漫画ネタバレ

俺だけレベルアップな件【31話】ネタバレ感想!旬を再覚醒者と見破る道門!

こんにちは、まんがMAP管理人のセシルです。

今回は、漫画アプリ『ピッコマ』で配信中の超人気作品、『俺だけレベルアップな件』31話のネタバレ感想を紹介していきます。

3話までなら、ピッコマ公式ページあるいはアプリで今すぐ無料で読めます!

4話もすぐに「待てば0円」で読めますので、実際に待って読むのは5話以降です。

ピッコマの公式ページへ

※4話以降は23時間ごとに1話ずつ読めます。

第30話のネタバレは、以下をどうぞ!

俺だけレベルアップな件【30話】ネタバレ感想!真島が息を引き取る!こんにちは、まんがMAP管理人のセシルです。 今回は、漫画アプリ『ピッコマ』で配信中の超人気作品、『俺だけレベルアップな件』30話...

俺だけレベルアップな件【31話】のネタバレ

剣士

強化魔法の光に包まれ、剣を取って構えた馬淵。

魔法使いである限り、筋力、体力、速度が十分でないことはわかっていた。

観月の力を借りても、車のエンジンを自転車に乗せて漕ぐようなものだ。

急な傾斜が下り坂で、スピード調整ができないままカーブにさしかかれば命を落とすだろう。

それと似たような感覚だ。

まずは道門のほうから一足飛びに距離を詰めてきた。

互いの武器が衝突し、カキンと音がする。

「魔法型ハンターが暗殺系ハンターを相手にすれば不利になる。剣を取ったのは正解だったな」と道門。

「それでも結局は魔法系だ。肉体レベルがD級にも満たないんじゃ、剣を持ったところで意味はあるまい?」

しかし馬淵は、道門を一刀両断に斬り捨てた。

頭から真っ二つだ。

「なにかの意味はあるかもしれんぞ」と馬淵。

道門は馬淵から距離をとり、「悪くない動きだ」と声をかけてくる。

馬淵が斬ったのは残像だったのだ。

旬の目には、ちゃんと見えていた。

一瞬であっても、馬淵が道門のスピードに追いついたことを。

もう少し速ければ、あるいは、と考える旬。

馬淵が降り下ろす剣を、ジャンプしてあっさりかわす道門。

余裕の笑みを浮かべながら、馬淵の腕前を評価した。

「速くて正確。魔法を諦めて剣を握るだけあるな。だけど結局、その程度だ」

言いながら道門は、さっと手を振って馬淵の左肩を斬りつけた。

「なぜハンターの中に魔剣士がいないのか、少し頭を使えばわかるはず」

観月のヒールで回復する馬淵を見て、目障りだな、と思う道門。

道門は先に観月に狙いを定め、詰め寄ろうとした。

しかし、馬淵が背後から剣を降り下ろす。

「剣を持つ相手に背を向けるとは、油断しすぎだ」

反転し、馬淵の剣を短剣で防いだ道門。

「ただの年寄りじゃないな」と目を尖らせた。

「これでもS級に指導している」と馬淵。

片腕ながら、地面を叩き割るほど強烈な一撃を振り下ろした。

しかしすでに避けていた道門は、余裕を崩さず口にする。

「とはいえ与えられた力には限界がある。魔法使いごとき、暗殺系のスピードについてこれるはずあるまい」

道門の攻撃を1つ防いだ馬淵だが、洞窟内の壁や天井を瞬時に移動する道門の速さにはついていけず。

浅いながらも無数の傷を受け、身体中から血が噴き出した。

「僕はそもそもランクが違う。魔法型ハンターじゃ、目で追いかけるのも不可能さ」

よろけて地面に膝をついた馬淵に、駆け寄ろうとする観月。

しかし馬淵は、俯きながらも手で制した。

「無駄な足掻きだと気づいたか。ひと思いに葬ってやる」

武器を振り上げた道門。

瞬間、顔を上げて目を見開いた馬淵が、地面についた手から魔法を発動した。

馬淵の目の前に火柱が立ち上がり、炎に包まれる道門。

しかし道門はすでにかわしていて、馬淵の横に立って見下ろしていた。

「剣士のふりをすることで魔法への警戒心を解き、刃が振り下ろされる瞬間に魔法を使う。老いぼれの割に作戦は悪くなかったぞ」

ここまでか、と観念した馬淵に、道門が短剣を突き刺そうとする。

割って入ったのは、旬だった。

馬淵の背後を守るように、カサカの短剣で道門の武器を弾いた。

口を開けて驚く観月。

「またあんたか」と道門。「何者なんだ? ランクは?」

「水篠旬、E級だ」

バックステップで距離をとった道門は、ククッと笑いながらも、手が震えていた。

旬に弾かれ、痺れていたのだ。
「そんなバカな」と道門。

「E級でもパワータイプなら今くらいの力があってもおかしくない。しかし反応が速いときた。2度も僕の攻撃を食い止めるなんて、ただ者じゃないな。暗殺系か? いや、問題はそこじゃない。あんた、力を隠してるよな?」

黙って道門の言葉を聞いている旬。

「不正登録者か? いや、あんたら3人は知り合って長そうだし、それはないな。不正登録者が目撃者を生かしとくわけないからな。ってことは、答えは1つ」

立ちはだかる旬に、道門は言う。

「再覚醒者」

それを聞いて、驚いたのは観月と馬淵だった。

2人の反応を見て、再覚醒したのは最近と判断する道門。

どっちにしてもハンターとしての経験は浅いと見て、道門は両手に武器を持ってゆっくり歩み寄ってくる。

「先輩の僕が指導してやろう」

俺だけレベルアップな件【31話】の感想

馬淵は戦略的な戦い方を見せますが、格上の道門には通じませんでした。

B級強し、ってところですね。

最後の一撃が馬淵に振り下ろされる瞬間、割って入ったのはもちろん旬です。

E級の旬に助けられるとは思っていなかったようで、馬淵も驚きます。

B級の攻撃は、防ぐことすら難しいはずなのに。

道門は旬を再覚醒者をみなし、勝負を挑んできました。

もちろん、旬より強いつもりでいるからです。

でも旬は、隠している実力が違いすぎる!

次回、めちゃめちゃにやられる道門が描かれそうですね。

第32話のネタバレは、以下をどうぞ!

俺だけレベルアップな件【32話】ネタバレ感想!旬と道門のスピードは互角!こんにちは、まんがMAP管理人のセシルです。 今回は、漫画アプリ『ピッコマ』で配信中の超人気作品、『俺だけレベルアップな件』32話...

漫画で読むとより臨場感が味わえるので、ネタバレ文章を読んだら、その後はぜひ絵付きで読んでみてくださいね。

ピッコマの公式ページへ

※4話以降は23時間ごとに1話ずつ読めます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です