漫画ネタバレ

勇者が死んだ!【201話】『お別れ』ネタバレ感想!ハダカニーソに戻ったトウカを皆が歓迎する!

こんにちは、まんがMAP管理人のセシルです。

今回は、漫画アプリ「マンガワン」のオリジナル作品、「勇者が死んだ!~村人の俺が掘った落とし穴に勇者が落ちた結果~」201話のネタバレ感想を紹介していきます。

「勇者が死んだ!」を読みたい方は、人気漫画アプリ「マンガワン」で毎日最大8話ずつ無料で読むことができますよ〜!

マンガワンの公式ページへ

※アプリのインストールが必要です

勇者が死んだ!【201話】ネタバレ

トウカは死んでなかった!

ラークヴァルトを倒した穴の前で、トウカとシオンは言葉を交わす。

「終わったな」

「絶望的な未来しかないと思ってたけど」

ハダカにされたフェムリアは、腕で体を隠して座っている。

シオンはさらに、トウカがいたおかげで未来を変えられた、と言ってくる。

トウカは謙遜し、みんなが頑張ってくれたおかげだ、と言う。

「俺はみんなの力を借りまくっただけさ」

少し寂しい表情を浮かべたトウカは、「生きてあいつらと勝利を喜べればよかったな」と呟いた。

すでに自分が死んでいると思っているトウカは、フェムリアに頼み込む。

神の国に連れて行ってくれるように、と。

「ダメです」とフェムリア。「ふさわしくありません」

びっくりするトウカは、ハダカにしたことを怒っているのか、と尋ねる。

フェムリアはそんなことで怒っているわけではなかった。

しかも、この世界では服はすぐに創造できると言って、実際に服を着た姿に戻った。

「君はまだ生きてるんですよ」とフェムリアは言う。「だから連れていけないんです」

フェムリアは、トウカの肉体はギリギリで破壊されなかったと教えてくれた。

ソーマの雫を過剰摂取したために、こっちの世界に来たのだと。

確かにトウカは、ハダカニーソダッシュを使うために、ソーマの雫をめっちゃ使ってたことを思い出す。

「精神がこっちに来たということは、聖剣に死んだと判断されたため。だから次の勇者も選べたってことか」とシオン。

そしてシオンは、涙を浮かべてトウカの無事を喜ぶ。

フェムリアに、「早く戻ってください」と言われ、目覚めたトウカ。

平和になった世界で

目覚めて体を起こしたトウカの前に、ハダカになった5人の美少女がいる。

みんな涙を浮かべながら、トウカが戻ってきたことを喜んでいた。

股間だけを隠した男もやってきて、トウカが勝ったことを称えてくれた。

謙遜するトウカは、「お前がこっちでヤツに勝ってくれたおかげだ」と言うが、

「いいや、すごいのは君だ。尊敬するよ、勇者トウカ」と返してくれた。

裸の美少女たちも、男たちも、みんなでトウカの偉業を称えて歓声を上げる。

裸になったベラーコが馬に跨っていると、家臣がその姿をとがめてきた。

でもすぐに、トウカと一緒に戦っていたと推測し、それは周りのみんなにも伝わった。

そしてみんなは、ベラーコの名前を連呼して讃えるのだった。

ラークヴァルトの支配が終わったことに、みんな涙を流して喜び合っている。

そんななか、アンリがトウカの胸に飛び込み、泣きながら思いを打ち明ける。

「本当に死んだと思ったぞ。旅が終わったらずっと一緒にいてくれって約束を忘れたのか? 次に破ったら、許さないぞ」

トウカは頭を撫で、「もう二度としねえさ」と答えた。

でも命をかけて戦っただけあって、今のトウカは満たされていた。

何しろ、ハダカニーソのフトモモ美女たちがトウカを囲んでいるのだから。

まあ、中にはむさ苦しい男の姿もあるが。

ふと、聖剣を通じてシオンが話しかけてきた。

「もう1つ、重大な使命が残っている。地獄の門を封印することだ」

勇者が死んだ!【201話】の感想

戦いに勝ち、ハダカニーソに戻ってきたトウカ。

村にいるフトモモ美女たちに囲まれて、さぞかしご満悦の様子です。

ただ強くて正義を貫くばかりのヒーローじゃなく、こういった人間味溢れるところが、トウカの魅力だったりするんですよね。

ごく普通の若者っぽい欲望を持っているからこそ、若い男性読者も感情移入しやすかったりしますからね。

さて、最後の大仕事が残っています。

地獄の門の封印です。

いよいよ物語もラストスパート!

締めまできっちり、トウカらしく決めてほしいですね。

「勇者が死んだ!」を読みたい方は、人気漫画アプリ「マンガワン」で毎日最大8話ずつ無料で読むことができますよ〜!

マンガワンの公式ページへ

※アプリのインストールが必要です

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です