漫画ネタバレ

子供ができました【4話】ネタバレ感想!お腹の子の父親は?

こんにちは、まんがMAP管理人のセシルです。

今回は、漫画アプリ『ピッコマ』で配信中の作品、『子供ができました』4話のネタバレ感想を紹介していきます。

3話までなら、ピッコマのアプリで今すぐ無料で読めます!

ピッコマ
公式ページへ

※4話以降は23時間ごとに
1話ずつ読めます。

3話のネタバレは以下をどうぞ!

子供ができました【3話】ネタバレ感想!陽平との話し合いの場で…こんにちは、まんがMAP管理人のセシルです。 今回は、漫画アプリ『ピッコマ』で配信中の作品、『子供ができました』3話のネタバレ感想...

子供ができました【4話】ネタバレ

思わせぶりに引き止められて

陽平との話し合いの場で、お腹の子は俺の子かと訊かれた姫奈。

姫奈はとっさに「私の子だ」と答える。

陽平は、帰ろうとする姫奈に「俺の話は聞かなくていいのか?」と問いかける。

(何が言いたいのよ…)

しばらく迷った後、姫奈は改めて陽平の話を聞くことにした。

やっぱり俺の子ですよね?

陽平から、改めてお腹の子は俺の子かと質問される。

姫奈が否定しようとすると、陽平は「あの時、一夜を共に過ごした」と話す。

「あの夜は避妊もしなかったし、あなたは初めてでしたよね」

「そうです!…でも、お腹の子はその後に寝た相手が父親です。彼ともうすぐ結婚もします」

とっさに嘘をついて話を終わらせようとする姫奈。

しかし、陽平は姫奈の話はおかしいと言って信じない。

「あなたは部外者ですから、これ以上関わらないでください」

「どうして、そこまで否定するんですか?」

「とにかく違いますから」

赤ちゃんの父親が陽平だと認めようとしない姫奈の態度を見て、陽平はしばらく考え込む。

「浅野さんの考えはよく分かりませんが、その子の父親は俺みたいですね」

陽平は、急な出来事だからお互い考える時間が必要だろうと切り出す。

「それでは、また明日話し合いましょうか」

「え?」

予想外の反応に姫奈が驚いていると、陽平は外で姫奈の友達が車で待っているから、送っていかなくてもいいだろうと話す。

「それじゃあ、気をつけて。また明日」

引き止める間もなく、陽平は一方的に話しを終えて帰っていった。

幼馴染の痴話喧嘩

車の中で姫奈を待っていた友人の真理と優人。

陽平との話を終えた姫奈から「今から実家の母の所へ行く」と連絡が入る。

「姫奈と母親の関係から考えて、それはないだろう…」

優人は姫奈のことを心配して、迎えに行こうとする。

「優人、姫奈は子供じゃないのよ? あんたは誰の彼氏なの?」

恋人同士が1週間ぶりに会うのに、姫奈のことばかり心配している優人に真理は不満を漏らす。

優人と姫奈の微妙な関係を怪しむ真理に対して、優人はその考えを否定する。

「姫奈はこういう時に頼れる人がいないから、今回みたいなことがあれば心配するのは当たり前だろ」

姫奈に対して特別な気持ちはないと言う優人の言葉を、真理は無言で聞いていた。

気まずい時間

急に実家に戻った姫奈に、母親が用件を尋ねる。

「別に用はないけど」

姫奈がそう答えると、母親はそれ以上何も聞かず本を読み出した。

(慰めて欲しい訳じゃないけど、何か聞いてくれてもいいのに…)

そっけない母親の態度を見て、実家に戻ったことを後悔する姫奈。

しばらく沈黙の時間が過ぎた後、姫奈は母親に尋ねた。

「お父さんの話は聞いた?」

その途端、母親は険しい表情を浮かべて姫奈を見つめた―。

子供ができました【4話】感想・考察

妊娠について、ちゃんと話し合おうとしてくれる陽平に対して頑なに拒絶する姫奈。

陽平が父親だと伝えると、堕ろせと言われるのを恐れているんでしょうか。

そもそも責任を取るつもりがないなら、陽平があそこまでしつこく食い下がることもない気がするんですけど…。

最後はどういう形で話が落ち着くのか気になります。

幼馴染の微妙な関係性など、今回は人間関係も気になる点が多かったですね。

姫奈の家族関係も何やら複雑そうです。

父親の名前が出た時の母の反応からして、父に原因がありそうですが、一体何があったんでしょう。

5話のネタバレは以下をどうぞ!

子供ができました【5話】ネタバレ感想!母親との確執!こんにちは、まんがMAP管理人のセシルです。 今回は、漫画アプリ『ピッコマ』で配信中の作品、『子供ができました』5話のネタバレ感想...

漫画で読むとより臨場感が味わえるので、ネタバレ文章を読んだら、その後はぜひ絵付きで読んでみてくださいね。

ピッコマ
公式ページへ

※4話以降は23時間ごとに
1話ずつ読めます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です