、楽しそうに踊っている。

妹のマリーにも、一緒にダンスを踊りたいという貴族が群がっていた。

(はぁ… ホントに馬鹿馬鹿しい…

もう、うんざりだわ…)

アンナは、音楽に合わせて踊る彼女達を冷めた目で見た後、両親の元へと行く。

「私、気分が悪くなったようですの…

休みたいのですが、よろしいでしょうか?」

再び怒り狂うイザベラをなだめ、イザークが、従者を呼ぶ。

「レイヴン、アンナが休みたいと言っている。

体調が良くないようだ」

「承知致しました」

レイヴンが深々と頭を下げ、アンナと共に大広間を出て行く。

2人になった途端、アンナは、大きく息を吐いた。

「はぁ~ 疲れる~!

女は、どうして殿方に媚びないといけないの…?

私には、そんな事できないわ」

「いいえ、お嬢様も、魅力的な御令嬢でいらっしゃいます」

「なんなの! レイヴン、あなたもなの?

私に、殿方に媚びろと? …まぁ、いいわ。

そうだ! レイヴン、あの場所に行きましょう! 付いてきて!」

気分が悪いはずのアンナの表情がパッと明るくなる。

最初は躊躇っていたレイヴンだが、しつこくせがまれ、渋々、彼女の後に従った。

男だったら

「きゃぁ~!! 素敵!

これ見て! なんて美しいの、この紋章!

えっ!? すごい~! こんなに大きな両手剣があるのね!」

武器や防具を保管している部屋に足を踏み入れた瞬間、アンナは、感嘆の声を上げた。

目新しい剣を手に取っては、マジマジと見つめ愛でている。

そして、そのうちの1本をレイヴンに投げると、アンナ自身も剣を両手で構えた。

「さぁ、レイヴン、かかって来なさい!」

部屋に、剣がぶつかる金属音が響く。

レイヴンが振り下ろす剣を、アンナが歯を食いしばり受け止めた。

彼の猛追を寸でのところでかわし、反撃に転じる。

アンナの渾身の一撃を、レイヴンはあっさり受け流し、そのまま彼女を組み敷いた…

「さぁ、お嬢様、そろそろ戻りましょう」

「ほら、この手を見て。まだ、痺れてるの。

最初の一撃で勝負は決まっていたわね」

震える手を見ながら、アンナは困った顔で笑う。

「もし、私が男に生まれていたら…

戦場でお父様と、一緒に戦えたのに…」

自室に戻ったアンナは、寝台に横たわり天井を見上げた。

長男・アロイス、長女・ローズ、三女・マリー。

この3人は、母親のように上品で貴族としての品格を持ち合わせている。

それに比べてアンナは、父親の血を色濃く受け継いでいた。

イザークは、勇者と呼ばれるほどの豪傑で、隣接国による侵攻を何度も制圧している。

そんな父親に似たせいか、アンナは殿方よりも、戦場を駆け回る事に恋い焦がれていた。

「はぁ… どうして男に生まれなかったんだろ…」

敵襲

いつの間にか眠っていたアンナの元へ、血相を変えた侍女が走ってきた。

「大変です! お嬢様! 旦那様が…」

急いで広間に向かうと…

そこには、鎧に身を包んだ父と兄、そして、大勢の兵士が集まっていた。

「お父様! これは一体…?!」

「隣国アルビオンの兵士が、我が領地に攻め入ってきた。

舐めたマネをしおって…」

すぐ隣では、アロイスを出陣させる事に反対するイザベラが、頭を抱え、うろたえていた。

いつに無く険しい顔つきのイザークが、残された家族に告げる。

「一瞬でけりを付けてやる。 …その間、ここは任せたぞ。

レイヴン! アンナの事を頼む!」

広間から出て行くイザークを、アンナが呼び止める。

それを遮るようにレイヴンが、アンナに声をかけた。

「お嬢様、大丈夫ですよ。

私達は、言われた通り、この城を守るのです!」

イザーク達が出陣してからというもの、アンナは来る日も来る日も祈りを捧げた。

窮地

そして、雨が強く降り、雷が鳴り響くある日…

この日も広間には、アンナの家族に加え、ハルミッヒの重鎮達が集まっていた。

そこへ、傷だらけの兵士が1人、息を切らせて入って来る。

「ご、ご報告申し上げます!

