漫画ネタバレ

【呪術廻戦】8話『呪胎戴天-参-』ネタバレ感想!特級相手に圧勝する宿儺!

こんにちは、まんがMAP管理人のセシルです。

今回は、呪術廻戦の8話『呪胎戴天-参-』について、ネタバレ感想を紹介していきます。

無料で試し読みしたい方は、登録なしで気軽に読めるまんが王国がおすすめです!

まんが王国の公式ページへ

※『じゅじゅつ』と検索してね。

7話のネタバレは以下をどうぞ!

【呪術廻戦】7話『呪胎戴天-弐-』ネタバレ感想!宿儺と入れ替わる悠仁!こんにちは、まんがMAP管理人のセシルです。 今回は、呪術廻戦の7話『渋谷事変(48)』について、ネタバレ感想を紹介していきます。...

呪術廻戦 8話『呪胎戴天-参-』のネタバレ

宿儺VS特級

悠仁と入れ替わり、特級呪霊の前に姿を現した宿儺。

軽い仕草で特級の肩を叩き、「今考えてる、少し待て」と命じた。

宿儺の希望は、悠仁たちを困らせること。

伏黒を追いかけても、再会すれば悠仁にまた体を取り戻されてしまう。

それでは面白くない。

それなら、特級を連れて伏黒たちを殺しに行けばいい。

決断した宿儺は、特級に「ついてこい」と命じて歩き出した。

その背中に向かって、怒りの呪力をぶつけようとする特級。

「馬鹿が」とつぶやいた宿儺は、振り返って左手を伸ばし、切断された部分を再生した。

向かってくる呪力を、復活した左手であっさり消去する。

そのあと、うっかり左手を治してしまったことに気づいた。

口をあんぐりと開けて慄く特級に、「散歩は嫌か? まあ呪霊は生まれた場所に留まるものだからな」と笑顔で語りかける。

直後、「ここで消えろ」という言葉と同時に、特級の顔をつかんで地面に叩きつけた。

「頑張れ頑張れ」と言いながら、足の裏で特級の顔を蹴りつける。

あまりの威力に、橋のようになっていた地面が崩れ、高所から落下してゆく宿儺と特級。

落ちながらも、特級は宿儺の足首をつかんで投げ飛ばそうとした。

しかし、宿儺はあっさりとその腕をもぎ取り、「呪霊といえども腕は惜しいか?」と言って余裕の笑みを浮かべた。

崩れた橋が、下にあった水場に落ちて、勢いよく水しぶきが上がる。

伊地知を見送る

運転席についた伊地知に、外に残った伏黒が話しかけていた。

「もしものとき、俺にはアイツ(虎杖)を始末する責任があるので」

伊地知は、後部座席に乗った野薔薇を病院に届けたら、また戻ると言ってくれた。

しかし伏黒は、もう伊地知はいても意味ないから、1級以上の術師を連れてくるようにと告げた。

伏魔御廚子

すでに特級を壁に叩きつけていた宿儺が、自分と相手とが同じ特級に分類されていることに、少々疑問を感じている、ということを述べていた。

壁に埋め込まれた特級は、手足がもぎ取られた状態だった。

呼吸を荒くして、壁から這い出す特級。

手足を元通りに再生し、着地してニッと笑みを浮かべた。

「呪力による治癒は、呪霊にとってそう難しいことではないのだぞ」と宿儺。

そして手で三角形を作り、「本物の呪術というものを教えてやる」と言って領域展開を繰り出した。

伏魔御廚子!

場所が宿儺のフィールドに変わり、次の瞬間には特級の肉体はバラバラに切断していた。

「3枚におろしたつもりだったが、弱いなオマエ」と言いながら、特級の胸のあたりにある穴に手を伸ばす宿儺。

「これは返してもらうぞ」と、特級の体から『指』を取り出した。

宿儺の指だ。

瞬間、煙に包まれて消滅する特級。

宿儺は悠仁に、「終わったぞ、代わるのならさっさとしろ」と声をかけた。

しかし、悠仁からの反応はない。

それを知った宿儺は、ニンマリと笑みを浮かべた。

伏黒VS宿儺

生得領域が閉じたことで、特級呪霊が死んだことを察する伏黒。

虎杖が戻ることを期待したが、直後には宿儺が隣にいてこう言ってきた。

「ヤツは戻らん」

その声を聞き、表情を引きつらせる伏黒。

「怯えるな、今は機嫌がいいんだ。少し話そう」と宿儺は言う。

悠仁が戻ってこれないことを、宿儺はこう解釈していた。

「なんの縛りもせずに俺を利用したツケだ。戻ってくるのに手こずってるようだ」

自分の衣服の胸元を破き捨てた宿儺は、「それもまあ時間の問題だ。俺にできることをする」と言って、自分の右手を胸に突き刺した。

体内から心臓を取り出し、「虎杖を人質にする」と伏黒に見せつける。

「俺は心臓なしでも生きられるが、虎杖には無理だ」と心臓を地面に捨てた。

「俺と代わることは死を意味する。そしてもう1つ、ダメ押しだ」

宿儺は、さっき特級から奪った自分の指を口に入れて飲み込んだ。

「さて、もう脅えていいぞ」と言いながら、指に力を込めてビキビキと鳴らした。

「殺す、とくに理由はない」と宿儺。

「あのときと、立場が逆転したな」と伏黒。

呪術廻戦 8話『呪胎戴天-参-』の感想

悠仁と伏黒がまったく歯が立たなかった特級相手に、宿儺はあっさりと勝利を収めました。

悠仁はまだ2本しか食べてないのに、ハンパじゃなく強いです。

伏黒と会話しながら3本目を食べたので、さらに強くなったのでしょう。

絶体絶命のピンチに、伏黒はどうやって切り抜けるのか?

勝てないまでも、逃げる手段はあるのか?

9話のネタバレは以下をどうぞ!

【呪術廻戦】9話『呪胎戴天 -肆-』ネタバレ感想!宿儺の強さに押される伏黒!こんにちは、まんがMAP管理人のセシルです。 今回は、呪術廻戦の9話『呪胎戴天 -肆-』について、ネタバレ感想を紹介していきます。...

漫画で読むとより臨場感が味わえるので、ネタバレ文章を読んだら、その後はぜひ絵付きで読んでみてくださいね。

まんが王国の公式ページへ

※『じゅじゅつ』と検索してね。
※試し読みは3話までです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です