当サイトにはプロモーションが含まれています。

漫画ネタバレ

ゴッド オブ ブラックフィールド【208話】ネタバレ感想!足場を固める清水グループ!

こんにちは、まんがMAP管理人のセシルです。

今回は、漫画アプリ『ピッコマ』のオリジナル漫画、『ゴッド オブ ブラックフィールド』208話のネタバレ感想を紹介していきます。

第207話のネタバレは、以下をどうぞ!

ゴッド オブ ブラックフィールド【207話】ネタバレ感想!政府の人間にも悪者がいる!こんにちは、まんがMAP管理人のセシルです。 今回は、漫画アプリ『ピッコマ』のオリジナル漫画、『ゴッド オブ ブラックフィールド』...

ゴッド オブ ブラックフィールド【208話】のネタバレ

清水建設の快挙

清水建設(周防が会長を務める会社)が中東に進出し、超大型の事業を請け負った、という報道が流れた。

周防は、家族を亡くした悲しみを乗り越え、中東ブームを牽引した人物として、もてはやされる。

そんなニュースを苦い目で見ている、ダエル。

嘘っぱちばかりで、うんざりしているのだ。

一緒に食事中の恭弥は、黒川に尋ねた。

「周防はともかく、事業の成功は国にとってプラスじゃないんですか?」

しかし黒川は、そのために何か裏取引があった、と見ていた。

「ユニコーンの国内事業も、清水グループが独占しようとするはず。となると、終着地は日本じゃなく、韓国になります」

もし清水グループが海外企業に買収されたら、潰すどころか、監視すら難しくなる、とも。

そこでダエルが口を挟んだ。

「難しく考えなくても、さっさと周防をぶっ殺しゃいいんすよ」

恭弥もその意見に同意したが、黒川はあくまでも冷静だった。

仮に暗殺に成功しても、野党が政権交代を訴え出てくるのは必須。

そんな状況では、手も足も出せない、と。

恭弥はあくまでも、自分の意見を押し通そうとする。

「オレは何をしても、刑事責任には問われないんですよね? オレが周防を始末し、家族と一緒にフランスに、ってのはどうです?」

しかし黒川は冷静に、恭弥の意見を宥めるばかり。

失望しました、と言う恭弥に、黒川はまた別の角度から意見を述べた。

暗殺という最終手段は、日本にもある。

しかし、政権維持のために実行するものじゃない。

「政府は、国民と国家が発展するためにあるのです」

その意見を聞いた恭弥は、黒川がモンゴルで拷問されたことを思い出す。

何一つ口を割らず、徹底的に機密を守り抜いた人物だってことを。

そして恭弥は、「言いすぎました」と反省を口にした。

姫野からの頼み

別の店に移動した、恭弥とダエル。

姫野からの電話で、会って相談したい、とのこと。

ダエルは気遣ってその場を去り、恭弥はやって来た姫野の話を聞く。

「学祭のことでね」

ゴッド オブ ブラックフィールド【208話】の感想

猪突猛進タイプの恭弥とダエルは、さっさと周防をやっちまいましょう、って意見が根底にあります。

いっぽうの黒川は、内閣の人間だけあって、あくまでも冷静な対応を取ろうとします。

国民のため、日本という国のため、今は周防に手を出す時じゃない、と。

政府が手をこまねいていると思った恭弥は、「ガッカリです」とまで口にします。

でも、黒川がひどい拷問にも耐えた人物であることを思い出し、意見を変えます。

戦闘経験豊富な恭弥だからこそ、拷問の辛さは身に沁みているのでしょう。

周防との本格的なバトルは、もう少し先の話になりそうですね。

その後、姫野が恭弥に相談を持ちかけてきます。

学祭について、です。

国を動かすレベルの問題に直面しているだけあって、恭弥はちょっと拍子抜けします。

でも結局は、姫野がもってきた問題にも対応するのでしょう。

ちょっとした喧嘩くらいは、勃発しそうな予感がします。

恭弥のことだから、きっと拳で解決しちゃうんでしょうねw

漫画で読むとより臨場感が味わえるので、ネタバレ文章を読んだら、その後はぜひ絵付きで読んでみてくださいね。

ピッコマ
公式ページへ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。