電子書籍サービス

【漫画サブスク】定額読み放題のおすすめはどこ?品揃えや料金や無料期間を徹底比較!

漫画の定額読み放題(サブスク)サービスを選ぶ場合、「自分にとって、どのあたりが都合が良いか」を事前にチェックすることはとても重要です。

  • 品揃え
  • 料金
  • 無料期間
  • 解約するタイミング

損せず利用するためにも、上記項目をしっかり把握して、自分にあったサービスを選びたいですよね。

この記事では、各読み放題サービスをいろんな角度から比較した結果をまとめてあります。

重要なのに分かりにくい『解約のタイミング』も図解してますので、ぜひ最後までチェックしてくださいね。

漫画の読み放題(サブスク)、あなたの希望は定額or無料?

漫画の読み放題サービスは、大きく分けて、定額と無料の2つがあります。

2つの違いをカンタンに解説しますね。

漫画の『定額』読み放題サービス

いわゆるサブスクのことです。

月々に定額を支払って、読み放題の対象作品を無制限で楽しめるサービスです。

リーズナブルなコストで、最後までしっかり読みたい人にはおすすめです。

デメリットとしては、対象作品がかなり絞られていることですね。

現在人気沸騰中の超人気タイトルは滅多にないし、やや古めの作品が多いのもザラ…(たまに新しい作品もありますけどね)。

狭く深く読めるのが、サブスクの特徴といっていいでしょう。

漫画の『無料』読み放題サービス

いわゆる『無料試し読み』のことです。

超人気タイトルも1巻の前半くらいは試し読みできますし、時期によっては1〜3巻くらいまで無料のときもあります。

広く浅く読めるサービスですね。

みるく
みるく
一般的に読み放題といえば、定額(サブスク)のほうだよね?
ここあ
ここあ
うん。だからこの記事では、定額サービスを解説してあるよ。

当記事では、「いつでも読めること」を読み放題の条件にしています。

したがって、「1日まつごとに1話ずつ読める」のような条件があるサービスは除外してあります。

漫画の定額読み放題サービス

漫画の定額読み放題サービスについて、よく知られた以下の8社を比較表にしました。

  • コミックシーモア
  • ブック放題
  • BOOK☆WALKER
  • Kindle Unlimited
  • ブックパス
  • スキマ
  • FOD
  • コミックDAYS
無料期間 月額(税込) 品揃え(冊) 最終巻まで
シーモア 7日 ライト:780
フル:1480
ライト:3万〜
フル:9万〜
OK
ブック放題 1ヶ月 550 3万5千〜 OK
WALKER なし 836 2万〜
United 30日 980 6千〜
パス 30日 618 2万〜
スキマ 基本無料 基本無料 3万2千〜 OK
FOD 14日 976 8冊 OK
DAYS WEB:初月
アプリ:1ヶ月
6誌:720
19誌:960
6誌
19誌
OK
みるく
みるく
「最後まで」って?
ここあ
ここあ
最終巻まで読めるかどうか、ってことだよ。そういった作品が多いなら、OKになってるよ。

各サービスの特徴を、詳しく解説しますね。

コミックシーモア

コミックシーモアの読み放題には、フルとライトの2つが用意されています。

  • フル:ラノベ、TL、BL、オトナ、あり
  • ライト:ラノベ、TL、BL、オトナ、なし

フルの品揃えは、およそ9万冊

漫画の定額読み放題サービスの中では、圧倒的に品揃えが良いんですね。

ジャンルごとの品揃えを、表にしました(冊数じゃなく、作品数です)。

ライト(作品) フル(作品)
少女コミック 1832 1868
女性コミック 5,275 5333
少年コミック 667 673
青年コミック 3109 3521
ハーレクイン 56 56
コミック誌 157 216
ライトノベル 2 1986
小説・実用書 1143 2301
雑誌 357 357
写真集 2162 6839
TLコミック なし 4583
BLコミック なし 3637
オトナコミック なし 9232
みるく
みるく
ライトには、ラノベは2冊だけあるのね(笑)
ここあ
ここあ
『辻堂さんの純愛ロード アナザーストーリー 辻堂愛の場合』、『ワルキューレ ロマンツェ』だけあるよ。どちらも巻数は多くないから、読み放題よりは購入したほうがいいんじゃないかな。

読み放題の利用を検討しているなら、『読了』を目的にする方も多いはず。

シーモアの読み放題なら、フルでもライトでも、多くの作品が1巻〜最終巻まで、ばっちり読むことができます。

読み放題専用のランキングもあるので、「とりあえず人気作品から読了していきたい」という希望も叶いやすいですよ。

おすすめポイント
  • TL・BLに力を入れている。
  • ラインナップの豊富さから見てコスパ最高。
  • 作品数数が多く、色んなジャンルが楽しめる。
  • 読んだ作品の履歴が残るので、チェックしやすい。
いまいちなところ
  • 読み放題の作品がアップされるタイミングが、若干遅め。
  • 課金しないと読めない作品も稀にあり。
  • 検索がしにくい。
  • フルの金額が1200円くらいなら嬉しい。

→コミックシーモアの公式ページへ

※スマホなら左上の「サービス」から「シーモア読み放題」へ。PCなら、上部メニューに「読み放題」があります。

ブック放題

料金の安さと、品揃えの豊富さ、両方を叶えてくれる読み放題サービスです。

まずはジャンルごとの作品数をご覧ください。

ジャンル 作品数
少年コミック 1019
少女コミック 2032
青年コミック 2660
女性コミック 3973
TLコミック 2224
BLコミック 1645
みるく
みるく
シーモア同様、作品数であって、冊数じゃないのね?
ここあ
ここあ
入念にチェックしたけど、冊数じゃ調べられなかったの。ごめんね。冊にすると、もうちょっと多いはずだよ。

特質すべきはやはり、料金の安さですね。

月額550円で読み放題になるので、ラインナップに読みたい作品がある場合は、とても利用価値が高くなります。

雑誌も500冊読めますし、お得感はさらにアップしますね。

まずは検索窓から、読みたい作品があるかどうかをチェックしてみてくださいね。

おすすめポイント
  • 他の読み放題より安い。
  • 雑誌を読む場合にも重宝する。
いまいちなところ
  • たまに動作が止まることがある。
  • 機種によっては、雑誌を読む場合に文字が小さすぎる(他サービスも同じですが)。

→ブック放題の公式ページへ

BOOK☆WALKER

月額836円(税込)で、約2万7千冊の漫画が読み放題になるサービスです。

まずは各ジャンルの品揃えをチェックしてみましょう。

ジャンル 冊数
少年コミック 2173
少女コミック 2430
青年コミック 6266
女性コミック 4609
TLコミック 4899
BLコミック 2841
オトナコミック 4889

上の表は、セーフサーチを外した場合の数字です。

また、ごく少数ですがいくつかのジャンルにまたがって計測されている作品もあります。

トータルで26,838冊になります。

料金がやや高めの割に、ラインナップが少なめですね。

読みたい作品が他のサービスで見つからない場合に、検討するのがいいと思います。

おすすめポイント
  • 定期的な更新頻度で新作が多く出る印象。
  • PC版でもアプリ版でも、チェックしている作品が更新された場合見つけやすい。
  • スマホでもPCでも読みやすい。
  • 使い方が分かりやすいため、わざわざ調べたりする必要がない。
いまいちなところ
  • 漫画のみなのに料金がやや高め。
  • 読めるタイトルは多いが、1~2巻だけ読み放題だったりする。

→BOOK☆WALKERの公式ページへ

Kindle Unlimited

Amazonが運営する読み放題サービスです。

まずは品揃えの表をチェックしましょう(冊数ではなく作品数です)。

ジャンル 作品数
少年コミック 829
少女コミック 1234
青年コミック 3702
女性コミック 344
4コマまんが 138
イラスト集・オフィシャルブック 90

漫画だけを調べてみると、他の読み放題サービスより、かなり小規模です。

月額は980円(税込)なので、漫画のサブスクが目的ならば、優先順位は低くなりますね。

みるく
みるく
他の記事だと、「品揃えは5万冊」みたいなことが書かれてたりするけど?
ここあ
ここあ
おそらく、漫画だけをしっかり調べてないんじゃないかな? 読み放題全体の冊数を記載してるとかね。

また、Kindle Unlimitedで漫画を読む場合、最初の数巻だけ読み放題の作品がほとんどです。

途中からは有料になっちゃうのです。

たとえば「ベルセルク」の場合、最初の6巻までは読み放題対象ですが、その後の40巻までは有料で読むことになります。

漫画の定額読み放題としては、やや使いにくい印象ですね。

おすすめポイント
  • ダウンロードがすぐにできる。
  • Amazonなので、急なサービス終了の可能性が低い。
  • 漫画以外のコンテンツも充実している。
  • 漫画以外まで考えると、月額料金は割安。
いまいちなところ
  • ほとんどの漫画が1〜2巻までしか読めない。
  • キーワード検索しにくい(レーベルや作者名で検索しても、異なる作者・作品・レーベルが含まれてしまう)。
  • 一度に10冊までしかダウンロードできない。
  • 漫画だけが目的なら、料金は割高になる。

→Kindle Unlimitedの公式ページへ

ブックパス

電話会社として有名な『au』が運営する、月額618円の読み放題サービスです。

まずは品揃えから見てみましょう。

ジャンル 冊数
男性コミック 1829
女性コミック 1797
TLコミック 1203
BLコミック 940
オトナ 591
グラビア 127
雑誌 908
ビジネス 178
趣味・実用 578
小説 202
ライトノベル 254

作品数じゃなく冊数ですので、ラインナップ的には若干物足りないかな、という印象ですね。

「コミックシーモアやブック放題で読みたい作品が見つからない場合、ブックパスで探してみる」という順でチェックするのがいいでしょう。

また、ブックパスもKindle Unlimitedと同じく、「最初の数巻までは読み放題で、続きは有料」いいう作品が多いです。

最終巻まですべて読み放題の作品もありますが(たとえば『ドッ硬連』など)、比較的新しくて人気の作品は、「途中までなら読み放題」と思っていいでしょう。

ともあれ、あなたの読みたい作品が見つかるかどうか、まずは検索窓からチェックしてみてくださいね。

おすすめポイント
  • 料金設定がお手ごろ。
  • ジャンルが豊富。
いまいちなところ
  • 品揃えがイマイチ。
  • メールなどの配信が多くて鬱陶しい。

→ブックパスの公式ページへ

スキマ

基本無料で利用できる漫画読み放題サービスです。

いつでも無料で楽しめる作品数を、表にしました。

※冊数ではなく、作品数です。

ジャンル 作品数
少年コミック 196
少女コミック 256
青年コミック 703
女性コミック 214
TLコミック 少数
BLコミック 少数
オトナコミック 少数

上記の作品数が、会員登録だけで「いつでも無料」で読むことができます。

「いつでも」なので、1話ごとに1日待つ必要もありません。

あとは、あなたが読みたい作品があるかどうかですね。

ちなみに、TL・BL・オトナジャンルの場合、ほとんどの作品に関して、無料で読み放題になるのは最初の数話だけです。

要するに、『読み放題』ではなく、『試し読み』なんですね。

ほんの少数だけ、ある程度の話数まで(あるいは全巻)、いつでも読める作品があるくらいです。

それでは読み放題とは言い難いので、TL・BL・オトナジャンルを目的にする場合は、その他の読み放題を探したほうがよいでしょう。

おすすめポイント
  • 無料で読み放題はありがたい。
  • スキマだけのオリジナル漫画も楽しめる。
いまいちなところ
  • TL、BL、オトナのジャンルはやや物足りない
  • 有名作品はほとんどない(あっても有料)。

→スキマの公式ページへ

FOD

フジテレビが運営する動画配信サービスです。

動画がメインではありますが、電子書籍の読み放題サービスも実施しています。

ただし、読み放題対象の作品は、以下の8点のみです。

  • 胸キュンスカッと
  • 会社をやめて馬主やります!
  • スイート リベンジ
  • 引越しセンターS
  • 女子ごはん
  • COMIC 魂
  • オシリスの天秤
  • 恋仲

月額が976(税込)であることを考えると、漫画の読み放題を目的にするのなら、他のサービスを利用したほうがよいですね。

上記8作品とともに、動画もたっぷり楽しみたい場合に、利用を検討するといいでしょう。

おすすめポイント
  • 動画コンテンツもたっぷり楽しめる。
  • フジテレビが運営してるので、安心。
いまいちなところ
  • 読み放題作品はたった8タイトルしかない。
  • 今後も読み放題が充実する可能性は低い(動画のほうに力を入れている)。

→FODの公式ページへ

コミックDAYS

講談社の漫画雑誌が読み放題になるサービスです。

コースは2種類あります。

  • プレミアム会員:月額720円(税込)
  • もっとプレミアム会員:月額960円(税込)

好きな作品の読み放題ではなく、最新の雑誌をたくさん読みたい場合に重宝します。

ラインナップを表にしました。

プレミアム会員 もっとプレミアム会員
週刊ヤングマガジン
モーニング
イブニング
月刊アフタヌーン
Kiss
BE・LOVE
週刊少年マガジン ×
月刊少年マガジン ×
月刊少年シリウス ×
デザート ×
別冊フレンド ×
姉フレンド ×
少年マガジンエッジ ×
なかよし ×
Good!アフタヌーン ×
少年マガジンR ×
モーツー ×
月刊ヤングマガジン ×
comic tint ×

たとえば週刊少年マガジンを毎週買うと、それだけで月額1200円になっちゃいますよね。

それなら、月額980円のコミックDAYSを利用したほうがいいですね。

金額が安くなるだけじゃなく、他の雑誌もたっぷり読めますからね。

おすすめポイント
  • 漫画雑誌の読み放題では、料金も品揃えもピカイチ。
  • 各作品の最新話が読みたい場合に大活躍する。
いまいちなところ
  • 講談社のサービスだけに、講談社の漫画雑誌しかない。
  • アプリとWEBの登録に、利用期間の違いがあってややこしい。

→コミックDAYSの公式ページへ

あなたは読み放題サービスを利用すべきか?

読み放題サービスを利用すべきか、判断に迷っている方もいると思います。

そんなあなたのために、利用すべきケースと、やめておくべきケースについて解説しますね。

利用すべきケース

ここあ
ここあ
まずは読みたい作品がある場合からね。

多くの人にとって、読み放題を利用する目的は、「無制限でたっぷり読めること」だと思います。

読みたい作品がラインナップされているのなら、無制限で読み放題はとても価値があります。

読みたい作品が最終巻(最新刊)まで読める場合は、利用するといいでしょう。

普通に購入するより、はるかに安上がりになりますからね。

たとえば、コミックシーモアの読み放題には、往年の名作『魁!!男塾』がラインナップされています。

1巻あたり550円で、34巻完結なので、電子書籍で全巻を普通に購入すれば、18700円もかかってしまいます。

これをシーモアのライトで読めば、月額わずか780円で全部読めちゃうのです。

読むのに2ヶ月かかったとしても、1560円です。

普通に購入するより、10分の1以下の料金で読めちゃうんですね。

「購入を考えている作品があるけど、その前に全巻の試し読みをしたい」という希望がある場合も、読み放題はおすすめです。

みるく
みるく
とくに読みたい作品がない場合は?

「ピンポイントで読みたい作品はないけど、なんでもいいから無制限で読みたい」という人もいるかもしれません。

それならば、とりあえずは上記にもピックアップした『スキマ』を利用するのがおすすめです。

なぜなら、待たなくても読み放題で、かつ無料だから!