イザーク様が…」

その後に続く言葉を聞き、その場にいた全ての者が絶句した。

国境付近で、両軍が刃を交えたこの戦い…

アルビオンの予想以上の猛攻に、ハルミッヒは撤退を余儀なくされる。

豪傑とうたわれたイザークは、敵の矢に頭部を射抜かれ、命を落とした。

挙げ句、アロイスは敵軍に拘束され、ハルミッヒは、当主に加え後継者までも失う。

「今すぐ、兵を再び集めて、攻め込むのです!!

後継者のアロイスを失うという事は、ハルミッヒの終わりを意味しているのですよ!!」

窮地に追い込まれた状況の中、イザベラが喚き立てた。

集まった者達が、この現状を打破するため話し合うが、いい案が浮かばない。

「事は一刻を争うのです!

アロイスの救出だけを考えなさい!」

痺れを切らしたイザベラが勢いよく立ち上がり、机を激しく叩く。

その時、1人の男が、言いにくそうに視線を落としたまま口を開いた。

「…方法が、1つございます…

ハルミッヒの令嬢をアルビオンに差し出すのです…」

打開策

ハルミッヒの3姉妹は、国内だけでなく隣国にまで、その美しさが知れ渡っている。

彼女達のうち1人を差し出し、それと引き換えにアロイスの解放と休戦を要求…

その案を聞いた途端、3姉妹は悲壮な表情を浮かべた。

「…アンナ、あなたが行きなさい。

今まで勝手気ままに生活してきたのです。

少しは、当家のために役立ちなさい」

イザベラが、アンナに厳しい視線を向ける。

ローズは帝都内最大貴族と婚約中、マリーは13歳という年齢が考慮された。

すかさずレイヴンが反論するが、イザベラが従者の言葉に耳を貸すはずもない。

周囲もざわめき立ち、不穏な空気が流れていた。

そんな中、ずっと黙っていたアンナが、ついに口を開く。

「…お母様のおっしゃる通りに致します。

私が… お父様の仇を必ずとって参ります!!」

イザベラの手を握るアンナの瞳には、強い光が宿っていた。

思いもよらぬ反応に、イザベラは呆気に取られ、返す言葉が出てこない。

アンナは、それを気に留める様子も無く、近くにいた騎士の腰から剣を引き抜いた。

「レイヴン!! すぐに戦いの準備を!

お兄様の奪還、そして、敵将を討ち取ります!」

第1話:感想・考察

アンナの貴族令嬢らしからぬ言動が面白く、引き込まれます。

特に、レイヴンと剣の手合わせをしている彼女は、騎士そのものでした。

剣を握った途端に目つきが鋭くなるヒロインなんて、なかなかいないと思います。

身代わりとして隣国に売られるというのに、戦う気満々のアンナ…

思わず応援したくなるキャラクターです。

タイトルにある隣国の王太子の登場が待ち遠しく、この後の展開も楽しみです。

表情も豊かに描かれており、登場人物の感情がダイレクトに伝わってきます。

絵もとても綺麗でした。

売られた辺境伯令嬢は隣国の王太子に溺愛されるを無料で読めるか主要12サイト&アプリを調査!:まとめ

今回は、コミックシーモアを利用して、『売られた辺境伯令嬢は隣国の王太子に溺愛される』を読む方法を紹介しました。

コミックシーモアなら、ボーナスやキャンペーンも豊富だし、試し読みもたっぷり楽しめます。

『売られた辺境伯令嬢は隣国の王太子に溺愛される』はシーモアの先行配信作品なので、続編もいち早く読むことができますよ。

まずは気軽に試し読みしてみて、続きを読むかどうかを判断してくださいね!

\シーモアで1巻無料(0pt)配信中/

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。