漫画ネタバレ

ゴッド オブ ブラックフィールド【78話】ネタバレ感想!敵の動向を予測する恭弥たち!

こんにちは、まんがMAP管理人のセシルです。

今回は、漫画アプリ『ピッコマ』のオリジナル漫画、『ゴッド オブ ブラックフィールド』78話のネタバレ感想を紹介していきます。

3話までなら、ピッコマ公式ページあるいはアプリで今すぐ無料で読めます!

4話もすぐに『待てば0円』で読めますので、実際に待って読むのは5話以降です。

ピッコマ
公式ページへ

※4話以降は
23時間ごとに1話ずつ読めます。

第77話のネタバレは、以下をどうぞ!

ゴッド オブ ブラックフィールド【77話】ネタバレ感想!児童養護施設で絵本の読み聞かせ!こんにちは、まんがMAP管理人のセシルです。 今回は、漫画アプリ『ピッコマ』のオリジナル漫画、『ゴッド オブ ブラックフィールド』...

ゴッド オブ ブラックフィールド【78話】のネタバレ

シャフランとの通話

シャフランから電話を受けた恭弥。

フランス語での会話を始めた。

「明日、香港にある銀行講座と暗証番号を教える。日本は規定が厳しい。これが月曜まで渡す唯一の方法だ」とシャフラン。

どうやら、スイスにあったお金は、香港に流れたようだ。

恭弥は了承し、「暗証番号を変更したら、時間と場所を教える」と伝えた。

シャフランは続ける。

「暗証番号を変更しても、1週間は送金できない。下手なことするな」

電話を切ると、恭弥はダエルに伝えた。

シャフランが金を用意できたらしい、ということを。

すぐさま恭弥は、ラノックに電話を入れた。

シャフランとの通話内容を伝えると、ラノックからの指示が伝えられた。

「口座と暗証番号を手に入れたら、すぐに教えてくれ」

恭弥は了解し、こう言った。

「明日にはシャフランに、大使のスケジュールを教えないといけません」

「わかってる。伝えていい」

電話を切ると、恭弥はダエルと話し始めた。

「水曜までに口座に入金した人物を見るければ、黒幕に近づけるだろう。それにしても、野球場ってのがな…」

不安を感じる恭弥は、京極にも相談することを決めた。

明日、学校で打ち合わせできないかメッセージを送ると、すぐにOKの返事が来た。

ダエルから、「ラノックを完全に信頼してはいないんですね?」と聞かれ、恭弥は答える。

「ラノックの身に何かあれあb、厄介なことになる。オレと会話した内容が漏れないよう、フランス側がオレを消しにくるかもしれない」

世の中に100%信頼できるやつなんて、そうはいねえ、と付け加えた。

「ですね」とダエル。「シャフランでさえ、かつては仲間だったんすから」

京極と打ち合わせ

翌日。

部室でトレーニングに励む、運動部の面々。

そこへ京極が、部下を連れてやってきた。

前に恭弥との勝負で腕を折られた男は、腕が治るまでは山で鍛えているそうだ。

「(その部下は)いい目をしてたぞ」と京極は言う。

ダエルは部員たちに、外で運動するよう伝えた。

京極と話すためだ。

京極の部下と運動部員たちが外でランニングをする間、恭弥たちは部室で話し始める。

これまでの経緯を京極に伝えた恭弥。

「フランスの大統領選挙で、ヨーロッパの勢力図が変わるか。この国の情報局も、ある程度知っているはず」

京極は、情報局に知り合いがいるが、その人物でも、ラノックの件に関わっていなければ詳しくは知らないだろう、という。

恭弥は自分の意見を述べた。

シャフランはラノックを処理したら、日本を離れるはず。

いっぽう、エレベーターで会った男に対し、ラノックがいささか安易に考えているようだ、とも。

「そんなことはないだろう」と京極。「フランス情報局は優秀だ。中国も介入してきてるのに、油断などしない」

「言われてみれば、確かに」と恭弥。

京極は、警護にはチーム間の協力が重要であることを説いた。

こちらの正体を明かさねば、フランスの要員がこちらを敵と見なすかもしれない、と。

「とりあえず野球場では、うちの部下を観客席と外側に配備しよう」

「それでラノックの命は守れますか?」と恭弥が尋ねた。

「銃さえなければ、暗殺は防げるだろう」

「相手が無理に銃を使ってきたら?」

「救える可能性は0に等しい」

「それなら、事前に球場の狙撃ポイントを見つけ、そこに警備員を配置すれば」

「そうすると、ラノック側が誤解するかもしれない」

京極は腕を組み、考え始めた。

銃が禁止されてる日本で、相手は本当に銃を使うのだろうか、と。

恭弥は意見を述べる。

「ヨーロッパ全体の勢力図が変わるほどのことです。銃を使ってでもラノックを消し、そのあとで事態を収拾するかと」

「一理あるな」と京極。

そして京極は、閃いたようにこう言った。

「首斬り屋が日本に来た理由は、そのためかもしれん。奴は、北朝鮮の特殊部隊を動員できるんだ」

中国でもフランスでも、ラノックを消せば外交問題になる。

だが、北朝鮮は違う。

失うものなど何もないからだ。

「シャフランは情報だけに20億も支払ったのだ。ラノックを消すのに、いくら支払う? そのくらいの大金は、外資不足の北朝鮮にとってはいいバイトになる」

フランス、中国に続いて、北朝鮮まで。

スケールの大きな問題だけに、銃が使われる可能性は無視できない。

「もしかすると、それ以上が出てくるやも…」と京極はつぶやいた。

ゴッド オブ ブラックフィールド【78話】の感想

フランスのトップ(ラノック)が動くことで、ヨーロッパの情勢に関わる大問題になりつつあります。

中国だけじゃなく、北朝鮮まで介入してくるようです。

しかも、首斬り屋を通じて、軍隊が動く可能性も!

京極が最後に言った「それ以上」とは、より大きな武器のことでしょうか?

バズーカとかグレネードランチャーみたいな、戦場で使う武器でしょうか?

舞台は野球場ですので、まさか戦車や戦闘機はないでしょうけど。

暗殺を目論む敵の動きから、ラノックをどうやって守るのか、先の展開からも目が離せませんね!

第79話のネタバレは、以下をどうぞ!

ゴッド オブ ブラックフィールド【79話】ネタバレ感想!姫野の仲間から集会参加のお願い!こんにちは、まんがMAP管理人のセシルです。 今回は、漫画アプリ『ピッコマ』のオリジナル漫画、『ゴッド オブ ブラックフィールド』...

漫画で読むとより臨場感が味わえるので、ネタバレ文章を読んだら、その後はぜひ絵付きで読んでみてくださいね。

ピッコマ
公式ページへ

※4話以降は
23時間ごとに1話ずつ読めます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です