漫画ネタバレ

ゴッド オブ ブラックフィールド【72話】ネタバレ感想!本格的な訓練へ!

こんにちは、まんがMAP管理人のセシルです。

今回は、漫画アプリ『ピッコマ』のオリジナル漫画、『ゴッド オブ ブラックフィールド』72話のネタバレ感想を紹介していきます。

3話までなら、ピッコマ公式ページあるいはアプリで今すぐ無料で読めます!

4話もすぐに『待てば0円』で読めますので、実際に待って読むのは5話以降です。

ピッコマ
公式ページへ

※4話以降は
23時間ごとに1話ずつ読めます。

第71話のネタバレは、以下をどうぞ!

ゴッド オブ ブラックフィールド【71話】ネタバレ感想!ランニング勝負!こんにちは、まんがMAP管理人のセシルです。 今回は、漫画アプリ『ピッコマ』のオリジナル漫画、『ゴッド オブ ブラックフィールド』...

ゴッド オブ ブラックフィールド【72話】のネタバレ

ウォーミングアップは終わり

校庭で一休みする面々。

その間、恭弥は生徒に命じ、運動部の部室から青いマットを持って来させた。

合計8枚のマットが並べられ、簡易的な青空道場みたいなものができあがった。

「それじゃ、本格的にいきましょうか」と恭弥。

ランニングはあくまでも準備体操だったと言う。

「先生、お願いします」と恭弥に言われたダエル。

ダエルが出て、こんな発言をした。

「軽く2人くらい相手しよう」

舐めた発言を聞いて、5人の男たちは内心メラメラ。

2人がダエルと退治して、煮えたぎった怒りを表情に浮かべる。

ダエルに対峙する2人を見て、恭弥が割って入った。

「なんだその顔は?」

ため口を聞かれ、さらに怒りを募らせる2人。

「やりたくねえならやらなくていいんだぞ」

恭弥の態度を受け、2人は怒りを言葉に込めた。

「ガキが、調子に乗りやがって。礼儀がなってねえな」

恭弥は怯まない。

自分が教官であること、社長に頼まれてること。

それらを引き合いに出しながら、宣言する。

「オマエらの気分を気遣いながら訓練するつもりなどない」

2人はさらに怒りを募らせた。

恭弥は気にせず、提案する。

「タイマン張って、オマエらがオレに指一本でも触れることができたら、敬語を使って訓練も終わりにしてやる」

男たちが京極社長に目を向けると、軽い感じでOKの合図が出た。

ということで、男たちも遠慮なくかかってくる気になった。

「いっとくが、俺は県大会で2位の空手選手だ」

そう言いながら、構える男。

恭弥は軽く、指で挑発する。

男は先手で蹴りを放ってきたが、恭弥は軽く避けた。

スピードはそこそこだが、まだまだスポーツの域を出ない蹴りだった。

まずは相手の足を狙って体勢を崩させ、胴体に連打。

顎に下から掌を打ちつけ、最後は前蹴りで場外へ。

腹を痛めて、もだえる男。

「殺らなきゃ殺られる。それが戦場だ。オレが教えるのは、そこで生き残る戦闘術だ。ルールで守られたスポーツとは違う」

「戦場に出たこともないガキが」と、もう1人の男。

恭弥は、どうせ信じないからと、自分の説明はしなかった。

そして残り4人を、まとめて相手すると宣言した。

休んでいた3人は、社長に目を向ける。

「殺さない程度にな」と京極。

すると、意気揚々と3人が出てきた。

京極にしてみれば、恭弥に言ったのだが、3人は勘違いしたらしい。

4対1

マットの上で、4人に囲まれた恭弥。

左後ろの男がかかってきたが、軽く一撃を顎にヒットさせ、さらに胴体に膝蹴りを見舞った。

また後ろから別の1人が向かってきたが、右足の蹴りで対応。

その反動で、目の前にいる男にもう一発膝蹴りを見舞う。

後ろにいる男には、右手の裏拳をヒットさせた。

3人目の男が繰り出してきた左の拳を、冷静な動体視力で見極め、無駄なく回避。

右の拳で蓮撃を放ち、3人目も軽くノックアウトした。

残った1人は、ビビって社長に目を向けた。

恭弥は言う。

「今オレに向かってこれないなら、オマエは一生敵と戦えない。やられるのが怖いなら、こんな仕事はさっさと辞めろ」

発破を掛けられた男は、なんとか気力を振り絞って右手を繰り出してきた。

恭弥はそれを軽くあしらい、その右腕を自分の肩に掛けて、ボキッ!

恭弥はその男を見下ろし、厳しい言葉を浴びせる。

「戦ってやられる仲間の姿を、オマエはただ見ていた。実践で、オマエなんかに背中を任せたらどうなる?」

京極が出てきて、食事にすることになった。

すでに、救急車の手配までしてくれたそうだ。

ミシェルからの連絡

1人は救急車で運ばれ、その後出前が届いた。

京極のおごりだ。

恭弥とダエルと京極、4人の男たち、4人の生徒の3グループに分かれての食事だ。

京極に、部下のことを聞かれた恭弥。

「使えそうなのは2人ですかね」

その言葉を耳にして、ちょっとどんよりする4人の男たち。

使える人間が半分と聞かされれば、これまで以上に訓練に励むことを、ダエルは理解していた。

ふと、恭弥のスマホがなった。

ミシェルからの連絡で、ドラマ制作を公式発表したとのこと。

でもいろいろ問題があるようで、記者たちから「このドラマ制作はデタラメ」と言われたそうだ。

さらに今、薫が何か騒いでいるらしい。

ゴッド オブ ブラックフィールド【72話】の感想

ランニングで軽く準備運動を済ませた後、本格的な訓練が始まりました。

恭弥はプロの傭兵であり、精鋭中の精鋭ですから、ちょっと空手ができるくらいの相手に負けるはずがありません。

4人がかりで負けてしまった男たちは、自分たちの実力のなさを思い知ったことでしょう。

最後には、ミシェルからの連絡がありました。

困り顔で相談してきたミシェルだけに、薫は相当なやんちゃをやらかしたようですね。

ドラマ制作は恭弥の専門分野ではないのですが、どうやって処理するのか、腕の見せどころですね。

第73話のネタバレは、以下をどうぞ!

ゴッド オブ ブラックフィールド【73話】ネタバレ感想!薫のクビを宣告する恭弥!こんにちは、まんがMAP管理人のセシルです。 今回は、漫画アプリ『ピッコマ』のオリジナル漫画、『ゴッド オブ ブラックフィールド』...

漫画で読むとより臨場感が味わえるので、ネタバレ文章を読んだら、その後はぜひ絵付きで読んでみてくださいね。

ピッコマ
公式ページへ

※4話以降は
23時間ごとに1話ずつ読めます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA