漫画ネタバレ

チェンソーマン【93話】『君と糞映画』ネタバレ感想!マキマとの会話で戦う覚悟を決めたデンジ!

こんにちは、まんがMAP管理人のセシルです。

今回は、『チェンソーマン』93話のネタバレ感想を紹介していきます。

無料で試し読みしたい方は、登録なしで気軽に読めるまんが王国がおすすめです!

まんが王国の公式ページへ

※『チェンソーマン』と検索してね。

チェンソーマン【93話】『君と糞映画』のネタバレ

チェンソーマンになりたい

テレビを見ているデンジは、画面の中の女性たちが皆、自分のことを褒めてくれているのを知って喜んでいた。

『チェーンソーマンTシャツ』なんかも販売されているようだ。

レポーターにマイクを差し出された女子高生の『まみ』は、チェーンソーマン付き合って、というメッセージまで出してくれた。

「すげえモテてる〜〜〜〜」と、涙まで流して喜ぶデンジ。

コベニは部屋の片隅でぽつねんと座ったまま、テレビにかじりつくデンジを見ていた。

いっぽう、ソファに腰掛けている岸辺は「うるさい」とポツリ。

デンジは本音を吐き出す。

「オレ、実はホントは、ジャム塗ったパンなんかもう飽きてんだ。毎朝、ステーキとか食いてえ」

さらに、床に頭をつけて岸辺に土下座するみたいな格好になって、

「彼女とかも、ホントは5人、いや10人くらい欲しい! たくさんセッ○スしたいぃぃ」

黙って聞いている、岸辺とコベニ。

頭を上げたデンジは、涙ながらに訴える。

「だから・・・チェンソーマンになりたい」

岸辺は一呼吸置いたあと、

「目立てばマキマにやられる。アイツは耳がいいからな。次、チェンソーマンになるときゃ、マキマにやられるときだ」

マキマが好き

夜も更けて、コベニも岸辺も眠りについた頃。

デンジはまだ起きていて、うすらぼんやりとした目でテレビを見ていた。

画面には、チェンソーマンになった自分の姿が映し出されている。

ちょっと表情をしかめながら、こんなことを思うのだった。

やっぱ、チェンソーマンになりたい。

そのため、どうすればマキマさん倒せるんだろ・・・

チェーンソー振り回して勝てる相手なんかじゃない

今まで見てきて、何か違和感があったはずなんだ

クソみたいなアタマ振り絞って考えろ

でもやはり、思い浮かぶのはマキマのやさしい表情ばかり。

笑ってる顔とか、ちょっと考え事してる顔とか、まっすぐこっちを見てる顔とか、口や鼻から血を流してる顔とか。

あんな目にあってもまだマキマのことが好きな自分に、最悪だ、と思ってしまうのだった。

マキマが仲間を連れてやってきた

青い空の下、十字架がたくさんたつお墓で待っていたデンジ。

すでにチェンソーマンの姿に変身している。

そこにマキマが、たくさんの部下を引き連れてやってきた。

部下たちは一様に、スーツやYシャツのようなフォーマルな姿をしている。

「弱弱しい姿ね。死ににきてくれたの?」とマキマ。

「あんたの目指す最高に良い世界には、糞映画はあるのかい?」と聞くデンジ。

マキマは表情を硬くして、「なんでデンジ君に戻ってるの?」

一瞬、互いの間に沈黙が走る。

「つまんない映画はなくすべきと思います」とマキマ。

「じゃ、殺すしかねえな」とデンジ。

「その姿も話の内容も、チェンソーマンに相応しくないです。不愉快です」

十字架の上に止まっていたカラスが、一斉に飛び立った。

マキマが匹連れてきた部下たちが、その姿を悪魔に変身させていた。

チェンソーマン【93話】『君と糞映画』の感想

チェンソーマンになりたい、という思いを抑えられず、マキマをチェンソーマンの姿で待っていたデンジ。

でも中身がデンジだったことに、マキマはご立腹の様子です。

まるで無表情のまま淡々と話すマキマに対して、チェンソーマンのデンジは表情がわかりません。

もしかしたら、心の中では悲しんでいるのかもれませんし、怒ってるのかもしれませんし、泣いているのかもしれません。

最後にはチェンソーマンの拳が握り締められる様子が描かれていますが、それはやはり、覚悟を決めた証なのかも!

漫画で読むとより臨場感が味わえるので、ネタバレ文章を読んだら、その後はぜひ絵付きで読んでみてくださいね。

まんが王国の公式ページへ

※『チェンソーマン』と検索してね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です