漫画ネタバレ

わたしだけの高崎くん【1話】『はじめての友達』ネタバレ感想!友達の証にくれたもの

こんにちは、まんがMAP管理人のセシルです。

今回は、漫画アプリ『マンガMee』で配信中の作品、『わたしだけの高崎くん』1話のネタバレ感想を紹介していきます。

3話までなら、マンガMeeのアプリで今すぐ無料で読めます!

マンガMee
公式ページへ

※4話以降は23時間ごとに
1話ずつ読めます。

わたしだけの高崎くん【1話】『はじめての友達』のネタバレ

友達が欲しい

花園橙乃(はなぞの とうの)は、いつか出会える友達を夢見る女子高生。

両親はアパレル系業界の有名人で仕事が忙しく連絡も取れない。

橙乃が物心がつく前から、叔母のやえさんが家政婦のように面倒を見てくれていた。

クラスメイトの高崎くん

叔母の車で学校に通学する途中。

自転車で学校に向かうクラスメイトの高崎くんの姿を目撃した。

「高崎くんだ!」

「同じクラスの人?」

クラスメイトの高崎くんは、学年首席で橙乃と同じ特待生。

橙乃とは違って、人気者で目立つ人だった。

やえさんに高崎くんの話をしながら、学校に到着。

「今日こそ友達を作れるよう頑張るから!」

橙乃は、やえさんにそう告げて学校へ向かう。

空気が読めないお金持ち

学校内で橙乃は有名人だった。

父親はアパレルブランドを経営するカリスマ社長の有名人。

橙乃自身も成績優秀で多方面で才能を発揮していた。

周りからは「住む世界が違う」と一目置かれていた。

自分のクラスの1年4組に辿り着いた橙乃は気合いを入れる。

(…最初は挨拶から!)

クラスメイトに挨拶しようとすると、後から入ってきた男子生徒に先を越されてしまった。

お金持ちの橙乃は空気が読めない一面があり、クラスの中で浮いていた。

クラスメイトがクラス会の場所を話し合っている最中も、悪気がない発言で女子生徒の松川さんの反感を買ってしまい、友達になるチャンスを失った。

男子生徒に絡まれて

友達作りが上手くいかない状況に、ため息をつきながら廊下を歩く橙乃。

「どうしたの?ため息なんかついて」

背後から隣のクラスの男子生徒が声をかけてきて、悩みがあるなら相談に乗ると言い出した。

「それって…友達みたいだわ!」

相談し合える関係性は友達のようだと、嬉しそうな反応を示す橙乃。

「そうそう、俺達もう友達じゃん。だから、友達の証に金くれよ」

橙乃の反応を見た男子生徒達は、金持ちだから、お金はいっぱいあるだろうと詰め寄る。

「人よりお金だなんて…。寂しい人たち、軽蔑する」

その言葉に逆ギレした男子生徒が橙乃の片手を掴み恫喝する。

「何様だよ…。そんなだから、いつも一人っきりなんだろ」

図星を指されて橙乃の胸はズキリと痛んだ。

友達の証

その時、廊下を通りがかった高崎が現れて、男子生徒の腕を掴んだ。

「やめろ、お金で取引するような関係は友達じゃないだろ」

ビビった男子生徒は、その場から逃げ出した。

高崎が男子生徒の腕を掴んだ際に、橙乃が手にしていたスマホが床に落ちて割れてしまった。

「ごめん、弁償する」

謝る高崎に、橙乃はあまり使わないものだから大丈夫だとフォローする。

「今すぐは無理だけど弁償するから!せめて他にできることはない?欲しいものとか…」

(欲しいもの…)

橙乃が逡巡していると、クラスメイトの松川さんがやって来て高崎に親しそうに話しかける。

仲が良さそうなふたりの雰囲気を見て、友達が欲しくても、なかなか思うようにいかない橙乃がポツリとつぶやいた。

「…私には友達なんて作れないのかも」

その言葉を聞いた高崎が橙乃に言った。

「じゃあ、友達になろうよ」

友達になるのにお金はいらないのかと橙乃が問いかけると、友達にそんなものは必要ないと答える。

「これ、半分あげる。これで友達成立だね」

高崎は友達の証として持っていたアイスのチューペットを半分割って橙乃に差し出した。

「スマホは、ちゃんと弁償するから」

そう言って、高崎は去って行った。

初めての友達

(…高崎くんと友達になれた)

初めてできた友達に、人生で一番嬉しいと橙乃は顔を赤らめながら喜んだ。

橙乃は、高崎くんと友達になったからには、彼のことをもっと知る必要があると考える。

それから高崎の様子を観察し始めた。

成績優秀、スポーツ万能、学校の人気者の高崎くん。

いつも帰りが早く、周囲からは彼女がいると噂されていた。

叔母のやえさんの車で学校から帰宅する途中、橙乃は一連の出来事を報告する。

高崎が早く学校から帰るのは、きっと恋人と放課後を過ごすからだと橙乃は語る。

車が飲食店の前を通りがかった時、店内から高崎が出てきた。

「高崎くん?」

「花園さん…!?」

橙乃に気づいた高崎は焦ったように顔が青ざめた。

わたしだけの高崎くん【1話】『はじめての友達』の感想

お金持ちの橙乃は、庶民と感覚がズレていて、悪気はないけど相手から反感を買ったり、距離を置かれたりしているようです。

そんな橙乃に初めてできた友達、高崎くん。

めちゃめちゃいい人って感じですが、バイトに励んでいるのは家が貧しい家庭なんでしょうか。

橙乃と高崎くんの友達関係は上手くいくのか、友達から恋愛関係に発展するのか続きが気になります。

漫画で読むとより臨場感が味わえるので、ネタバレ文章を読んだら、その後はぜひ絵付きで読んでみてくださいね。

マンガMee
公式ページへ

※4話以降は23時間ごとに
1話ずつ読めます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です