漫画ネタバレ

俺だけレベルアップな件【56話】ネタバレ感想!強すぎる日本人ハンターは何者?

こんにちは、まんがMAP管理人のセシルです。

今回は、漫画アプリ『ピッコマ』で配信中の超人気作品、『俺だけレベルアップな件』56話のネタバレ感想を紹介していきます。

3話までなら、ピッコマ公式ページあるいはアプリで今すぐ無料で読めます!

4話もすぐに「待てば0円」で読めますので、実際に待って読むのは5話以降です。

ピッコマ
公式ページへ

※4話以降は23時間ごとに1話ずつ読めます。

第55話のネタバレは、以下をどうぞ!

俺だけレベルアップな件【55話】ネタバレ感想!旬と白川の初対面!こんにちは、まんがMAP管理人のセシルです。 今回は、漫画アプリ『ピッコマ』で配信中の超人気作品、『俺だけレベルアップな件』55話...

俺だけレベルアップな件【56話】のネタバレ

諸菱の役割

ほの暗い洞窟の中、影の兵士たちがモンスターの群れを蹂躙していく。

その様子を見ていた諸菱は腰を抜かし、「こいつらなんですか?」と旬に尋ねた。

「スキルの一種かな」

あっけらかんと言う旬は、さらに少しだけ説明を加えた。

「なかなか便利だぞ。勝手に戦ってくれるし、雑用までしてくれる」

影の兵士にも役割分担ができているようで、戦いは主にイグリットやアイアンなどが担当し、魔法石集めは一般のナイトたちが請け負っていた。

顔面蒼白の諸菱は、自分の仕事を奪われてガックリ。

これにて19回のレイドが完了し、旬と諸菱との契約は終了となった。

強すぎる日本人ハンター

アメリカ東部のA級ダンジョンにて。

ジェームズというA級ハンターが、腰を抜かしてその人物を見ていた。

仲間たちは全員倒され、ジェームズだけが意識のある状況だ。

相手の風貌は、一見すると人間である。

髪がボサボサで、きている服装もボロ切れのようなものだ。

恐れのあまり全身を震わせるジェームズは、心の中で思っていた。

人間型のモンスター?

ダンジョン内でモンスターがいないから、おかしいと思ってたら…

たった1人なのに、A級ダンジョン以上の魔力!

信じられん…

恐れて立ち上がれないジェームズに、その男が声をかけた。

「全員気絶してるだけだ、安心しろ」

ガクガクと震えるジェームズに、男はいちゃもんをつける。

「なんで攻撃するんだよ? 俺は人間だっつってんだろ」

でもジェームズに日本語は通じない。

逆に男は英語ができないため、会話は成り立ちそうもなかった。

男はたどたどしい英語で、「俺は日本人だ。家に帰りたいんだ」とだけ伝えた。

テレビに出た白石のコメント

焼肉屋にて。

19回目のレイド完了ってことで、旬と諸菱は打ち上げをしていた。

旬はお酒を飲むが、システムの働きですぐに解毒されるだけだった。

旬は諸菱に、今後の計画を尋ねる。

ギルドマスターの免許をとって、父と話してみます、と諸菱は言う。

いっぽうの旬は、諸菱と約束してある30億のビルより、レベルアップが叶ったことに価値を置いていた。

★ステータス★

名前:水篠 旬
職業:影の君主
称号:逆境を勝ち抜いたもの(他1つ)
レベル:61
疲労度:0

HP:13001
MP:1677

筋力:142
体力:101
速度:121
知能:89
感覚:103
AP:0

物理ダメージ減少:46%

旬のほうも、諸菱から今後の計画を聞かれた。

手に持ったアイテム『城門の鍵』を見ながら、旬は答える。

「しばらくは連絡できなくなる。行くとこがあってね」

諸菱はぐいっとお酒を飲みながら、迷惑ならはっきり言ってください、と口にした。

旬は、諸菱がまた変な誤解をしていると見て、こう尋ねた。

「俺のことどう思ってる?」

「僕には10コ上の兄がいるけど、水篠さんが兄貴だったらよかったと思ってます」

旬は酒を持って、こう言った。

「それなら、今からおまえは俺の弟だ」

その言葉を聞き、諸菱は嬉しさのあまり涙を流す。

だいぶ酔いも回っているらしく、旬の膝にすがり寄って大泣きする。

旬はふと、テレビに白川が出ているのに気づいた。

レッドゲートの対応に当たった白虎ギルドの体表として、記者にコメントを求められている。

下級ハンターばかりが生き残ったという噂や、生存者が誰に助けられたのかを、記者たちが質問していた。

「助力者の存在は確認できておりません」と、白川はごまかした。

架南島レイド

記者から解放され、社に戻った白川。

電話がなり、美濃部ハンターと会話を始める。

美濃部は今、DNFにいるらしく、そこでビッグニュースを手に入れたという。

(DNFとは、東アジアに位置する島国のことである。)

「1週間ほど前、DNFからハンター教会に連絡がありましてね。架南島レイドに参加したハンターの諮問と受けたいってことでした」

白川は身を乗り出し、詳しく聞きたがった。

美濃部は説明する。

4年前、架南島にS級ゲートが出現した。

3度の討伐作戦は全て失敗し、政府も見捨てて今でも放置されている。

そのため、架南島はアリの巣窟と化している。

当時の討伐作戦には、白川も美濃部も参加していて、どちらも死にかけたほどだ。

「思い出したくもない」と白川はつぶやいた。

「実は、新種が出現したみたいなんです」と美濃部は言う。

新種のアリは、今までのように島に放置はできない。

なぜなら、飛ぶことができるから!

島だけじゃなく、人がいる地域にも到達してしまう!

羽のついたアリとして、とんでもないスピードで進化しているのだ。

俺だけレベルアップな件【56話】の感想

諸菱と約束したレイドも、ようやく完了となりました。

諸菱は相変わらず、旬を本当の兄貴のように慕っていますね。

それだけに、旬からの言葉は嬉しかったのでしょう。

それにしても、朝比奈はどこへ?

ダンジョンにもいなかったし、焼肉店にもいませんでした。

車でどこかに送っただけなのかもしれませんね。

白川のほうは、テレビに出た後、架南島のモンスターについて情報を得ます。

何やら手強そうなアリモンスターがいるみたいなので、これからの展開はアリ退治がメインになるのかも?

第57話のネタバレは、以下をどうぞ!

俺だけレベルアップな件【57話】ネタバレ感想!父に交渉を持ちかける諸菱!こんにちは、まんがMAP管理人のセシルです。 今回は、漫画アプリ『ピッコマ』で配信中の超人気作品、『俺だけレベルアップな件』57話...

漫画で読むとより臨場感が味わえるので、ネタバレ文章を読んだら、その後はぜひ絵付きで読んでみてくださいね。

ピッコマ
公式ページへ

※4話以降は23時間ごとに1話ずつ読めます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA