当サイトにはプロモーションが含まれています。

漫画ネタバレ

夜明けを乞うけものたち【5話】ネタバレ感想!神崎の毒を克服できると証明したい藍!

今回は、堤翔先生の人気作品『夜明けを乞うけものたち』の5話について、ネタバレ感想をシェアしていきます。

夜明けを乞うけものたち』を試し読みするなら、最新話までいち早く楽しめるコミックシーモアがおすすめです!

\シーモアで1話丸ごと無料試し読み/

夜明けを乞うけものたち【5話】ネタバレ

藍の口の秘密

場面は前回の続きから。

「調査の結果によると、絶瀬さんの手にある口って、何でも飲み込むそうですね? 食道にも繋がっていないようですし、だからこそ私は神崎さんの毒って、絶背さんには効かないと思うんですよ」

にこにこしながらそんな話を振ってくる錦。

話を聞いていた神崎は、危険を承知でぜぜくんにキスをするなんて、と思い、やっぱり納得できなかった。

思い悩む神崎を無視して、半ば強引に錦や不二によって話が進められてしまって…

神崎の毒が滲む条件

錦たちが通称「ヤリ部屋」と呼んでいる、研究機関の奥にある部屋に通された藍と神崎。

その部屋にはベッドもあり、キスをするだけなら必要もないように思えたのだが、藍は錦からこっそりと神崎の秘密について教えられていた。

なんでも神崎の唾液に含まれる毒は、快感を感じた時にのみ滲み出すらしい。

つまり、この実験においては神崎が性的に興奮する必要があるのだ。

「神崎さん、口開けてくださいよ」

「駄目、絶対だめ!!」

拒まれても、藍は神崎の口に触れようとする。

けれど、神崎は必死になって嫌がるため、藍は多少強引に神崎を押し倒して体に触れていった。

幸せになるために

藍は神崎に愛撫を続け、神崎の唾液に毒が滲むのを待っていた。

そんな最中、藍はついさっき錦から言われたことを思い出す。

「絶背さん、私は思うんです。変異種だって恋は自由なはずですし、セックスをすることが危険だから逮捕なんて、とね」

そんな錦の言葉を聞いて初めて、藍は錦たちが味方だと思えた。

『どうなるかはわからない。でも神崎さんの毒が俺に効かないって証明できれば、神崎さんの不安だって解消させてあげれるはずだ』

藍は、『神崎がいつかどこかに離れていってしまうこと』がずっと不安だった。

だからこそ毒が効かないと証明したくて、危険だと分かっていても錦の提案にのるのだった。

「気持ち良くなんか…ないっ!」

そう言って強がりながらも、神崎はどう見たって何度も体を痙攣させ、気持ちよさそうにしていた。

神崎の唾液には既に毒が滲んでいるはずで…

藍は神崎の口元へと、自分の手から伸びた舌を近づけた…

夜明けを乞うけものたち【5話】感想

嫌がっている神崎を強引に押さえつけて、セックスを進める藍。

そんな展開は少し切ないものの…続きが気になって読み進めてしまいます!!

神崎の毒は本当に藍に効かないのか?

ここがやっぱり今後も重要な部分になってきそうですよね。

そうして次回はとうとう毒が滲んでいる神崎に、藍がキスをしそうですが…?

もう絶対に目が離せない展開です!

藍も神崎も苦しむ結果にならないと良いのですが…。

『夜明けを乞うけものたち』を試し読みするなら、最新話までいち早く楽しめるコミックシーモアがおすすめですよ!

\シーモアで1話丸ごと無料試し読み/

ネタバレまとめ(全話)は、以下をどうぞ!

→『夜明けを乞うけものたち』ネタバレまとめ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。