電子書籍サービス

ヤングジャンプ定期購読をお得に読む方法!バックナンバーも読める!無料お試しあり!

ヤングジャンプの定期購読を検討しているあなたに、ちょっとした情報があります!

実はヤングジャンプの定期購読は、本家より安く利用できる方法があるのです!

他の記事では紹介されていない方法ですので、最後までしっかりチェックしてみてくださいね。

FODを利用すれば、本家より安くなる!

結論からお伝えします。

『FOD』という、フジテレビが運営するオンデマンドサービスを利用するのです。

FODを利用すれば、月に4冊のヤングジャンプが976円で読めちゃいます!

本家のヤングジャンプ定期購読は月額1300円ですので、324円も安くなるんですね。

→ヤングジャンプ定期購読

ちなみに紙の本だと、月に4冊で1600円になります。

比較表にしてみました。

月4冊の料金 媒体 運営社
FOD 976 電子書籍 フジテレビ
YJ定期購読 1300 電子書籍 集英社
紙の本 1600 集英社

なぜFODを利用すれば安くなるのか、その理由を解説していきますね。

ヤングジャンプはFODで読むと安くなる理由

FODは、フジテレビが運営する動画配信サービスです。

動画がメインコンテンツですが、電子書籍にも力を入れていて、コミックや漫画雑誌も各種取り揃えてあります。

月額は976円(税込)。

会員であれば、毎月合計で1300ptが付与されます。

毎月必ずもらえる100ptと、8の付く日にもらえる400pt(毎月3回)、合計で1300ptです。

さらに、FODで電子書籍を購入すると、20%のポイントバックが受けられます。

8の付く日に400ptもらうには、ログインが必要です。

忘れないようにしましょう。

さて、FODでヤングジャンプを読む場合、1冊364ポイントで読むことができます。

電子書籍の購入する場合、20%のポイントバックが受けられます。

たとえば513ptの漫画を買うと、102ptが戻ってきます。

つまり、364ptのヤングジャンプを購入すると、72ptが戻ってくるのです。

1冊あたり、292ptで読めるわけですね。

月に4冊読むとすれば、292ptを4回で1168pt必要です。

毎月もらえる1300ptで足りてしまうわけです!

これが、月額976円で4冊読めてしまうというカラクリです!

毎月もらえる1300ptで、20%還元を最大限に利用すると、実質的に1500pt分以上読めますからね。

\ヤングジャンプ4冊を976円で!/

FODなら動画や雑誌もたっぷり楽しめる!

ヤングジャンプを読みたい場合に、FODを利用すれば最安になることがわかりました。

だけど実は、それだけじゃないんです!

FODは動画配信サービスですので、見放題の動画コンテンツもたっぷり用意されています。

映画・アニメ・ドラマを、パソコンやスマホやテレビなど、お好きなデバイスで楽しめちゃうのです!

ヤングジャンプで連載中の『あの名作』も、見放題アニメで楽しめますよ(各作品ごとに配信期限があります)!

さらに、雑誌も150冊以上が読み放題です。

たとえば、以下のような有名雑誌がラインナップされています。

  • FRIDAY
  • ザ・テレビジョン
  • 週刊現代
  • 女性セブン
  • SPA!

電子書籍だけに、古くなったヤングジャンプのバックナンバーをまとめて捨てる手間もいりません。

もちろん、スマホやタブレットで読めるので、持ち運びも楽ちんです。

みるく
みるく
楽しめるのはヤングジャンプだけじゃないのに、月額976円だなんて!
ここあ
ここあ
仲のいい友達にも教えてあげなきゃね!

初回利用でお試し2週間無料!

FODを初めて利用する場合、お試しトライアルとして2週間の無料期間が設けられています。

この無料期間中にも必ず100ptもらえますし、8の日には400ptもらえます。

つまり、最大で900ptも無料でもらえちゃうんです!

まずはお試し期間を利用して、『ヤングジャンプ』を無料で読んでみましょう!

読み終わったら、動画コンテンツや雑誌も思いっきり楽しんでくださいね。

\まずは2週間の無料お試しから/

デメリットは?

みるく
みるく
これだけ至れり尽くせりだと、デメリットが気になるよね…
ここあ
ここあ
デメリットに関しては、人それぞれの状況によって違ってくるよ。以下の点に注意するといいかもね。

FODを利用して読む場合、ヤングジャンプを紙の本で読む場合に比べて、大きさの点でやや見劣りしてしまいます。

漫画雑誌の大きさと比べると、スマホやタブレットの画面は小さいですからね。

迫力を重視するのでしたら、電子書籍の購読はやめて、紙の雑誌を選んだほうがいいでしょう。

でもこれは、本家のヤングジャンプ定期購読でも同じです。

サイズを気にしないのなら、FOD(電子書籍での購読)はおすすめです。

あと、400ptもらうには8の日にログインする必要がありますので、忘れないようカレンダーにチェックを入れておきましょう。

この辺りの手間が、ちょっとしたデメリットかと思います。

他の電子書籍サービスを利用した場合は?

FODの他にも、漫画雑誌が読める電子書籍サービスはたくさんあります。

片っ端から調べてみましたが、やはりFODが最安だと判明しました。

有名どころをピックアップしますね。

  • まんが王国
  • コミックシーモア
  • ebookjapan
  • BookLive
  • DMMブックス
  • Renta!
  • Amazon Kindle
  • 楽天kobo
  • honto
  • Reader Store
  • BOOK☆WALKER
  • U-NEXT
  • music.jp
  • コミック.jp
  • dブック
  • Amebaマンガ

他にも電子書籍サービスはありますが、やはりFODを利用するのが一番安く読めます。

たとえば『Amebaマンガ』は、初回利用時に100冊まで40%OFFという太っ腹なサービスを実施しています。

でも、毎週最新号を読む漫画雑誌(ヤングジャンプ含めて)の場合、初回のみ大幅割引されてもあまり意味がないですよね。

初回割引がすごいサービスはたくさんあるのですが、継続的に割引が叶うサービスは意外と少ないのです。

継続的に安くなるという意味では、会員ならいつても引ける割引クーポンのほうがありがたいです。

その点、まんが王国やBookLive!は、毎日引ける割引クーポンがあります。

でもやはり、ヤングジャンプなどの漫画雑誌には使いにくいと思います。

まんが王国には、毎日2回まで引ける『おみフリ』というクーポンがあります。

ほぼ毎回30%OFFクーポンが出るのですが、こちらは残念ながら『最新号』には使用できません。

BookLive!も毎日引けるクーポンガチャ(10%割引が多く出る)がありますが、ヤングジャンプの発売日に『漫画雑誌』に使える割引クーポンが出るとは限りません。

ビジネスや小説にしか使えないクーポンも、かなり頻繁に出るからです。

上記を踏まえると、やはりFODを利用するのが確実で、一番安く読めるわけですね。

ヤングジャンプ定期購読をお得に読む方法!バックナンバーも読める!無料お試しあり!:まとめ

今回は、ヤングジャンプを定期購読で読む場合に、一番お得に読めるサービスをシェアしました。

FODを利用すれば、安くて手軽な読書が楽しめますよ。

\まずは2週間の無料お試しから/

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。