当サイトにはプロモーションが含まれています。

漫画ネタバレ

黄泉がえり聖女は冥府の王に愛される【1話】ネタバレ感想!貧しいファティマと意地悪なイナス!

今回は、コミックシーモアの先行配信作品『黄泉がえり聖女は冥府の王に愛される』の1話について、ネタバレ感想をシェアしていきます。

『黄泉がえり聖女は冥府の王に愛される』を試し読みするなら、最新話までいち早く楽しめるコミックシーモアがおすすめです!

\シーモアで1話丸ごと無料試し読み/

黄泉がえり聖女は冥府の王に愛される【1話】ネタバレ

聖女候補の2人

街中で主人公のファティマが荷物を運んでいると、わざとぶつかってきたのは、同い年の女性、イナスだった。

イナスは、自分が悪いのだと訴え、周囲に良い子アピールをする。

しかしイナスは、ファティマに対してはこっそりと「貧乏人は地べたがお似合いだわ」と下卑た笑みを見せるのだ。

ファティマとイナスは、1000年に1人現れるという聖女の候補である。

16歳の女性の身体に『聖痕』が現れることで、神に選ばれた証になる。

貧乏なファティマではなく、父親が爵位を持つイナスこそ聖女のはずだと、噂されていた。

貧乏なファティマ

明日の選別式で、すべてがはっきりする。

ファティマは聖女になって、病の父を助けたかった。

しかし父は、ファティマには聖女になって欲しくなかった。

なぜなら、死を司る冥府の神『金狼神』を鎮める聖女には、危険が伴うから。

「お前がいてくれるだけで、幸せなんだよ」

父の言葉を噛みしめるファティマだったが、突然、身体に異変を感じた。

選ばれた聖女

選別式に出向いたファティマは、身体にできた刻印を神父に見せた。

「これこそ、聖女の刻印だ!」

神父の言葉に、観客たちはどよめきを見せる。

選ばれなかったイナスは、顔を歪ませていた。

ファティマは家に帰ると、父親に聖女に選ばれたと話す。

心配しながらも、温かく見守ってくれる父親。

すると突如衛兵がやってきて、聖女を偽った罪だと捕らえられてしまう。

処刑台に乗せられて

誤解を解くこともできないまま、処刑を言い渡されるファティマと父親。

処刑を見届けようとやってきたのは、意地悪な顔をするイナス。

なぜかイナスの首筋には聖痕が現れており、こう言った。

「私のために、偽物になってもらうわ」

処刑台に乗せられたファティマの首に、刃が落ちてきて…!

死後の世界で出会った人

次の瞬間、ファティマが目を覚ますと花畑にいた。

死後の世界かと考えていると、声が聞こえてくる。

「此処に来るには、まだ早いよ」

声と共に現れたのは、長い髪を持つ美しい男性。

その男性は、ファティマこそ真の聖女だと言う。

そしてファティマの命を吹き戻そうとも。

なぜ助けてくれるのか、困惑するファティマ。

するとその男性は、「かつて愛した女性だから」と言うのだった。

黄泉がえり聖女は冥府の王に愛される【1巻】感想

神や聖女を信じる世界観の、美しいファンタジー作品です。

聖女候補にも関わらず、ファスティマは不遇な立場に置かれていました。

イナスに意地悪をされても耐える姿は、健気でしたね。

聖女に選ばれて一発逆転かと思いきや、まさかの処刑展開に!

一度は命を落としたファスティマですが、謎の人物に助けられます。

あの美しい人は、『金狼神』なのではと思いました。

蘇ったファスティマは、偽物の聖女イナスと対峙することになるのでしょうか?

『黄泉がえり聖女は冥府の王に愛される』を試し読みするなら、最新話までいち早く楽しめるコミックシーモアがおすすめですよ!

\シーモアで1話丸ごと無料試し読み/

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。