漫画ネタバレ

ゴッド オブ ブラックフィールド【45話】ネタバレ感想!恭弥の凄さを見抜く京極堅志郎!

こんにちは、まんがMAP管理人のセシルです。

今回は、漫画アプリ「ピッコマ」のオリジナル漫画、「ゴッド オブ ブラックフィールド」45話のネタバレ感想を紹介していきます。

3話までなら、ピッコマ公式ページあるいはアプリで今すぐ無料で読めます!

4話もすぐに「待てば0円」で読めますので、実際に待って読むのは5話以降です。

ピッコマの公式ページへ

※4話以降は24時間ごとに1話ずつ読めます。
※4話以降はアカウント登録orアプリのダウンロードが必要です。

第44話のネタバレは、以下をどうぞ!

ゴッド オブ ブラックフィールド【44話】ネタバレ感想!脅迫メッセージの送り主は山本組?こんにちは、まんがMAP管理人のセシルです。 今回は、漫画アプリ「ピッコマ」のオリジナル漫画、「ゴッド オブ ブラックフィールド」...

ゴッド オブ ブラックフィールド【45話】のネタバレ

神代と情報交換する

神代は、五十嵐はその辺の組員にやられたのではなく、まるで暗殺者にやられたようだ、という。

恭弥にも身の危険が迫っていると察している神代は、「お前のところにもウチの連中をやる。たまには素直に好意に甘えろ」と言ってきた。

「わかったよ」と恭弥。

そして今度は、恭弥からも情報を話し出した。

実は今、恭弥の周りの人たちに脅迫メッセージが送られていること。

どうやら恭弥がホテルで失くしたスマホを誰かが拾い、その拾ったやつがおそらく脅迫メッセージを送っていること。

「詳しく話せ」という神代に、恭弥は話した。

相手は山本組で間違いないと見た神代は、俺らの仕事だから手を出すな、と言ってきた。

電話を切った後、恭弥は考えた。

五十嵐をやったのも、脅迫メッセージも、山本組の可能性はある。

しかし、まったく別の犯人がいる可能性もある。

だから恭弥は、山本組を攻めることより、周りの人を守ることを決意するのだった。

脅迫メッセージは続く

業者が運動部の改装にきていた。

大金を得たダエルが自腹で払い、運動器具を整えることにしたのだ。

ダエルは脅迫メッセージに関しても調べていたようで、経過を話してくれた。

犯人はどうやら、海外から専用ソフトを使って送信しているらしい。

仮に犯人が国内にいる山本組だとしても、同じ手口でやれるそうだ。

逮捕までには時間がかかるが、脅迫メッセージはもう送られて来ないように警察が処理してくれた、とダエルは言う。

しかしそのタイミングで、ダエルのスマホにまた脅迫メッセージが届いた。

「もう送られて来ないんじゃなかったのかよ?」と不満を口にするダエル。

どうやったかはわからないが、せこい手を使ったのだろうと判断した。

ダエルからメシに誘われた恭弥は、「ちょっと約束があってな」と断った。

京極堅志郎と会う

警護サービスのオフィスで、京極社長と対面する恭弥。

京極の隣には、もう1人の人物もいた。

2人ともかなりがっしりした体格で、警護のプロという雰囲気が漂っていた。

見せかけだけの警備会社じゃないな、と思って、恭弥は少し安心していた。

状況はおおむね聞いているとう京極は、脅迫メッセージのほかに何かあるかと質問してきた。

「まだ何も」と恭弥。

でも京極にしてみれば、怪しいメッセージのためだけに高額な料金を払うはずがないと思っていた。

警護を受ける人たちの安全のためにもと、心当たりを恭弥に聞いてくる。

恭弥が口を結んでいると、信頼を得るためか、京極はこれまでの実績を語ってくれた。

総理の警護をしたことや、国家機密を知っていること、これまで問題を起こした過去などないことも。

すると恭弥は正直に、暴力団が関わっているかもしれない、と伝えた。

京極は、先手を打つという手もあるというが、恭弥は警護だけを願い出た。

ここで京極の隣にいた岩田が、軽い言葉で口を挟んできた。

全国の暴力団でもうちの社長には頭が上がらない、だから先手をうって解決しましょうよ、と。

恭弥が怒りの表情で岩田を睨む。

すぐさま京極社長が、「失礼だぞ」と岩田を嗜めてその場はおさまった。

サインする恭弥に、条件通り警護対象者には気づかれないように守るのでご心配なく、と伝える京極。

恭弥は、とくに須賀先生には絶対にバレないようにと念を押した。

プライドが高い人なので、と。

契約が完了して恭弥が去ると、岩田は「金があるからって生意気な」と口にした。

すると京極は、岩田がこの道8年のキャリアがあることを確認した後、恭弥のすごさについて語るのだった。

「君には分からないのか? 彼は間違いなく、何度も生死の境を経験し、多くの人をあの世に送っている。若い頃の非武装王と同じように」

ラノックからのTEL

自宅に戻り、部屋で脅迫メッセージについて考える恭弥。

そこへ、不審な番号から電話がかけられてきた。

相手はラノックだった。

盗聴を防ぐために情報局の番号で掛けたという。

今から会えるか、顔を見て話したい、というラノックに、電話でも話せますよね? と返す恭弥。

明日は学校のテストだから、と。

でもラノックが「シャフランはまだ生きている」と言うと、恭弥はすぐに待ち合わせのホテルに行くと伝えるのだった。

ゴッド オブ ブラックフィールド【45話】の感想

今回は、京極堅志郎という人物が姿を現しました。

恭弥がどれほどの修羅場をくぐっているか、京極は見抜きます。

京極もまた、すごい人物なんでしょうね。

後半では、恭弥はシャフランが生きているという知らせを受けます。

脅迫メッセージとの関係があるのかはまだ不明ですが、恭弥にとって厄介な存在であるのは間違いないでしょう。

ラノックにとっても厄介な存在のはずです。

シャフランの生存が、この後の展開にどんな意味をもたらすのか?

シャフランはまた、恭弥の前に大きな脅威となって立ちはだかりそうですね。

第46話のネタバレは、以下をどうぞ!

ゴッド オブ ブラックフィールド【46話】ネタバレ感想!シャフラン退治のためラノックと手を組む!こんにちは、まんがMAP管理人のセシルです。 今回は、漫画アプリ「ピッコマ」のオリジナル漫画、「ゴッド オブ ブラックフィールド」...

漫画で読むとより臨場感が味わえるので、ネタバレ文章を読んだら、その後はぜひ絵付きで読んでみてくださいね。

ピッコマの公式ページへ

※4話以降は24時間ごとに1話ずつ読めます。
※4話以降はアカウント登録orアプリのダウンロードが必要です。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です