漫画ネタバレ

俺だけレベルアップな件【80話】ネタバレ感想!悪魔の城76階も難なく突破!

こんにちは、まんがMAP管理人のセシルです。

今回は、漫画アプリ『ピッコマ』で配信中の超人気作品、『俺だけレベルアップな件』80話のネタバレ感想を紹介していきます。

第79話のネタバレは、以下をどうぞ!

俺だけレベルアップな件【79話】ネタバレ感想!アイテムや武器を鑑定してもらう!こんにちは、まんがMAP管理人のセシルです。 今回は、漫画アプリ『ピッコマ』で配信中の超人気作品、『俺だけレベルアップな件』79話...

俺だけレベルアップな件【80話】のネタバレ

葵の護衛

夜。

眠っている葵の部屋に、旬はそっと忍び込んだ。

自分がいない間にも、敵が襲ってくるかもしれない。

そう考えたため、葵に護衛をつけることにしたのだ。

キバの側近を務めていた3体を呼び出し、そのうち1体を葵の護衛に命じた。

ほかにも影の兵士を2体つけてやると、付け足して。

街を守る

マンションの屋上で、旬は影の兵士たちを呼び出した。

街の治安対策にするためだ。

「おまえたちは、この街の用心棒だ」

上級ハンターでもない限り、影の兵士には敵わない。

旬なりの、世の中に対する貢献活動だった。

諸菱の車で移動する

朝。

旬は、諸菱が運転する車の後部座席に座っていた。

諸菱は結局、旬のマンションではなくホテル暮らしを始めたらしい。

「ギルドの事務所ができるまで、そのホテルで我慢してくれ」と旬。

先日、旬は諸菱に、「うちのギルドに来ないか?」と誘いをかけた。

でも心の中では、まさか諸菱建設のギルドマスターを蹴るとは…思っていた。

ちょっと微妙な表情を浮かべながらそう思っていると、目的地のDSタワーに到着した。

「行ってくる」と言い残して車を降りた旬は、さっそく悪魔の城ダンジョンに入場した。

新しい装備

街全体が炎に包まれたダンジョン内で、旬は新しい装備を身につけた。

熱気を防ぐ『風のローブ』と、水属性魔法がかけられた指輪だ。

さっそく進もうとした矢先、クエストの報告があった。

最上階にいる君主『バラン』を倒して、魂を手にいてましょう、というクエストだ。

クエストクリアの報酬は、以下の3つだ。

1.最上級ルーン石
2.ボーナス能力値+30
3.非公開の報酬

このうち最上級ルーン石は、『影の交換』というスキルを習得できるそうだ。

きっと役立つだろうと、旬は期待を抱く。

1階から76階までのどこに行くかと表示に尋ねられ、即座に76階を選択。

すぐに、ビルほどもある巨大悪魔が建物を破壊する光景が広がった。

『貪欲の玉』をキバに持たせると、キバはさっそく巨大化して敵と対峙した。

頭付近にドラゴンを呼び出し、破壊力抜群の炎を吐き出すキバ。

何百メートルも続く圧倒的パワーで、敵を一掃!

最上級悪魔を何体も倒したことで、経験値もガッポリだ!

★ステータス★

名前:水篠 旬
職業:影の君主
称号:逆境を勝ち抜いた者(他1)
レベル:81

HP:24,406
MP:5,019
疲労度:0

筋力:186
体力:145
速度:175
知能:189
感覚:126
物理ダメージ減少:46%

[パッシブスキル]
(不明)Lv.max
根性 Lv.1
上級短剣術 Lv.2

[アクティブスキル]
疾走 Lv.max
急所突き Lv.max
殺気 Lv.1
短剣投げ Lv.2
陰密 Lv.2
支配者の手 Lv.2

溺睡症の疑い

病院のベットで目覚めた諸菱会長は、医者と話していた。

丸2日も眠っていたとあって、医者は『溺睡症』について説明し始める。

溺睡症は、覚めることがないまま眠り続け、その間の生命力も低下していく病気だ。

そのため、魔力を使った生命維持装置が必要となる。

余裕がない人は延命治療もできず、死に追いやられている。

「ご家族にハンターの方は?」

医者にそう尋ねられ、諸菱会長はなぜそのような質問をするのか疑問に思った。

理由を尋ねると、医者は説明してくれた。

「生まれつき、魔力耐性が低い方がおられます。そのような人が長い間、魔力に晒されると、溺睡症を発症してしまうのです。魔法石やマナ石、そして魔力を持つ人も溺睡症の原因になります」

家族にハンターがいて、濃厚接触した場合、それが原因になってしまうそうだ。

諸菱会長は、息子である賢太のことを思い浮かべた。

自分には魔力に対する耐性がないと知り、項垂れる。

それでも、気力をこめてこう言うのだった。

「私は負けません。まだ、負けていません」

アリが上陸

そのころ、DFNのある島では、人間サイズのありが生きたまま上陸していた。

俺だけレベルアップな件【80話】の感想

たくさんいる影の兵士の一部を、街の護衛にあたらせた旬。

一般ナイト兵でもA級ハンターに匹敵するようなので、通り魔なんかは撲滅していきそうですね。

悪魔の城も76階に達し、それだけ敵も強くなっているのですが、キバの攻撃だけで一掃!

向かうところ敵なし状態です。

『貪欲の玉』は、持つ者のサイズに合わせて大きさが変わるらしく、巨大化したキバの右手でとびっきり大きくなってました。

溺睡症と診断された諸菱会長は、気持ちは負けていません。

きっとこの困難も乗り越えていくのでしょうね。

最後には、アリが登場しました。

今後、ハンターたちの脅威となっていくことが予想されますね。

漫画で読むとより臨場感が味わえるので、ネタバレ文章を読んだら、その後はぜひ絵付きで読んでみてくださいね。

ピッコマ
公式ページへ

※4話以降は23時間ごとに1話ずつ読めます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA