漫画ネタバレ

復讐の赤線【24話】『売春防止法』ネタバレ感想!リベンジのタイムリミット!

こんにちは、まんがMAP管理人のセシルです。

今回は、漫画アプリ『ピッコマ』で配信中の作品、『復讐の赤線~私を奴隷にした家族を許さない~』24話のネタバレ感想を紹介していきます。

10話までなら、ピッコマ公式ページあるいはアプリで今すぐ無料で読めます!

11話もすぐに「待てば0円」で読めますので、実際に待って読むのは12話以降です。

ピッコマ
公式ページへ

※11話以降は23時間ごとに
1話ずつ読めます。

23話のネタバレは、以下をどうぞ!

復讐の赤線【23話】『俺らは同じ種類の人間だ』ネタバレ感想!高塚の過去と決意!こんにちは、まんがMAP管理人のセシルです。 今回は、漫画アプリ『ピッコマ』で配信中の作品、『復讐の赤線~私を奴隷にした家族を許さ...

復讐の赤線【24話】『売春防止法』のネタバレ

23話の続き

「杉山家に復讐するなら、俊人から狙えばいい」

自尊心が高く家に居づらい理由がある俊人なら、すぐに落とせると頼子に指示する高塚。

頼子は『娼婦スズラン』として俊人を落とし、最初の復讐を果たす決意をする。

杉山家の出来事

杉山家の廊下で妹の恵子が長男の篤人に、明日は一緒に出かけようとおねだりをしていた。

「兄妹で気持ち悪いな」

二人のやりとりを眺めていた次男の俊人がその姿を見て、反吐が出ると悪態をつく。

「お前らの姿を眺めるくらいなら…あいつを見てた方がまだマシだ」

頬を少し赤らめながら、俊人がつぶやいた。

「あいつって誰?」

俊人が頼子と再会したことを知らない恵子が俊人に尋ねる。

「…ちょっくら出かけてくる」

恵子の問いには何も答えず、俊人は家を出て行こうとする。

「こんな遅い時間にどこへ行くんだ」

兄の篤人に呼び止められるが「関係ねーだろ」と言い捨て出て行った。

売春防止法の成立

夜の赤線地帯。

娼館の「百合の園」でおかみの芳子が「商売あがったりだ」とボヤいている。

そこへ頼子と夢子がやって来て「どうしたの?」と声をかけた。

芳子は二人に新聞を見せながら、『売春防止法』の施行が決まったことを伝える。

頼子と夢子は驚きの表情を浮かべるが、夢子は話についていけず「どういう意味?」と質問する。

その時、高塚が店にやって来た。

「売春防止法のことで店に来たのかい?」

「可決については、ほぼ決まっていたから予想はついていたが、施行まで一年足らずしかないのは計算外だ」

芳子の問いかけに答える高塚。

話が理解できない夢子が「私にも理解できるように説明してくれる?」と説明を求める。

「簡単に言えば、売春行為を取り締まる法律ができて、この仕事ができなくなるってことだ」

高塚の説明を受けた夢子が血相を変えて問い質す。

「それって、アタシ達の仕事が奪われるってこと!?」

「そういうことだ」

二人の話を聞いていた頼子も絶望の表情を浮かべた。

芳子は、娼婦の仕事は学も手に職もない女が生きるのに必要な仕事だと語る。

しかし、世間ではそれを許してくれなかった。

世間から見れば、娼館の経営者は女を騙す悪人、店で働く娼婦はいいように食いものにされている可哀想な女に見えるんだろう。

「そんな…、私は今の方がずっと幸せだわ」

芳子の話を聞いた頼子が悲しげな表情で訴える。

娼婦の実態も知らずに勝手に作られた法律に納得できず、夢子が怒り出した。

怒りがおさまらない夢子に「女将に当たり散らしても仕方がないだろ」と高塚が割って入りなだめる。

「完全に施行されるまでにあと一年はある。それまでに、これからのことを考えなきゃね」

頼子と夢子は不安げな表情で芳子の言葉を聞いていた。

この店がなくなるかもしれないという事実を突きつけられ、不安と焦りに襲われる頼子。

その様子を見た高塚が「話がある」と頼子に声をかける。

高塚の励まし

頼子が用意した部屋で、二人は今後について話し合っていた。

売春防止法が施行されると杉山家への復讐は実行しにくくなる。

今のうちにやれることをしておけと高塚が命じる。

頼子は、復讐を優先しなくてはいけないと思いながらも、赤線がなくなることに不安を拭い去ることができなかった。

「ここがなくなってしまったら、どう生きていけばいいのか…」

「先のことは俺が考えておく。お前は復讐のことだけ考えるんだ」

高塚は頼子を元気づけると、杉山家の様子を尋ねた。

俊人が何度か店に遊びに来ていると頼子が報告すると、奴が落ちるのも時間の問題だろうと話す。

「スズラン、お前は俺が飽きずに抱ける女だ。もっと自信を持て」

高塚が頼子を優しく抱きしめ、励ましの言葉を投げかけた。

法案の件でこれから忙しくなると頼子に伝え、店には行けなくなると思うが、何かあれば俺に連絡しろと言う。

二人は別れの挨拶にキスを交わし、高塚は店を出て行った。

頼子は幸せそうに顔を赤らめながら、立ち去る高塚の背中を見送った。

娼婦でいられるうちに、早く復讐を果たさなければ…

心の中で復讐への想いを強くする。

復讐の赤線【24話】『売春防止法』の感想

売春防止法でいずれ娼婦の仕事自体ができなくなるなんて、予想外の展開でした。

頼子は、スズランとして生きることで自己を取り戻したと思うんですけど。

自分の拠り所をなくしてしまったら、この先どのように生きていくんでしょうか。

その辺は高塚が親身になってくれているので、復讐を遂げてまた新たに生きる道を見つける結末になるのかもしれませんね。

復讐のタイムリミットまでに頼子は杉山家に報復できるのか、今後の復讐劇から目が離せません!

25話のネタバレは、以下をどうぞ!

復讐の赤線【25話】『はつ恋のひと』ネタバレ感想!思いがけない再会!こんにちは、まんがMAP管理人のセシルです。 今回は、漫画アプリ『ピッコマ』で配信中の作品、『復讐の赤線~私を奴隷にした家族を許さ...

漫画で読むとより臨場感が味わえるので、ネタバレ文章を読んだら、その後はぜひ絵付きで読んでみてくださいね。

ピッコマ
公式ページへ

※11話以降は23時間ごとに
1話ずつ読めます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA