漫画ネタバレ

【ワンパンマン】ソニックの名言・名セリフ集!画像&解説あり!

映画化も決定したバトルコメディの傑作『ワンパンマン』!

中性的でちょっとミステリアスな『ソニック』は、サイタマに対する毒々しいセリフに特徴があるキャラですよね。

スマートなルックスから発せられる名言の数々は、ファンの心にジーンと訴えかけてきます!

この記事では、ソニックの名言・名セリフについて、特に印象的なフレーズをピックアップしてみました。

最後まで読めば、ソニックのキャラクターをより深く理解できること間違いなしですよ!

ワンパンマン『ソニック』の名言・名セリフ集!

あんたは運がいい

©︎ワンパンマン/集英社(ONE)

ゼニール邸で用心棒をしていた、ソニック。

そこに、富豪を狙う桃源団が現れました!

圧倒的な怪力を発揮する桃源団のメンバーを相手に、ソニックに勝ち目はあるのでしょうか?

このセリフから、強者感を感じますね!

お前が誰だろうと もう逃がす事はできない

©︎ワンパンマン/集英社(ONE)

サイタマとの初戦闘シーン。

自分の忍術が通用しないサイタマに、生きては返さないと宣言します。

その実、久しぶりに自分の技を試したくてウズウズ。

実に無邪気な笑顔ですね!

ソニックにとって強い相手と戦えることは、生きがいだと考えられます。

サイタマ! 次に会った時がお前の最後だ!

サイタマとの戦闘でハプニングが!

速さで圧倒するソニックですが、サイタマが繰り出したパンチが金的にあたってしまい悶絶します。

これは、痛い…!

ここから、サイタマへのストーカー伝説が始まります。

逃げられると思うのか この俺から!

速さに絶対的なプライドを持つ、ソニック。

一見すると頼りなさそうにすら見えるソニックですが、その実力は本物です。

事実、S級ヒーローの閃光のフラッシュと対等に戦うほどです。

そのことから、ヒーローのトップレベルに匹敵する実力があると考察できますね。

俺が思うに本当に価値があるもの、それは…自分の人生を自由に生きる力だ

ソニックとフラッシュは、同じ忍者の里で特訓したライバルでした。

外から親に売られたフラッシュと違い、忍者の里でうまれたソニック。

彼はいつか、この里のトップになって非情な体制を変えたいと語ります。

そして、後輩たちが、のびのび育つ環境を整えたいとも…。

根がやさしくまじめなのでしょう。

環境が違えば、ソニックもヒーローになっていたかもしれませんね!

お前もヒーローなどというくだらない肩書を持っているんだったな

ソニックが、サイタマと2回目の対峙をする場面。

どこかヒーローに恨みを感じているセリフですね。

実はソニックには、とあるヒーローに忍者の里を壊滅させられた過去があります。

夢を挫折した後、ソニックは暗殺や用心棒をしながら食いつないできました。

そんな彼にとって、ヒーローは超えるべき存在なのでしょう。

なぜサイタマに執着するのか、過去を知れば理解できますね。

正義ごっこなどしている連中では本物の強敵には勝てない 何も守ることはできない

©︎ワンパンマン/集英社(ONE)

深海王との戦いの後、ジェノスと出会うシーン。

服を着ていないのは、気にしないでください(笑)

この名言は、ヒーロー全体に向けたセリフのようにも感じました。

かつて、忍者の里にとどめを刺したヒーロー。

里を守りたかった、けど叶わなかった。

忍者の里自体が悪でも、故郷を奪われたような心境だったでしょう。

だから、正義を振りかざすヒーローを、否定したいのでしょうね。

<お前に勝ってこのイメージを払拭しないと、俺は前に進めないんだッ/h3>

最強のヒーローサイタマを倒すのに躍起になる、ソニック。

ソニックはきっと、サイタマを負かすことで、自分が間違っていないと証明したいのでしょう。

これまで以上に過酷な鍛錬を積み重ねて、強くなっていきます。

一見、無駄のように見えますが、きっと自分の過去と向き合うために、もがいているんだろうなと同情してしまいます。

そんなソニックを見かねて、サイタマが戦闘の相手を名乗り出ます。

キャラ同士の関係性が見え隠れするシーンですね。

あばッふッ

©︎ワンパンマン/集英社(ONE)

やっと本気を出したサイタマ。

最強のヒーロー相手に、対峙するソニック。

しかし、サイタマのマジの反復横跳びを見て、その風圧に吹きとばされます。

その衝撃波に出た言葉が、このワンフレーズです(笑)

サイタマ…俺は怪人になるぞ

©︎ワンパンマン/集英社(ONE)

異次元の強さを目の当たりにした、ソニック。

その時のショックで、このままいくら修行しても無駄ではないかと思ってしまいます。

そのタイミングに目を付けたのが、怪人たちでした。

自分たちの仲間に引き入れるために、怪人細胞をソニックに渡します。

この細胞を取り込んだものは、人間であっても怪人になり、すぐに超パワーを得るというものでした。

はたして、ソニックは怪人になってしまうのでしょうか?

だがその強さも俺が一番知っている…

かつてのライバルである、閃光のフラッシュと久しぶりに再会する場面。

そこへ、忍者の里の生き残りグループ『忍天堂』が、2人に牙をむきます。

21人ものエリート忍者集団に、苦戦する2人。

しかし、冷静に確実に敵を葬っていくフラッシュ。

ソニックはその強さに悪態をつきつつも、お互いに背中を預けます。

そこでこのセリフが出て、しびれました!

ソニックは、フラッシュという存在が現れたことで、今後また違う形で物語を盛り上げてくれるかもしれません。

自由だなアイツ

©︎ワンパンマン/集英社(ONE)

サイタマは以前、フラッシュの刀を折ってしまいました。

その弁償を怖れて、怪人から奪った妖刀をソニックとフラッシュにあげます。

そんなサイタマに、呆れながら言ったのがこのセリフです。

一見、なんの変哲のないセリフですが、かつて自由になることを夢見ていたソニックからしたら、サイタマに羨ましさを感じていたのかもしれません。

しかし、もう過去には戻れないことも自覚しているので、とりあえず今後もサイタマ打倒を誓ってストーカーをしていくでしょう。

ちなみに、対戦成績は14戦全敗。

これからも物語を盛り上げてくれる、ソニックから目が離せませんね!

ワンパンマン『ソニック』の名言・名セリフ集!:まとめ

今回は、『音速のソニック』の名言・名セリフをまとめました。

名言集を見てみると、ファンからの人気も高い理由がなんとなくわかります。

ストーカーという独特のポジションでありながら、名言はなかなか真に迫ったものがありますね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です