漫画ネタバレ

ゴッド オブ ブラックフィールド【95話】ネタバレ感想!国賓訪問レベルのVIP待遇を受ける西夫妻!

こんにちは、まんがMAP管理人のセシルです。

今回は、漫画アプリ『ピッコマ』のオリジナル漫画、『ゴッド オブ ブラックフィールド』95話のネタバレ感想を紹介していきます。

第94話のネタバレは、以下をどうぞ!

ゴッド オブ ブラックフィールド【94話】ネタバレ感想!両親の同級生にリベンジ開始!こんにちは、まんがMAP管理人のセシルです。 今回は、漫画アプリ『ピッコマ』のオリジナル漫画、『ゴッド オブ ブラックフィールド』...

ゴッド オブ ブラックフィールド【95話】のネタバレ

国賓訪問モード

松田の無線によって、従業員全員に通達がなされた。

西様ご夫妻を、国賓訪問モードでもてなすようにと。

そのころ、恭弥の両親は、同席している4人の夫妻の前で、浮かない表情をしていた。

とりわけ2人の夫人が、恭弥の母に嫌がらせをしている雰囲気だ。

女性同士で話しながら、恭弥の母に話を振る。

「私の話、つまらない?」

「顔につまらないって書いてあるわよ」

恭弥の母は、「つい聞き入ってたのよ」と適当にごまかしてその場をやり過ごそうとした。

「さっき久美子が、旦那さんのシャツを汚したのが気に入らないの? 根に持つタイプなのね」

「弁償してあげるわよ。シャツ一枚くらいで、みっともないわね」

恭弥の母に嫌味を言った2人は、示し合わせたかのようにこう続ける。

「花恋にとっては高いシャツなのよ。私たちとは金銭感覚が違うんだから」

「そうよね」

クスクス、ホホホ、と下品な笑みを浮かべる夫人たち。

夫人の話を聞いている旦那2人も、ここで下卑た笑いに参加した。

ケラケラ、プハハハ、クスクス…

恭弥の父は、拳を握りしめ、表情をしかめてこの場を耐えていた。

そこへ松田登場。

「お楽しみ中、失礼いたします。西様ご夫妻でいらっしゃいますか?」

松田の身なりを見た2人の夫人は、明らかにホテルの上役だと見てとった。

松田はいきなり、西夫妻に頭を下げて詫びを入れる。

「当ホテルの総支配人、松田と申します。いらっしゃったことに気づかず、申し訳ございません」

さらに松田は、おもてなしが行き届いていなかったことに詫びを入れ、レストランの支配人を呼んで叱りつけた。

「国賓レベルのお客様は、丁重におもてなしするよう伝えてあるでしょう」

松田はレストランの支配人に対し、この叱りつけは演技であることを、めくばせして伝えていた。

「西様お夫妻にこんなおもてなしをするなんて、言語道断です。座席から料理まで、お2人に合わせて変更してください」

松田の意を読み取ったレストランの支配人は、頭を下げて詫びを入れ、即座に動き出す。

いっぽう、嫌味な2人の夫人は、西夫妻が国賓レベルと聞いて、驚きを隠せないでいた。

何もかもが超VIP待遇

別室に案内された6人。

テーブルも椅子も食器もゴージャスに整えられ、例の嫌味な4人もかなり驚いていた。

松田は、恭弥の父に、汚れたシャツの交換を申し出た。

おしぼりを持ってきれくれるのかな、と恭弥の父が思った次の瞬間。

恭弥の父の前には、とびっきり上物のシャツが何種類も、ハンガーラックにかけられて用意されていた。

「お好きなシャツをお選びください」という松田。

しかし恭弥の父は、「吹くだけで大丈夫ですから」と遠慮した。

松田は引き下がらない。

「VIPのお客様の品位をお守りすることも、我々の仕事です。ご遠慮なくお選びください」

それならと、恭弥の父は、今着ている水色のシャツと似た一着を申し込んだ。

父が着替えに向かう間、残された母の背中では、夫人2人が何やらひそひそ噂を始めていた。

父が戻り、母と並んで着席する。

突然のVIP待遇に、夫婦揃ってやや困惑気味の表情だ。

「お待たせいたしました」という声とともに、テーブルに並べられたのは、とんでもなくゴージャスな料理の数々。

ワインから肉料理まで、嫌味な4人も目を向くほどの最高級な逸品がずらり。

直後、すたすたと部屋に入ってきた4人の音楽隊が、バイオリンの演奏をし始めた。

部屋の中に、優雅な旋律が鳴り響く。

「ハイドンの弦楽四重奏曲第67番『ひばり』でございます」と、女性スタッフが曲を紹介する。

リクエストにも対応いたします、とも。

嫌味な夫人の1人が、「このホテルを買収したの?」と恭弥の母に尋ねた。

「人違いじゃないかしら」と、もう1人の夫人が言う。「花恋たちがVIPなわけないわ」

すると松田が、説明不足だったことを謝りながら、この待遇の理由を説明し始めた。

「お2人は恭弥様のご両親でいらっしゃいますよね?」

「はい、私たちの息子です」と母。

「恭弥様は、このホテルのほかに、我々の親会社のVIPでもあります。恭弥様のご両親をおもてなしするのは、当然のことなのです」

腑に落ちない嫌味な夫人は、「あなたの息子、何者なの?」と尋ねる。

「ただの高校生よ」と母。

「ただの高校生がVIPなわけないでしょ?」

そこへ、黒いスーツに身を包んだ恭弥が姿を現した。

すぐ後ろには、ミシェルの姿もある。

ゴッド オブ ブラックフィールド【95話】の感想

西夫妻に対し、あからさまに嫌味な態度をとってくる4人。

とくに2人の夫人は、恭弥の母を見下して、マウントを取ってきます。

そんな状況も、松田の登場によって一気に覆りました。

西夫妻を国賓レベルと見なし、最高級のもてなしを提供していきます。

4人はもちろん、恭弥の両親までビックリ!

息子がホテルのVIP待遇とは聞いていないので、無理もないですね。

次回、西夫妻にマウントをとった4人は、どんなふうに泡を吹くのでしょう?

第96話のネタバレは、以下をどうぞ!

ゴッド オブ ブラックフィールド【96話】ネタバレ感想!恭弥を翻弄するミシェル!こんにちは、まんがMAP管理人のセシルです。 今回は、漫画アプリ『ピッコマ』のオリジナル漫画、『ゴッド オブ ブラックフィールド』...

漫画で読むとより臨場感が味わえるので、ネタバレ文章を読んだら、その後はぜひ絵付きで読んでみてくださいね。

ピッコマ
公式ページへ

※4話以降は
23時間ごとに1話ずつ読めます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA