漫画ネタバレ

ゴッド オブ ブラックフィールド【20話】ネタバレ感想!シャフランとの交渉に臨む恭弥!

こんにちは、まんがMAP管理人のセシルです。

今回は、漫画アプリ「ピッコマ」のオリジナル漫画、「ゴッド オブ ブラックフィールド」20話のネタバレ感想を紹介していきます。

3話までなら、ピッコマ公式ページあるいはアプリで今すぐ無料で読めます!

4話もすぐに「待てば0円」で読めますので、実際に待って読むのは5話以降です。

ピッコマの公式ページへ

※4話以降は24時間ごとに1話ずつ読めます。
※4話以降はアカウント登録orアプリのダウンロードが必要です。

第19話のネタバレは、以下をどうぞ!

ゴッド オブ ブラックフィールド【19話】ネタバレ感想!父の仕事に同行した恭弥がシャフランと再会!こんにちは、まんがMAP管理人のセシルです。 今回は、漫画アプリ「ピッコマ」のオリジナル漫画、「ゴッド オブ ブラックフィールド」...

ゴッド オブ ブラックフィールド【20話】のネタバレ

シャフランとスミセン

父と握手するシャフラン。

その後方には、日本女性をナンパするスミセンの姿があった。

シャフランから注意を受けてやってきたスミセンを見て、恭弥はさらに驚く。

父が相手に恭弥を紹介すると、シャフランは恭弥の発音に聞き覚えがあると言う。

今度はシャフランがスミセンを、アジアの営業担当理事と紹介した。

女好き理事だろ、と心で呟く恭弥。

席に移動して交渉スタート

父が席に座り、恭弥はその後ろに立っている。

ほかに3名、父の会社の社員が交渉の場についていた。

向かい側には、シャフランとスミセンが並んで座っている。

注文を聞きにきたウェイターに、色目をつかうスミセン。

それを鋭い目で嗜めるシャフラン。

まずはシャフランが、恭弥の名前について、よくある名なのかと尋ねてきた。

「珍しい名前じゃありません」とフランス語で答える恭弥。「(同じ名前の)お知り合いでも?」

「親しみを感じる名前でね」というシャフランに対し、

「私もお二人の名前に聞き覚えを感じてたところです」と恭弥は返した。

運ばれてきたドリンクを飲みながら、シャフランはフランス語で交渉を始めた。

まずは父から、独占契約の条件になっている500台を緩和するようお願いした。

シャフランはあっさりと、契約通り50台を購入いただいて、それを流通してOKと言ってきた。

「清水モータースにも同じ条件で販売します。会社同士で競争を行えは、皆にとってプラスになるでしょう」

人の神経を逆撫でするシャフランの口調を聞き、恭弥はいかにもシャフランらしいと感じていた。

父は、50台の残金を支払えば、シープのメンテナンス独占権をいただけるという、契約書の話をする。

シャフランは、3つの条件が整っているなら独占権を認める、と言ってきた。

条件とは、規定に沿った施設、常備が必要な部品、そして人材の3つだ。

「本当ですか」と表情を明るくする父。

でもシャフランは、独占権は父の会社が購入した車にだけ有効だと言う。

清水モータースは同じ条件で前向きな返事をくれた、とも。

あまりにも不当なやりとりに、部下の1人がシャフランに食ってかかった。

法的手段に訴えると。

でも恭弥は、シャフランには法的手段は通じないと思っていた。

実際にシャフランは、その言葉は社の意見と認識する、と言って立ち上がった。

宣戦布告を受けて立つ、と言わんばかりに、背中を向けて去ろうとする。

その背中に声をかけたのが恭弥だった。

1週間と一晩だけ時間をください、と。

でもシャフランにしてみれば、決定権のない恭弥の言葉じゃ交渉にはならない。

恭弥が父に目配せすると、父は「何か良い手ががあるのか?」と聞いてきた。

「今はありません」と正直に答える恭弥。

社員たちは、1週間で何もできなければ反論できなくなる、と言って反対する。

この場は謝罪し、再交渉したほうが良い、と。

シャフランの人柄を知っている恭弥は、日本語で声を張り上げた。

「下手に出れば、もっとつけあがりますよ」

父は頭を抱え、少々考え込んだが、最終的にはこう通訳させた。

「恭弥の言葉を私の言葉とし、恭弥の決定を私の決定とする」

シャフランは、1週間で500台処理できなければ、メンテナンスの件も諦める、という条件を確認してくる。

「心配ご無用です」と恭弥は答えた。

「ところで」とシャフランは聞いてきた。「さっきの一晩とはどう言った意味です?」

「今にわかります」と恭弥は不適な笑みを浮かべた。

シャフランは、恭弥は自分の知り合いとよく似ている、と言ってきた。

そんなことより、恭弥は今の条件でOKなのかを確認する。

「いいでしょう」とシャフランは答え、一晩とはいつなのかを確認してきた。

「追って連絡します」
余裕を持って連絡してください、と言うシャフランは、恭弥とがっしり握手した。

相手が本当にシャフランとスミセンであるのなら、恭弥には勝算があるのだった。

ゴッド オブ ブラックフィールド【20話】の感想

シャフラン相手に、威勢よく切符を切る恭弥。

社員たちはため息をついちゃってますが、恭弥には十分な勝算があるようです。

この後の展開で、どうやってシャフランを懲らしめるのか、見どころになりそうですね。

漫画で読むとより臨場感が味わえるので、ネタバレ文章を読んだら、その後はぜひ絵付きで読んでみてくださいね。

ピッコマの公式ページへ

※4話以降は24時間ごとに1話ずつ読めます。
※4話以降はアカウント登録orアプリのダウンロードが必要です。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です