漫画ネタバレ

暴君な兄が3人います【第1話】ネタバレ感想!奴隷生活の先にあるもの

こんにちは、まんがMAP管理人のセシルです。

今回は、漫画アプリ『ピッコマ』で配信中の作品、『暴君な兄が3人います』第1話のネタバレ感想を紹介していきます。

第3話までなら、ピッコマのアプリで今すぐ無料で読めます!

ピッコマ
公式ページへ

※第4話以降は23時間ごとに
1話ずつ読めます。

暴君な兄が3人います【第1話】ネタバレ

奴隷の名前

私は、奴隷… 名前さえない。

たくさんの洗濯物を大きなカゴにドサッと入れ、一息着く。

(ふー、これを運んだら、次はアイロンがけをして、廊下の掃除か…

あー、書斎の整理もあるんだった…

お腹も、空いたし… 昨日から何も食べてない…)

「ねぇ…! ちょっと… おい! お前!!」

「ん? あっ、ミリアム…」

大きな声が聞こえ、慌てて振り返ると、怖い顔をしたミリアムが立っていた。

「水曜日のくせに! 私を無視したわね!」

(水曜日… これが私の呼び名。

ご主人様の世話は曜日で分けられている。

私は、水曜日にお世話をする曜日奴隷だ…)

「ちがっ… 無視したわけじゃ…」

「うるさい! 私を誰だと思っているの?!

言い訳なんかいらないわ!」

ミリアムの容赦のない平手打ちをくらい、頬が赤く腫れる。

ミリアムには、名前がある。

それは、名前のない奴隷を見張る役割を与えられているという事。

そんなミリアムに言い返すなんて許されない。

「今日は、お前がご主人様のお世話をする日でしょ!?」

「うん、だから、朝から…」

「黙りなさい! 奴隷は、ただ頷いていればいいの!

分かったら、日が暮れるまでに廊下と書斎の掃除を終わらせるのよ!」

ミリアムは、イライラしながらそう吐き捨てた。

「…あと、その目! 気持ち悪いから隠してちょうだい!

グズグズしてたら、夕飯は抜きよ」

真っ赤な瞳を持つ水曜日は、すぐさま前髪で目を隠した。

(以前のミリアムは、あんな意地悪じゃなかったのに…)

日曜日

「あれ!? 日曜日!」

水曜日が屋敷に入ると、廊下をホウキで掃く日曜日の姿が目に入る。

それに気づいた日曜日がニコッと笑う。

「どうしたの? その頬。

腫れてるけど…またミリアム?」

水曜日は、咄嗟に首を左右にふり誤魔化した。

(本当の事を言えば、怒るだろうし… よし、違う話題に…)

「それはそうと、日曜日。

今日は、当番じゃないのにどうして?」

「退屈だし… 君が当番だから…」

日曜日の優しさに感謝の気持ちでいっぱいになる水曜日。

でも、この屋敷には、決まり事がある。

それぞれ、決められた曜日に、決められた奴隷が決まった仕事をする。

それ以外の事をすると主から罰が与えられ、従順さを徹底的に教え込まれる。

「…でも、ダメだよ。見つかったら大変な事になっちゃうよ。」

「大丈夫! それに僕の仕事も手伝ってくれただろ?!」

「だって、私は、お姉ちゃんだもの。」

…私には、たまに見る夢がある。

その夢は、こことは全く違う世界で、飛行機、自動車、学校…がある。

そして、黒い髪の弟がいて、私は、その世界で暮らしている…

(日曜日も髪が黒いから弟みたいに思ってしまうのかな…)

「俺がお兄ちゃんかもしれないよ。

おとなになったら、水曜日より大きくなるし!

その時は、俺の事、お兄ちゃんって呼んでもらうから!」

少し顔を赤くし照れる日曜日を見て、水曜日は、鈍感にも熱があるのかと心配する。

「手伝ってくれて、ありがとう。」

そう言って、水曜日は、その場を去った。

我慢の限界

書斎の整理にやって来た水曜日。

運悪く、主が机で用事をしている。

しかも、機嫌がとても悪い。

ドキドキしながら水曜日は、仕事を始めた。

突然、机を叩く大きな音が書斎に響く。

「クソッ!! どうしてこの時期に国境の検問が…!

警備を強化されたら、虫ケラどもをどうやって売り飛ばせばいいんだ!

…ん?! おい、お前。いつからそこにいたんだ!

ジロジロとこっちを見るんじゃない!」

怒声と共に、何度も何度も水曜日の頬を平手で打つ。

歯を食いしばり、黙って、痛みと恐怖に耐えた。

「おい! 黙ったままか… 主を無視するな!」

水曜日の脳裏に過去の記憶が蘇る。

理不尽な数々の暴言、暴力…

いつまで、我慢しなければいけないのか。

「ご主人様は、私が何を言っても、怒るじゃないですか!」

水曜日は、顔を上げ、毅然とした態度でそう叫ぶ。

(水曜日のこの目… 胸くそが悪くなる!)

主は机の上に置いていたナイフを手に取った。

「お前たちは、飼い犬以下だ!

だから、お前が死んだとしても大したことはない。

見せしめとして、まずはお前のその疎ましい目を潰してやる!」

(あー、ここで死ぬのか…)

床にうずくまったまま、水曜日は、ナイフを振り上げる主を見上げる。

その時、書斎の扉が大きな音を立てて、開いた。

中に入ってきたのは、数人の男たち。

「どうして、皇室騎士団が!?」

主の言葉を無視し、騎士団の中でも一番、位が高いであろう男が言った。

「やっと見つけた…」

暴君な兄が3人います【第1話】感想・考察

奴隷としての扱いが、とにかく酷く、かわいそうでした。

そんな中でも、同じ奴隷の男の子とのやり取りは、少しホッコリ出来て良かったです。

虐げられ、辛い毎日を送っていても思いやりの心を忘れず生きる姿に胸を打たれます。

ラスト、運命が大きく変わる予感がしましたね!

次の展開が楽しみです。

今まで、希望もなく生きてきたと思うので、ここからは、是非幸せになってほしいです。

漫画で読むとより臨場感が味わえるので、ネタバレ文章を読んだら、その後はぜひ絵付きで読んでみてくださいね。

ピッコマ
公式ページへ

※第4話以降は23時間ごとに
1話ずつ読めます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA