漫画ネタバレ

アオアシ【235話】『躍動する右』ネタバレ感想!山田とのプレイスタイルの違い!

こんにちは、まんがMAP管理人のセシルです。

今回は、漫画アプリ『ピッコマ』のオリジナル漫画、『アオアシ』235話のネタバレ感想を紹介していきます。

61話までなら、ピッコマ公式ページあるいはアプリで今すぐ無料で読めます!

62話もすぐに「待てば0円」で読めますので、実際に待って読むのは63話以降です。

ピッコマの公式ページへ

※4話以降は23時間ごとに1話ずつ読めます。
※62話以降はアカウント登録orアプリのダウンロードが必要です。

アオアシ【235話】のネタバレ

コーナーキック

試合開始早々、ポゼッションでペースを掴んだエスペリオン。

コーナーキックからボールを入れ、大友が足下のボールで迫る。

大友から山田にボールが渡り、相手チームの選手がゴール前で必死の抵抗を見せる。

さらにボールは高杉へ。

シュートを打てそうになったが、相手ゴールキーパー槇村の突進を受けて阻まれてしまった。

槇村のディフェンスは、「ニュイン」て伸びる、と観客席でも噂していた。

ゴールキックからボールはセンターラインに戻ったが、すぐにエスペリオンがボールをゲット。

山田を中心にした攻撃が繰り広げられる。

青森側のサポーターは、全然ボールが奪えないことを認めて応援していた。

山田のプレイを見ていた葦人は、心の中ですげえと思っていた。

ボールを受けてからほんの1歩でトップスピードに持っていける加速力、1対1の勝負でも決してロストしない足下の技術!

次元が違っているせいか、悔しいとすら思えなかった。

葦人はオッチャンに言われた『FWに向いていない理由』を思い出し、トラウマからムカムカし始める。

山田はそれを、見事に実践しているSB(サイドバック)なのだった。

でも不思議なことに、やはり悔しくないし、ショックもないと感じる葦人。

そんな葦人に注目する福田監督は、葦人の思いを代弁するようにこう語る。

「目指すSB像じゃないからだ、葦人」

福田監督いわく、山田は猪突猛進型、攻撃型SBの極みである。

葦人とはタイプが違うため、「自分の道ではない」と感覚的に葦人も分かっている。

技術でもフィジカルでもなく、葦人にしかできなSBの形。

山田のスタイルは、その道とは違っている。

だからこそ、葦人は悔しさを感じないのだ。

「この試合で、お前の歩むべき道を、100歩も先に進めるはずだ」と呟く監督。

青森の戦略

エスペリオンボールで、右サイドからゴールに迫る。

しかし青森は、なんとかゴール前のボールをクリアした。

ボールはエスペリオンに渡ったため、まだ攻撃は続く。

時計の針は5時10分。

と、そのとき。10番が味方に手をあげて合図を送り、青森のチームメイトの表情が変わる。

ふと気づけば、葦人は自分が全然攻撃に参加できないことに気づいた。

右SBが上がったら、左SBは残るという、竹島から教わった鉄則が脳裏をかすめる。

ガノン戦や船橋戦で、山田と組んだ朝利が攻撃に行けなかった理由がわかったのだった。

ボールが回ってきた葦人は、左で落ち着かせるように指示を受ける。

しかし、相手7番に責め立てられ、苦戦。

どうにかボールは守り、スローインからの再開になった。

すごい気迫だと感じる葦人。

ふと気づけば、青森の選手たちが、全員自分のほうを見ているのを感じる葦人。

アオアシ【235話】の感想

葦人のプレイスタイルは、葦人にしかできないものだと、監督は気づいているようです。

山田のような攻撃型ではなく、もっと柔軟性に溢れたスタイルなのでしょうね。

タイプが違えば、戦う土俵も違う。

自分の得意分野は誰にも負けたくないけど、そうじゃない分野なら負けても悔しくないし、そもそも勝負しなくてもいい、といった感覚でしょうか。

監督は、この試合を通じての葦人の成長に期待しているようですが、葦人はその期待に応えられるでしょうか?

葦人は誰よりもノビシロがありそうなので、『成長』という意味なら、きっと誰にも負けないスピードで進化していくんでしょうね。

漫画で読むとより臨場感が味わえるので、ネタバレ文章を読んだら、その後はぜひ絵付きで読んでみてくださいね。

ピッコマの公式ページへ

※4話以降は23時間ごとに1話ずつ読めます。
※62話以降はアカウント登録orアプリのダウンロードが必要です。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です