作品にこだわらないのであれば、無料は最強です!

やめておくべきケース

「この先の人生で、好きなときに、好きなシーンを、なんどでも繰り返し読みたい!」

と思える作品であれば、読み放題よりも購入がおすすめです。

読み放題は、月額を支払っている間だけのサービスです。

月額をやめたら、好きなときに読むことも、繰り返し読むことも叶いません。

読みたくなるたびに月額を支払うようなら、いっそのこと購入しちゃったほうがいいですよね。

あと、当たり前ですが、時間的に余裕がないときに申し込むと、お得さがなくなってしまいます。

仕事や勉強で忙しい時期は、いったん見送ったほうがいいですね。

まとめると、以下みたいな感じです。

<読み放題がおすすめなケース>

  • 読みたい作品が全巻読み放題でラインナップされている
    →読みたい作品があるサービスを利用しよう
  • なんでもいいから無制限で読みまくりたい
    →スキマを利用しよう
  • 購入前に全巻を試し読みしたい
    →各サービスで検索しよう

<読み放題はやめとくべきケース>

  • この先の人生で何度でも繰り返し読みたい
    →その作品は購入しちゃおう
  • 仕事や勉強が忙しい
    →余裕ができてから申し込もう

電子書籍読み放題サービスの注意点

配信期限に注意

読み放題の対象作品には、配信期限が設けられているケースがあります。

「読みたい作品があったから申し込んだのに、すぐに期限が来て読めなくなっちゃった」なんてことがないように、事前にチェックするようにしましょう。

自動更新に注意

読み放題サービスは、月単位での課金が必要になります。

どのサービスも自動課金となるため、利用しなくなったら解約手続きを忘れてはいけません。

いつまで解約すればいいのかは、各サービスごとに違います。

登録日からの利用期間がどのように設定されているのか、各サービスごとにチェックしておきましょう。

コミックシーモア

無料期間は7日間で、その後は1ヶ月ごとの利用となります。

たとえば10月7日に登録したら、10月13日までが無料期間です。

自動更新で10月14日に課金し、11月13日までが利用期間となります。

自動更新で11月14日に2回目の課金となり、12月13日までが次の利用期間となります。

途中で解約した場合、読み放題の利用はその時点でストップします。

ブック放題

無料期間は1ヶ月間で、その後は1ヶ月ごとの利用となります。

たとえば10月7日に登録したら、11月6日までが無料期間です。

自動更新で11月7日に課金し、12月6日までが利用期間となります。

自動更新で12月7日に2回目の課金となり、1月6日までが次の利用期間となります。

途中で解約した場合、読み放題の利用はその時点でストップします。

BOOK☆WALKER

無料期間はなく、課金するたびに1ヶ月ごとの利用となります。

たとえば10月7日に登録したら、その日に最初の課金となります。

自動更新で11月6日に、2回目の課金となります。

自動更新で12月6日に、3回目の課金となります。

途中で解約した場合でも、読み放題は最終日まで利用可能です。

たとえば上記の例で10月20日に解約しても、11月6日まで利用できます。

Kindle Unlimited

無料期間はピッタリ30間で、その後は1ヶ月ごとの利用となります。

たとえば10月7日の16:34に登録したら、11月6日の16:33までが無料期間です。

10月は31日まであり、30日間無料なので、11月7日ではなく11月6日の16:33までです。

自動更新で11月6日の16:34に課金し、12月6日の16:33までが利用期間となります。

さらに自動更新で12月6日の16:34に2回目の課金となり、1月6日の16:33までが次の利用期間となります。

途中で解約した場合でも、読み放題は課金した1ヶ月分の最終日まで利用可能です。

たとえば上記の例で10月20日に解約しても、11月6日の16:33までは利用OKとなります。

ブックパス

無料期間は30日間で、最初の課金は末日までの日割りとなります。

次の課金は翌月1日に発生し、その後は1ヶ月ごとの利用となります。

