漫画ネタバレ

この好きは止められない【28話】ネタバレ感想!沙織からソルムス設立の話を聞かされて!

こんにちは、まんがMAP管理人のセシルです。

今回は、漫画アプリ『LINEマンガ』で配信中の作品、『この好きは止められない』28話のネタバレ感想を紹介していきます。

2話までなら、LINEマンガのアプリで今すぐ無料で読めます!

LINEマンガ
公式ページへ

※3話以降は23時間ごとに
1話ずつ読めます。

27話のネタバレは以下をどうぞ!

この好きは止められない【27話】ネタバレ感想!夏樹と盗作ブランドの接点!こんにちは、まんがMAP管理人のセシルです。 今回は、漫画アプリ『LINEマンガ』で配信中の作品、『この好きは止められない』27話...

この好きは止められない【28話】のネタバレ

夏樹のことが頭を離れない芽郁

先日、夏樹と一緒に走って以来、夏樹のことが頭から離れなくなってしまった芽郁。

(前進しようと思ったけど、もう次にいっちゃうの?って思ったりもするし…)

頭の中から夏樹を消そうとするが、思うように消えてくれない。

職場で夏樹のことばかり考えていると、同僚の志保の姿を見かける。

志保は、部署が違う須応と一緒に歩いている。

大学時代の先輩である須応につれない態度を取りながらも、志保と須応はとてもいい雰囲気だった。

そんなふたりの姿を眺めながら、芽郁は羨ましがる。

(夏樹さんのことはまだよく知らないけど。少しずついろいろ知って、いずれあのふたりみたいな関係が築けるかもしれない)

そんなことを考えているうちに、芽郁は自分から夏樹に連絡を取ろうと決意をした。

(まずは、自分から行動しないと何も始まらないし!)

過去の日比谷の言動に疑問を抱いて

職場の資料室で夏樹に連絡しようとしていると、日比谷の声が聞こえてきた。

芽郁は、思わず本棚の陰に隠れる。

しかし、日比谷は芽郁の存在に気づいているようだった。

(そういえば、前に会ったときも何か探してたっけ…)

以前、日比谷が見ていた資料は、ブランドのソルムスが立ち上がった頃のものだった。

(もしかしたら、夏樹さんの友達のデザイナーのことも何か分かるかも)

ソルムスの資料を探しながら、芽郁は日比谷の言葉をふと思い出す。

日比谷は、夏樹に二度と会うなと忠告し、詳しい事情はまだ話せないと言っていた。

(どうして、あの時あんなことを言ったんだろう…)

芽郁は、日比谷らしからぬ言動に違和感を抱く。

ふと、夏樹の友人のデザイナーが、ソルムスの立ち上げに関わっていたという話を思い出した。

(もしかして、夏樹さんの話と関係してるのかな…)

ソルムスの立ち上げ当初

芽郁が夏樹に確認してみようと思っていると、沙織が現れた。

「探し物はこれ?」

沙織は、芽郁にソルムスの資料を差し出して、当時の思い出を語り出す。

「あの頃は、すごく大変だったわ…」

ソルムスは、社運を懸けた新規ブランドで、事業部長に抜擢されたのが日比谷だった。

何もかもが不足している状況で始まったプロジェクトだが、日比谷は決して諦めることなく、沙織も日比谷を支えた。

「それだけの苦労があって、今があるの」

「そうだったんですか…」

芽郁は、うつむきながら沙織の昔話を聞いていた。

沙織に嫌味を言われて

「あなたが入社する前の話よね?当時のことは、何も聞いてないの?」

「社長は、あまり自分の話をしたがらなかったので…」

芽郁が答えると、沙織は言った。

「そうなの…。だから、別れてしまったのね」

沙織は勝ち誇ったような笑みを浮かべながら、芽郁に嫌味を言った―。

この好きは止められない【28話】の感想

さりげなく事の真相に近づいている芽郁。

日比谷が憧れのブランドを盗作していて、その関係者の夏樹が復讐のために芽郁に近づいている。

全てを知ったら、もう男なんて信じられなくなりそうですね…。

夏樹は、芽郁と子供の頃に知り合ってそうな伏線があるので、まだ芽郁と上手くいくチャンスはあるのでしょうか。

それにしても、日比谷に振り向いてもらえない沙織のマウントは、みっともなくて惨めですね。

人間あそこまで堕ちたくないなと思いました笑

29話のネタバレは以下をどうぞ!

この好きは止められない【29話】ネタバレ感想!密かに日比谷を憎む夏樹!こんにちは、まんがMAP管理人のセシルです。 今回は、漫画アプリ『LINEマンガ』で配信中の作品、『この好きは止められない』29話...

漫画で読むとより臨場感が味わえるので、ネタバレ文章を読んだら、その後はぜひ絵付きで読んでみてくださいね。

LINEマンガ
公式ページへ

※3話以降は23時間ごとに
1話ずつ読めます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。