漫画ネタバレ

カップルバスター【1話】『接触』ネタバレ感想!瑞樹を探る天月!

こんにちは、まんがMAP管理人のセシルです。

今回は、『カップルバスター』1話『接触』のネタバレ感想を紹介していきます。

無料で試し読みしたい方は、登録なしで気軽に読めるまんが王国がおすすめです!

まんが王国
公式ページへ

※『カップルバスター』と検索してね。

カップルバスター【第1話】『接触』ネタバレ

依頼

総合探偵社PARに勤める女性『天月』。

彼女は、上司である『鳴沢』からの指示で、ある女性に接近するように言われる。

その案件の依頼人は女性で、不倫をしている旦那と愛人を別れさせてほしいとのことだった。

天月が接近しなければならない女性とは、その愛人だ。

鳴沢は、『悩めるリップ』というハンドルネームで、SNS上でその女性と会うアポイントを取り付けるところまで行っている。

相手の女性のハンドルネームは『キャット』、本名は『瑞樹』だった。

翌日、指示通り喫茶店にやってきた天月。

しばらく待っていると、そこにキャットが現れた。

SNS上では旦那とラブラブな様子を載せており、到底略奪をするような人に見えない。

今回は、天月がキャットに恋愛相談をしたいということで、直接会って話すという流れになっている。

大人しそうな見た目に反して、瑞樹は天月に対して上から目線の発言をしたり、ウェイターの悪口を言ったりと、散々な性格だった。

天月はペースを乱されぬように、上手く依頼人との仲について探っていく。

作戦

瑞樹とその男性(依頼者の夫)は、あちらからのナンパで出会い、趣味も体の相性も抜群によく、付き合い始めることになったと言う。

天月は聞き役に徹して、どんどん質問を重ねていく。

完全に天月のペースに乗せられた瑞樹は、その男性が既婚者であることも簡単に話した。

しかし瑞樹に悪気はなく、むしろ被害者意識すら持っている。

天月が「つらい恋をしているんだね」と声をかけると、瑞樹は完全に落ち、心を許し始めた。

そして自分の話を聞いてくれる天月に「また会おう」とまで言うのだった。

ここまで情報を仕入れた天月は、事務所に戻り、鳴沢に進捗報告をした。

天月がいい情報を仕入れてきていることに満足な鳴沢。

しかし、「焦らずに進めるように」と注意を促す。

後日、再度会うことになった天月と瑞樹は、居酒屋で待ち合わせをしていた。

少し遅れてやってきた天月は、瑞樹に「実はもうひとり友達を誘った」と伝える。

最初は渋っていた瑞樹も、天月の提案を受け入れ、3人で飲むことを許可した。

するとそこに、天月が用意した「友達役」の男性『拓海』がやってくる。

整った容姿の持ち主である拓海を見て、瑞樹は思わず胸を高鳴らせるのだった。

カップルバスター【第1話】『接触』感想・考察

『カップルバスター』というタイトルからして、別れさせてお仕舞いって感じのベタなテーマかと思ってました。

でも実際読んでみると、どの話も最後はスカッとする展開になるので、読後感が爽快なんですよね。

絵もきれいでサクサク読み進められるし、何よりストーリーが秀逸です。

いきなり始まった作戦についていくのも必死になるほど、テンポがいいお話なんですよ!

探偵事務所に勤める天月が、依頼人の要望を叶えるために復讐劇を果たしていくというストーリー。

早速1話目にして、愛人の瑞樹が厄介者ですね!

しかしさすが探偵の天月、そんな瑞樹の心にも簡単に入り込んでいきます。

最後に登場した拓海がどんな役割を果たすのか?というのも、かなり気になります。

しかも瑞樹も、天月が思った通りのリアクションばかりとるので、何だか瑞樹が可愛らしく思えるほどでしたね。

天月は無事に依頼人の復讐を果たすことができるのか?

人間の機微を逆手にとってどう解決するか、探偵たちの腕の見せどころに引き込まれますよ〜!

漫画で読むとより臨場感が味わえるので、ネタバレ文章を読んだら、その後はぜひ絵付きで読んでみてくださいね。

まんが王国
公式ページへ

※『カップルバスター』と検索してね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です