漫画ネタバレ

4000年ぶりに帰還した大魔導士【5話】ネタバレ感想!ケビン教授の難題に答えるルーカス!

こんにちは、まんがMAP管理人のセシルです。

今回は、漫画アプリ『ピッコマ』のオリジナル漫画、『4000年ぶりに帰還した大魔導士』5話のネタバレ感想を紹介していきます。

3話までなら、ピッコマ公式ページあるいはアプリで今すぐ無料で読めます!

4話もすぐに『待てば0円』で読めますので、実際に待って読むのは5話以降です。

ピッコマの公式ページへ

※4話以降は23時間ごとに1話ずつ読めます。
※4話以降はアカウント登録orアプリのダウンロードが必要です。

4000年ぶりに帰還した大魔導士【5話】のネタバレ

4000年前

山奥で修行するカサジンは、気を高めて放ち、山を一つ粉砕した。

そこへルーカスがやってきて、イチャモンをつけた。

「動物たちが住処を失ったら、お前が飼うのか?」

修行に余念がないカサジン

久しぶりの再会だというのに、カサジンは体を鍛えることに余念がなかった。

「数年ぶりに会いに来たってのに、いつまで稽古してんの?」とルーカスは不平を漏らす。

「茶を出しただろ、飲め」と愛想なくいってくるカサジン。

「稽古ばかりしてると、結婚できねえぞ」と言えば、

「女に無知なのは、お前も同じはず」

「バカ言うな、俺は問題ねえよ」

カサジンに言わせれば、恋心は平常心を乱す邪念でしかない。

欲望を制御できないものは、二本足で立とうとすることすら身に余るケダモノでしかない、と。

「武人に女人は、石も同然。魔道士にとっては違うのか?」というカサジン。

「可愛いなら、石でもいいさ」とルーカスは答えた。

現代

過去を思い出したフレイ(ルーカス)は、この現代ではあの稽古オタクが偉人になってることを知って、笑いがこみ上げていた。

上のほうの席にいたイザベルは、変態教授が自分の知識をひけらかしたいだけ、と見ていた。

手をあげたイザベルは、教授に対して抗議する。

「今の質問は、この事業とは無関係な内容かと思います」

1番前の席に座っていたフレイは、振り返ってイザベルを見る。

可愛いけど言葉遣いが堅い、というのが第一印象だった。

イザベルは言う。

「カサジンは武人です。肉体を鍛えることだけにマナを使いました。そんな人を魔導師と呼べるでしょうか?」

つかつかとイザベルのそばまで歩み寄る教授。

「君は魔道武人を侮辱したいのか?」

「その解釈は飛躍しすぎかと」と、イザベルはあくまでも強気な態度だ。

フレイは、カサジン本人のことを思い出した。

自分を武人であって魔術師ではない、と言い切ったカサジン。

魔道武人と呼ばれただけでもブチ切れたほどだった。

教授はイザベルの腕に触れ、「今から研究室でじっくり討論するのはどうかね?」と卑猥な表情を見せた。

その手を払いのけたイザベル。

教授は表情を曇らせ、しつけがなってないな、とつぶやいた。

そして教授は、今度はイザベルに、カサジンの3つの武具について質問するのだった。

「虎王の手袋、巨人のベルト、狂風のネックレス」と答えたのはフレイだった。

カサジンは服を一着しか持っていなかったので、それだけです、と。

教授はフレイを見下ろし、「正解だ」と呟いた。

ちょっと調子に乗ったフレイを見て、学生たちは「あいつ今日おかしい」と噂しあう。

フレイのことなど無視した教授は、イザベルの手を掴んでこう言った。

「君には礼儀を教えなければならん。今すぐ私の研究室に来なさい」

その強引なやり口を見ていたフレイは、こんな話をした。

「ケビン教授、ご存知でしょうか? カサジンの口癖。恋心は武人の平常心を乱す邪念、武人たる者、女人を石と思うべし。欲望に犯され本文を忘れた者は、二本足で立つことさえ身に余るケダモノである」

「何が言いたい?」と教授。

するとフレイは、「カサジンは間違えてるね。教授は二本足で立ってらっしゃる」

つまりフレイは、教授はケダモノだ、と言っているのだ。

怒りを感じた教授は、フレイに次なる問題を突きつけてきた。

1問でも間違えたら、アカデミーの生徒として責任を取ってもらう、と言いおいて。

フレイは余裕の表情を崩さなかった。

4000年ぶりに帰還した大魔導士【5話】の感想

嫌味で破廉恥なケビン教授に、イザベルも黙っていられなかったようですね。

いつものフレイと違っているので、イザベルも何かバックアップしたくなったのかも。

難題を吹っかけられたフレイですが、1問目は見事にパス。

次なる難題が待ち受けていますが、難なくクリアするのでしょう。

だって、大魔導師なんですから。

漫画で読むとより臨場感が味わえるので、ネタバレ文章を読んだら、その後はぜひ絵付きで読んでみてくださいね。

ピッコマの公式ページへ

※4話以降は23時間ごとに1話ずつ読めます。
※4話以降はアカウント登録orアプリのダウンロードが必要です。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です