漫画ネタバレ

カルカラレルカ【10話】『大森林の主②』ネタバレ感想!『SR-H CATASTROPHE』

こんにちは、まんがMAP管理人のセシルです。

今回は、漫画アプリ『GANMA!』のオリジナル作品『カルカラレルカ SR-H CATASTROPHE』10話のネタバレ感想を紹介します。

『カルカラレルカ』を読みたい方は、『GANMA!』で読むことができますよ〜!

GANMA!の公式ページへ

カルカラレルカ【10話】『大森林の主②』ネタバレ

デニモール族により襲われた村

モレク達の村…

その正体とは、村民を育て、食料とすることを目的とされた、家畜の村だった。

デニモール族によって、大人のモレク達は食べごろとみなされ、皆殺しにされ、捕らわれ、食べられてしまったが、

子どものモレク達はまだ食べごろではないとし、収穫されず生かされていることを、ウォリムはダイチに伝える。

デニモール族とは『西の主』とよばれる者たちであり、いわゆる下っ端だとウォリムは言葉を続けた。

ダイチは冷静に怒りながら、西の主の居場所をウォリムに問いかける。

「深淵層のどこかにいるということしかわからない」とウォリムが言いかけると、ダイチはものすごい勢いで走り去っていくのだった。

そしてウォリムは、かつて西の主にボロボロに打ちのめされた過去を思い出す。

西の主には絶対適わない…と。

深淵層とだけウォリムから聞いたダイチは、とにかく下だと考え、ひたすらに下、地の底へと向かってゆく。

いくつかのけわしい崖を身軽に飛び降りていくと、捕らえた人たちを檻の中に閉じ込め、輸送するデニモール族の姿が見えた。
すぐにデニモール族を倒し、檻の中を確認するダイチ。

しかしそこにいたのは、クダンス達ではなかった。

ダイチがその人達を解放すると、彼らから案内されたほうへと向かう。

その先には暗い地の底とは思えぬような、明かりが灯り、活気に溢れる、岩を堀り作られた城下町のような世界が広がっていた。

城下町でダイチが目にしたものとは?

町の中へとダイチが進んでいくと、異様な光景が目の前に広がった。

捕らえられ、値段をつけられて売られる人たち。

首を落とされ、加工されて食品として売られる人たち。

縄にしばられ、どこかへと運ばれていく人たち。

ショックを受けるダイチは、他者よりも弱く生まれただけで虐げられる森のルールや自然の摂理に対し、こんなものを認めてたまるかと感情を昂らせる。

「こんなもの全部、ぶち壊してやる」

そして自分の能力である『図々しい模倣 シェイムレスミミクリー』を発動させるのだった。

『西の主』登場

大きすぎる手によって、とても小さく見えるフォークとナイフを器用に使い、できたての肉料理を食べる男。

ダイチが探している『西の主』ことジェリーレオウだ。

口に運んだ肉料理を何度か咀嚼したあと、『硬い』と言い放ち、口に入れた肉料理を吐き捨てる。

「子牛の肉を使え」

と声を荒げながら、まだ残っている肉料理をテーブルの上から投げ捨てるのだった。

「それでは育てる分がなくなってしまいます」と、料理人達は困りながらジェリーレオウに進言する。

「何か言ったか?」とジェリーレオウ。

威圧された料理人達は、「すぐに調理してきます」と焦りながら出て行った。

この森は自分の森なのだから、食材、つまり弱い人たちは全て自分のためのものだとジェリーレオウは語る。

そこに警備兵が駆けつけ、ディライブの侵入者が現れたことを報告した。

おそらくディライブとはダイチのことだろう。

ジェリーレオウは自分の森に入ったのであれば食材だとし、すぐ捕らえて調理しろと命令をくだすのだった。

カルカラレルカ【10話】『大森林の主②』感想

正義感に溢れるダイチは、地底の世界で見た光景に驚きます。

弱き者が、強き者に、文字通り食べられる世界!

ジェリーレオウは、そんな世界を牛耳る悪の親玉です。

目が4つあり、ヒゲを伸ばしたその姿に、調理人たちは恐れおののくばかり。

ジェリーレオウに対し、ダイチがどんな解決策を講じるのか、この先の展開にもワクワクしてきますね。

とにかくストーリーが秀逸な作品で、さくさくと読み進めるのがこの作品の特徴になってます。

ダイチのキャラクター性も、主人公としてとっても魅力的に描かれてます。

一度読めばハマること請け合いの作品なので、ぜひ一度『カルカラレルカ』の魅力に触れてみてくださいね。

『カルカラレルカ』を読みたい方は、『GANMA!』で読むことができますよ〜!

GANMA!の公式ページへ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA