漫画ネタバレ

カモナ マイハウス!【13話】『大切にしたいもの』ネタバレ感想!樹に追い返された陽向は大橋と会う!

こんにちは、まんがMAP管理人のセシルです。

今回は、別冊フレンド2020年12月号に掲載中の作品『カモナ マイハウス!』13話のネタバレ感想を紹介していきます。

無料で試し読みしたい方は、登録なしで気軽に読めるまんが王国がおすすめです!

まんが王国の公式ページへ

※『カモナ』と検索してね。

カモナ マイハウス!【13話】『大切にしたいもの』のネタバレ

追い返される陽向

樹の家の玄関前で、「泊めてください」と頼んだ陽向。

「意味わかってんのか?」と言う樹は、まっすぐな瞳で陽向を見ていた。

陽向はちょっと頬を染めて、ぎゅっと目をつぶり、

「いっくんだったら・・・」と呟く。

そして陽向は、樹の胸に顔を寄せるのだった。

でも樹は、そういった意味で言ったのではなかった。

「馬鹿かお前は」と樹に言われて、ちょっと困惑する陽向。

樹は、今の状況を冷静に分析して話す。

今、樹が自分の家に陽向を入れたら、確実に陽向の母親に通報されてしまう。

そしたらテレビなどで放送されてしまい、樹はクビになってしまう。

世間から偏見を持たれている業界だし、最悪の場合はレジェゴまで終わるかもしれない。

そんなわけで、樹は自分の家に陽向を入れるわけにはいかないのだった。

「わかったら帰れ」と言う樹に、それでも食いさがる陽向。

「守ってくれるって言ったよね」

「勘違いすんな」と樹。

「お前には帰る場所があって、心配してくれる親もいる。そんな状況で俺がお前を迎えてやることが、守ることなのか?」

陽向は黙り込み、母が自分を心配してくれる言葉を思い出した。

「俺じゃなかったら、とっくに食われてたぞ」という樹。

帰ろうとする陽向を、樹が送ろうとするが、陽向はその手を跳ね除けた。

陽向は涙を浮かべ、「そうやって、期待煽って」と呟く。

「望んでないなら、優しみ出さないでよ。馬鹿」

走って飛び出していった陽向の背中を、ただ見つめるだけの樹。

サンダルだったため、追いかけることもできなかったのだ。

すぐに玄関に戻り、靴を替えて出てきた。

自分のことを、馬鹿野郎が、と思いながら。

大橋に会う

夜道をとぼとぼ歩く、陽向。

追い返されるのは想定内だったし、というよりむしろ予想的中って感じだった。

結局自分だけが子供ってことにも気づいていた。

それでも少しは期待していただけに、涙が溢れてしまう。

目元をこすりながら歩いていたためか、人にぶつかってしまった。

相手は偶然にも大橋だった。

大橋はちょうど、親のお使いで買い物に出ているところだったらしい。

お好み焼きを作ってた大橋の家は、青のりを切らしてしまったらしい。

「永月こそ何してんの?」と聞かれ、ちょっと答えに困った陽向。

「いろいろ行くとこあって」とごまかしたが、お腹の虫は正直だった。

ぐうとなったのを聞かれて、顔を真っ赤に染めてしまう。

正直に、晩御飯前に家出したことを伝える陽向。

うーー、恥ずかしい、相手が大橋ってとこが余計に・・・

とか思ってると、大橋はぶはっと笑い、色気ねえと前置きしてからこう言ってくれた。

「うち、お好み焼きのときは食べきれないほど大量に作るんだけど、来るか?」

そんな会話を、樹は電柱に隠れて聞いているのだった。

陽向の母

樹の家に、陽向の母がやってきた。

「お待ちしてました」と樹。

家にはいないことを伝えても、すぐには納得しない母。

でも樹が、何か入って調べてもいいですよ、と言うと、さすがにそこまでせずに理解してくれた。

樹は、陽向なら今、同じクラスの大橋と一緒にいると思います、と伝えた。

「さっきその2人が会ってるの見かけたんで」

すぐさま陽向のスマホを見る母。

大橋、という名前は入っていた。

樹は頭を下げ、「誤解を与えるようなことをしてしまって申し訳ありません。反省してます」と詫びた。

樹が大手に勤めていることを知っている母は、そのことを尋ねてきた。

樹は、こう答える。

「責任とか大切にしたいものとかたくさんあるんで、娘さんに悪いことなんて絶対できません。その点は安心してください」

すると母は、こう解釈した。

「つまり娘のことより、地位と名誉の方が大事ってことね?」

ざっくりした言い方にちょっと引き気味の樹だが、端的に言えばそうですね、と認めた。

「清々しいわね、変な綺麗ごと並べられるよりずっと信用できるわ」と母。

そのあと母が、娘が迷惑ばかりかけてごめんなさいねと謝ってきた。

「大迷惑でした」と冗談めかして言う樹。

母は、陽向がこの家にこだわる理由も知ってる、と言う。

父親が亡くなって、しばらくは情緒不安定で泣き続けた陽向。

夜には泣いて起きてきて、母にしがみつくこともしょっちゅうあったという。

そして母は、陽向に樹のことを悪く言ったと打ち明ける。

そして陽向は、お母さんでも許さない、と言って飛び出した。

「あなたなのかしら、私が待ってた人って」

「どういう(意味です)・・・」と言いかけた樹を遮り、

「こっちの話」と母。

母は樹に名刺を手渡し、陽向が来たら連絡してくれるようにと言い残して去ろうとした。

その背中に声をかける樹。

「1つ、頼みたいことがあるんですけど」

カモナ マイハウス!【13話】『大切にしたいもの』の感想

夜道を歩いて樹の家までやってきた陽向。

でもあっさり追い返されて、しょんぼりと夜の道を引き返します。

陽向の気持ちもわかりますが、樹の言い分ももっともなんですよね。

その後樹は、ちゃんと陽向を追いかけて、でも大橋と陽向があってるの見て引き下がります。

このことが後にどうつながってくるのか、気になるところですよね。

そして最後に、樹は陽向の母親に何かを頼もうとします。

ちょっと切羽詰まった表情なので、頼みにくいことを言うのかも?

漫画で読むとより臨場感が味わえるので、ネタバレ文章を読んだら、その後はぜひ絵付きで読んでみてくださいね。

まんが王国の公式ページへ

※『カモナ』と検索してね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です