漫画無料・最安値情報

【漫画】私とわたしを無料で読めるか主要12サイト&アプリを調査!

今回は、『私とわたし』(横嶋やよい著)を無料で読める電子書籍サービスがあるかをリサーチしてみました。

ここあ
ここあ
今すぐ試し読みしたい場合は、以下からどうぞ!

※検索窓に「わたしとわたし」と入力してね!

『私とわたし』は無料で読める?

2022年6月現在、『私とわたし』の取り扱いがあるサービスを調べてみました。

電子書籍サービス 『私とわたし』の取り扱い
まんが王国 ○(1巻無料試し読みOK:5巻まで配信)
コミックシーモア ×
ebookjapan ×
BookLive! ×
DMMブックス ×
Renta! ×
Kindle ×
楽天Kobo ×
honto ×
Reader Store ×
BOOK☆WAKER ×
U-NEXT ×

表のように、『私とわたし』を試し読みするなら、まんが王国がおすすめです。

1巻を丸ごと無料で試し読みできて、2巻以降も数ページ試し読みできますからね。

また、『私とわたし』はまんが王国の先行配信作品なので、続編が出たときにも他サービスよりいち早く読むことができますよ。

ここあ
ここあ
1巻丸ごと試し読みは期間限定なので、以下からチェックしてみてね!

※検索窓に「わたしとわたし」と入力してね!

 

人気の漫画アプリもチェックしてみましたが、配信されていませんでした。

では次に、『私とわたし』を、できるだけ安く読む方法を紹介しますね。

【私とわたし】を今すぐ安く読む方法!

まんが王国を利用して、『私とわたし』の全巻をできるだけ安く読む方法を紹介します。

まんが王国には、大きく分けて2つの利用方法があります。

  • 月額コース
  • ポイント購入

それぞれの特徴を解説しますね。

月額コース

毎月定額課金をする代わりに、ボーナスポイントがたっぷりもらえるのが、月額コースの強みです。

月額コースの料金表は以下です。

※赤文字がボーナスポイントです。

コース名 月額(税込) 付与ポイント
(クレジットカード払い)
月額まんが300 330円 300Pt
月額まんが500 550円 500Pt + 50pt
月額まんが1000 1100円 1000Pt + 150pt
月額まんが2000 2200円 2000Pt + 500pt
月額まんが3000 3300円 3000Pt + 780pt
月額まんが5000 5500円 5000Pt + 1400pt
月額まんが10000 11000円 10000Pt + 3000pt

上記以外に、携帯電話料金合算払いで利用する『月額まんが2800』もあります。

月額3080円、3280Pt付与です。

『月額まんが500』以上のコースであれば、ボーナスポイントがついてお得になります。

『私とわたし』以外にも読みたい作品がある場合に、月額コースを検討するといいでしょう。

月額コースを選ぶ場合、ボーナスポイントをたくさんもらうのが基本的な目的になります。

リーズナブルなコースを選ぶと、月額コースを選ぶメリットが弱くなっちゃうってことです。

やや高めのコースを選んだほうが、そのメリットを充分に活用できるわけですね。

漫画が趣味で、毎月それなりの量を読むのなら、ある程度高めのコースを選ぶのもありです。

ちなみに、まんが王国のポイント失効は、ポイント付与から5ヶ月後の末日になります。

毎月どれくらい読むのかを考えて、どのコースにするか決めるといいでしょう。

もう1つちなみに、月額コースを途中でやめても、今まで買った作品は読めますし、その時点で残ってるポイントも使用できます。

買った作品が読めなくなったり、ポイントが消失してしまうのは、まんが王国自体を退会したときです。

「月額コース解除」と「退会」は違います。

月額コースだけ解除して、退会せずに『無料』会員でいるだけなら、もちろん無料ですよ。

『月額まんが1000』以上を選ぶと、5大特典も利用できますよ。

  • 毎月ポイントバッククーポンをプレゼント
  • 毎月割引クーポンをプレゼント
  • 来店ポイントがいつも2倍
  • 月額コース継続ボーナスがつく
  • 月額コース限定キャンペーンを実施
ここあ
ここあ
では次に、『ポイント購入(都度払い)』を紹介するね。

ポイント購入

「毎月支払いが発生する月額コースより、とりあえず『私とわたし』だけ読みたいな」

という希望をお持ちなら、月額コースよりはポイント購入を利用したほうがいいでしょう。

ボーナスポイントは少なめですが、欲しい作品があるときだけ都度課金できるので、堅実な利用が叶います。

※赤文字がボーナスポイントです。

料金(税込) 付与ポイント
110円 100pt
330円 300pt
550円 500pt
1100円 1000pt
2200円 2000pt + 100pt
3300円 3000pt + 150pt
5500円 5000pt + 400pt
11000円 10000pt + 1500pt
22000円 20000pt + 4000pt
33000円 30000pt + 9000pt

ポイント購入であれば、一気に最新話までのポイントを購入しなくてもいいと思います。

ボーナスポイントを期待せず、堅実でリーズナブルな利用を目指す方法だからです。

なので、とりあえず1〜2巻くらいまで読んでみて、そのあとで3巻以降を読むか検討する、という利用法がしやすいです。

みるく
みるく
ちなみに、『私とわたし』はいくらなの?
ここあ
ここあ
1冊あたり150ptだよ。

「試し読みできるところまで読んでから、面白かったらポイントでもっと読んでみよう」

そんなふうに思ったら、100Ptだけ購入し、初回50%OFFクーポンを利用して、75ptで読んでみるといいですよ。

1000Pt以下の購入であれば、どれを選んでもボーナスポイントはないので、小さな金額をちょくちょく買うほうが堅実ですからね。

ここあ
ここあ
月額コースか、ポイント購入か、まとめると以下みたいな感じだよ!
  • ボーナスポイント狙いで月額コースを利用する。
    (作品が楽しめることに期待して、ちょっと高めのコースを利用する。その分、他の作品まで多めに楽しめる。)
  • リスクを避けて、ポイント購入を利用する。
    (ボーナスポイントは諦める。その代わり、堅実でリーズナブルな利用が叶う。)

自分の状況や性格(笑)に合わせて、どちらかを選びましょう!

みるく
みるく
私はいろんな作品をたっぷり読みたい派だから、ボーナスポイント多めの月額コースかな!
ここあ
ここあ
私は、読みたい作品を読めればいいから、ポイント購入にしよう!

月額コース、ポイント購入、どちらを選ぶ場合でも、おみフリを利用すればさらに安くできますよ。

ということで、以下もチェックしてみてくださいね。

おみフリは必ずチェックすべし!

作品を購入する前には、必ず『おみフリ』をチェックしましょう。

おみフリとは、10%OFF、20%OFF、30%OFF、50%OFFのどれかが必ず当るクーポンです。

最新話と最終話には使えませんが、それ以外の巻には使えるので、使わない手はないです!(他のクーポンとの併用はできません。)

日に2回、会員なら誰でも引くことができます。

  • 【1回目】7:00〜19:59
  • 【2回目】20:00〜24:00

これ、実際に毎日引いてみると分かりますが、ほぼ毎回30%OFFが出ます!

150Pt ⇨ 105Ptに割引されるわけです!

『私とわたし』の場合も、最新話以外には『おみフリ』を利用するのが上手な買い方です。

おみフリは、月額コースでも、ポイント購入でも、どちらでも利用OKです!

ここあ
ここあ
他の作品を購入する場合も、最新話以外にはおみフリ利用を忘れずに!

※検索窓に「わたしとわたし」と入力してね!

第1話:ネタバレ

邪魔者扱い

キッチンで片付けをしながら、岩波睦美(いわなみ むつみ)は、大きく息を吐いた。

リビングのテーブルでは、夫の貴士(たかし)と息子の衛斗(えいと)が、

無言で朝食を食べている。

睦美が話しかけても、2人とも返事どころか、目を合わせる事もしない。

「今日は、天気が急変するみたいだから、2人とも傘を忘れず持って行くのよ。

…ちょっと、衛斗、返事ぐらいしなさい!」

「うっせー!! ばばぁ! 分かってる!

あーっ!! ウザい! 放っといてくれよ!」

反抗期の衛斗は、声を荒げ、睦美を睨みつける。

そして、勢いよくリビングの扉を閉め、学校へ行った。

すると、今度は、貴士が顔をしかめ、睦美を邪険にあしらう。

「お前、本当にうるさいんだよ。

今から俺は仕事なんだぞ。これ以上、イライラさせないでくれ」

妻として、母親として、家族のためを思ってしている事が、全て否定され、疎まれる。

貴士が会社に行く後ろ姿を見送りながら、睦美は、ため息をついた。

(いろいろ頑張ってるつもりなんだけどな…

全然、大切にされてない… )

家族の食事や洗濯、掃除、それに加えて、パートタイムの仕事もしている。

睦美は、家の用事を終わらせ、虚しさを抱えたまま職場へと向かった。

少女と落雷

分厚い雲が夜空を覆い、雷の音がゴロゴロと鳴り響いている。

仕事を終えた睦美は、暗い夜道を足早に歩いていた。

(家に早く帰らなきゃ…

あら!? また、あの女の子だわ… こんな時間に1人で、危ないのに…)

道端のブロックに10歳ぐらいの女の子が、何をするでもなく、ただ座っている。

髪の毛は伸びてボサボサ、Tシャツとハーフパンツは、ヨレヨレで汚れていた。

睦美は、放っておけず、その少女に声をかける。

「こんなところで、どうしたの?

遅い時間だし、帰りましょう? 家は近く?」

「お父さんと一緒だから…

子供は、入れないから、ここで待ってるの…」

少女の父親は、目の前のパチンコ店にいるらしい。

「じゃあ、お父さんを呼びに行きましょう。雨も降りそうだし…」

睦美の提案に、少女は体をビクリとさせ、その場から逃げるように走り出した。

ところが、車止めブロックに足を取られ、勢いよく転んでしまう。

睦美が、慌てて駆け寄った直後、その近くの電柱に雷が落ちた。

地響きのような衝撃と轟音、そして眩しい光が2人を包む。

それは、一瞬の出来事で、睦美はそのまま意識を失った…

入れ替わった体

「うぅ… 体中が痛い…」

目を覚ました睦美は、全身を襲う痛みに耐えながら、辺りを見回した。

最初に彼女の視界に入った物は、汚れた便器。

その周辺は、大量のゴミで埋め尽くされている。

(どうして、私、こんな汚いところにいるの…?!)

立ち上がった睦美は、トイレにあった鏡に自分の姿を映した。

(…えっ?! どうして? この子は誰?!

まさか… これが私なの…?!)

子供の姿になっていた睦美は、混乱しながらも、トイレから出る。

そして、目の前の光景に愕然とした。

狭い和室にも、ゴミが山のように積み上げられ悪臭を放っていたのだ。

(…どうなってるの? …私は、結婚していて、子供もいる主婦…

そう… 名前は… ええっと… 私の名前は… 分からない!!)

睦美は、頭を抱えその場にうずくまった。

ゴミに埋まっていた手鏡を手に取り、もう一度自分の姿を映す。

(どうして、こんな事に…?!

この子は、いったい誰なの? ここがこの子の家?)

周りを飛び回るハエを払いながら、台所まで続くゴミの山に視線を向けた。

その時、玄関の向こうから足音が聞こえ、扉の前でそれが止まる。

やがて、1人の知らない男が中へと入って来た。

ネグレクト

「おい! 何黙ってるんだ!

俺はお前の父親だぞ! 帰って来たんだから、まず言う事があるだろう!」

突然、大声で怒鳴られ、睦美は、両手を胸の前で握り締め、縮こまる。

「…お帰りなさい」

「ホントにお前は… 雷に打たれたせいで頭がイカれたのか?

感電して、道に倒れていたんだぞ」

睦美は、父親の話を聞き、直前までの記憶を思い出した。

(そうだったわ! あの時、一緒にいた女の子が…)

「わ、私以外に、女の人が倒れてませんでしたか?」

「おう、いたぞ。おばさんがな…

救急車に乗せられてたな。その後、どこの病院へ行ったかまでは知らん。

お前を連れて帰って来たからな」

「えっ?! 私は、病院に行ってないんですか?

雷に打たれたのに! 親なのに心配じゃ…」

『ドゴッ!!』

鈍い音と共に、睦美は畳の上に倒れ込んだ。

父親に殴られた頬は、赤く腫れ上がり、ズキズキと熱を持っている。

「父親に向かって、偉そうな事を言いやがって!

そんなとこに行ってみろ! いろいろバレて、受給を止められるかもしれんだろうが…!」

父親は、そう言うと手に持っていたビニール袋を睦美に投げつける。

中には、カップラーメンが数個入っていた。

「今日から2週間、家を空ける。よく出ると噂の店が、遠いところでな…」

睦美が不安そうな顔をすると、父親がポケットから2000円を出し渡した。

(…2週間でこれだけ? 足らない…)

受け取ったお金を見つめて、睦美は呆然とする。

「おい、何してんだ? 早くやれよ!

俺から金を貰ったんだろ? 土下座して、ちゃんと礼を言えよ!

また、殴るぞ!」

父親は、土下座して震える睦美の髪の毛をわしづかみにし、冷ややかな視線を向ける。

そして、彼女を1人残し、家を出て行った。

夢じゃない

汚い部屋に座り込み、睦美は、自分の身に起きた現象を思い起こす。

(有り得ないわ、こんな事…

私が、あの少女になるなんて… これは、夢よ…)

自分にそう言い聞かせ、立ち上がる。

お腹が空いたので、渡されたカップラーメンをまず食べる事にした。

ゴミに囲まれ、テーブルも無い部屋でラーメンをすする。

(あー、こんなに熱くて美味しいんだもの…

これは、夢じゃない… 現実なのね…)

睦美の頬を、大粒の涙が流れ落ちた。

家族がいて、綺麗に整えられた家があるという、当たり前だった生活が、今は無い。

あるのは、ゴミ屋敷とも言えるボロアパートと、暴力を振るう父親だけ…

(どうして… どうして、私が…)

睦美は、汚れた畳に突っ伏し、号泣した。

第1話:感想・考察

家族からぞんざいな扱いを受けている睦美を、かわいそうに思いながら読んでいました。

でも、少女と入れ替わった睦美は、もっと悲惨な生活を目の当たりにします。

不満を持っていたこれまでの生活が、いかに恵まれていたのか痛感したかもしれません。

どちらの生活も、この社会で実際に見られる光景です。

家族の絆や愛情など、大切なものを思い起こさせるきっかけになりました。

とても、奥の深いストーリーだと思います。

つらいシーンが多いですが、読む価値のある漫画だと感じました。

【漫画】私とわたしを無料で読めるか主要12サイト&アプリを調査!:まとめ

今回は、『私とわたし』を読めるサービスと、安く楽しむ方法を紹介しました。

まずは気軽に試し読みしてみて、続きを読むかどうかを判断しましょう!

※検索窓に「わたしとわたし」と入力してね!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。