たとえば10月7日に登録したら、11月5日までが無料期間です。

10月は31日まであり、1ヶ月間無料でなく30日間無料なので、11月6日ではなく11月5日まで無料です。

自動更新で11月6日に、11月分の利用料を日割りで支払います。

12月1日に1ヶ月分の料金を支払い、以後は毎月1日が課金日となります。

途中で解約した場合、読み放題の利用はその時点でストップします。

スキマ

そもそも基本無料なので、解約しなくても料金が発生することはありません。

FODプレミアム

無料期間は14日間で、その後は1ヶ月ごとの利用となります。

たとえば10月7日に登録したら、10月20日までが無料期間です。

自動更新で10月21日に課金し、11月20日までが利用期間となります。

自動更新で11月21日に2回目の課金となり、12月20日までが次の利用期間となります。

途中で解約した場合、読み放題の利用はその時点でストップします。

コミックDAYS

アプリからの登録と、WEBからの登録で、無料期間や課金のシステムは異なります。

ここあ
ここあ
まずはアプリ登録のケースから解説するね。

無料期間は1ヶ月間で、その後は1ヶ月ごとの利用となります。

他のサービスと違って、『1ヶ月後』の同じ日付までが無料期間となります。

たとえば10月7日に登録したら、11月7日(11月6日ではなく7日です)までが無料期間です。

自動更新で11月8日に課金し、12月7日までが利用期間となります。

自動更新で12月8日に2回目の課金となり、1月7日までが次の利用期間となります。

途中で解約した場合でも、課金した1ヶ月分の最終日まで利用可能です。

たとえば上記の例で11月20日に解約しても、12月7日までは利用OKとなります。

ここあ
ここあ
次にWEB登録のケースを解説するね。

無料期間は登録日の月末までで、翌月1日に最初の課金となります。

その後は、毎月1日が課金日となり、月末までの1ヶ月間が利用期間となります。

たとえば10月7日に登録したら、10月31日までが無料期間です。

自動更新で11月1日に、11月分の利用料を支払います。

その後は毎月1日が課金日になります。

途中で解約した場合、その月の月末までは利用可能です。

あなたにおすすめの漫画読み放題サービスはどれ?

上記までに、各社の読み放題について解説してきました。

各社が違ったサービスを展開していますので、どれがおすすめなのかは、自分で決めるしかありません。

でもそれじゃ味気ないので、カンタンに指針をお伝えしますね。

まずはやはり、読みたい作品があるかどうか、ですね。

検索窓から調べるだけですので、各サービスで事前にチェックしてくださいね。

複数のストアに、あなたの読みたい作品が見つかった場合、無料期間や料金設定で選べばいいと思います。

利用しやすさ、読みやすさ、通信速度などは、それほどの差がありませんので、二の次です。

みるく
みるく
読みたい漫画があったら、あとは無料期間や料金で選ぶのね?
ここあ
ここあ
なんか当たり前の選び方だけど、結局はその選び方が一番だからね。

「なんでもいいから読み放題で楽しみたい」という希望をお持ちなら、まずは『スキマ』から利用してみましょう。

無料なので、気兼ねなく読み放題が叶いますからね。

【漫画サブスク】定額読み放題のおすすめはどこ?品揃えや料金や無料期間を徹底比較!:まとめ

漫画の定額読み放題(サブスク)について、いろんな角度から比較してみました。

結論としては、以下になります。

漫画の読み放題をガッツリ楽しむなら、コミックシーモアかブック放題がおすすめ。

→コミックシーモアの公式ページへ

→ブック放題の公式ページへ

「ラインナップにはこだわらないから、とにかく無料で読み放題を楽しみたい」という希望をお持ちなら、スキマがおすすめ。

→スキマの公式ページへ

漫画以外の読み放題も利用するのなら、Kindle Unlimitedがおすすめ。

→Kindle Unlimitedの公式ページへ

ご自身の希望に沿ったサービスを、じっくり見つけてくださいね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA