漫画ネタバレ

俺だけレベルアップな件【34話】ネタバレ感想!旬に忠告する犬飼!

こんにちは、まんがMAP管理人のセシルです。

今回は、漫画アプリ『ピッコマ』で配信中の超人気作品、『俺だけレベルアップな件』34話のネタバレ感想を紹介していきます。

3話までなら、ピッコマ公式ページあるいはアプリで今すぐ無料で読めます!

4話もすぐに「待てば0円」で読めますので、実際に待って読むのは5話以降です。

ピッコマの公式ページへ

※4話以降は23時間ごとに1話ずつ読めます。

第33話のネタバレは、以下をどうぞ!

俺だけレベルアップな件【33話】ネタバレ感想!互いのスキルを発動して決着!こんにちは、まんがMAP管理人のセシルです。 今回は、漫画アプリ『ピッコマ』で配信中の超人気作品、『俺だけレベルアップな件』33話...

俺だけレベルアップな件【34話】のネタバレ

フリードリヒ・ニーチェの言葉

怪物を闘う者は、その過程で自らが怪物と化さぬよう心せよ

おまえが長く深淵を覗くならば、深淵もまた等しくおまえ見返すのだ

道門の最後の言葉

胸に短剣を突き刺された道門は、旬に向かって言葉を絞り出す。

ハンターとは、何度も死を見届け、生存を勝ち取る生き物。

モンスターだけじゃなく、人間と対立することもある。

「僕たちは殺人マシーンなんだ、あんたもそうさ。だから、負けた僕が死ぬ。当然の結果だ」

目を赤く染め、血を吐きながら、道門は「あんた何者だ?」と聞いてきた。

暗殺系っぽいのに、治療魔法もデバフ魔法も使える旬が不思議に思えているのだ。

「さあ、俺も自分の正体が気になってる」と旬。

「言葉多きは品少し、秘密多きはタチ悪し」と道門。

『出血』と『麻痺』の効果が発動し、道門は血を吐いて苦しむ。

「B級の僕を倒したんだ、もうランクを隠しておけないぞ」

旬は道門を見下ろしたまま尋ねる。

「俺が戦うたびに強くなるハンターだとしたら、どこまで強くなれると思う?」

「あんたの影防止は、闇に繋がってる。闇の深さだけ、強くなれるだろう」

実際に、洞窟内での旬の影は、上半身部分が大きな闇へと繋がっていた。

緊急クエストをクリアしたことで、報酬として能力値ポイントを+5受け取った。

フードを被りながら、旬はこんなことを考えていた。

確かに以前よりはるかに強くなった。

だがどういうわけか、強くになればなるほど、俺の中にある何かが崩れ落ちてゆく気がする。

ダンジョン封鎖

旬の背中から、お礼を言ってくる観月と馬淵。

ハンターたちの亡骸がいくつもあるのを見て、観月は馬淵に「協会に報告したほうがいいんじゃないですか」と進言する。

すると旬は、先にダンジョンを封鎖すると言う。

一人でボスを倒そうとしているのだ。

旬の強さを知った馬淵は止めはしなかった。

旬が道門の胸から短剣を抜くと、ウィンドウが開いて、「ルーン石:隠密」を得ました、と表示された。

ルーン石を割ると、スキル『隠密』を吸収できるそうだ。

先に外に出ると言い残し、去ってゆく観月と馬淵。

残った旬は、「生きてるのは分かってる。立て」と囚人ハンターに声をかけた。

死んだふりして逃げようとしていたらしい囚人ハンターは、ゆっくり体を起こした。

道門に首を切られ、喋れないようだ。

どうやら道門は、悲鳴も上げさせない残酷な殺し方をしていたらしい。

「観月さんに治療してもらおう」と、囚人ハンターの襟を持って引きずる旬。

しかし、言葉とは逆に、連れていったのはボスの部屋だった。

無数のゴブリンたちに混じって、巨大なホブゴブリンの姿がある。

後ろで見ている旬は、冷たい表情でこう言った。

「危害を加えた被害者を覚えてるか? お前のような道門以下のクズを、連れて帰るとでも思ったのか?」

前にはホブゴブリン、後ろに旬。

囚人ハンターはゴブリンたちに襲われ、悲惨な最後を遂げた。

ダンジョンを出て

ホブゴブリンを倒し、ダンジョンを出た旬。

先に出ていた馬淵と観月がすでに、中での出来事をメガネの職員に説明してくれていた。

職員から協会に連絡がいき、上の人間がすぐにやってきた。

ダンジョンクリアから40分後のことだ。

やってきた犬飼は、ダンジョンが閉じるまで残り20分、8分以内に遺体の回収をするよう指示を出す。

犬飼は疑問に思っていた。

道門が罪のないハンターまで殺そうとしていたのなら、ダンジョンクリア前に遺体を出してもよかったはず、と。

隠蔽したい事実があったのでは?

旬と対面した犬飼は、別人になった旬に少し驚きながら「お久しぶりです」と声をかけた。

旬のほうも、以前に病室であった監視課の人物だと覚えていた。

道門の行いについて詫びる犬飼。

そんな犬飼を前に、旬は自分以上に強いことを察していた。

あの時は気づかなかったが、この人は次元が違う。

A級だ!

今の俺じゃ太刀打ちできない、と。

「B級ハンターである道門を殺したのは誰ですか?」

そう犬飼に聞かれ、旬はもう再覚醒のことを隠せないと思う。

諸菱の提案も白紙になりそうだ、と。

しかし馬淵が「私です」と名乗り出て、旬は少し驚いた。

「C級なのにB級をどうやって?」と犬飼。

「彼女と力を合わせて」と、観月との協力を示唆する馬淵。

その答えに納得する犬飼だが、心では疑っていた。

他のB級より遥かに強い道門に、片腕のないC級が勝てるのか、と。

なぜ馬淵は嘘を?

その後、調書のために監視課に同行することになった旬たち。

なぜ嘘を吐いたのか尋ねる旬に、馬淵は答える。

「実力を隠す理由があるんだろう? どうせ私も捜査対象だ、恩返しだと思ってくれ」

いったんは背を向けて歩き出した犬飼が、旬に声をかけてきた。

「E級のあなたがB級を倒したとは思ってません。それでもお伝えします。長生きしたいなら、気をつけてください」

「どういう意味です?」と尋ねる旬。

「右京隼人の攻撃隊が全滅した事件で、残ったのはD級とあなたのみ。リーダーの弟、右京将人が、あなたたちを狙っている可能性があります」

「S級ハンターの?」

「そうです。相手がS級では、法などでは制御できません。彼らは奇跡でもありますが、災害にも似た存在なので。できるなら、家族を連れて日本を離れたほうがいいでしょう」

現在の旬のステータス

★ステータス★

名前:水篠 旬
職業:なし
称号:狼虐殺者
レベル:27
疲労度:0

HP:5114
MP:548

筋力:72
体力:43
速度:82
知能:39
感覚:69

物理ダメージ減少:20% 作用中

分配可能ポイント:5

★スキル★
[パッシブ]
根性 Lv.1

[アクティブ]
疾走 Lv.1
殺気 Lv.1

[アイテム:門番の首輪]
入手難易度:A級
種類:首輪
着用中
速度+20、感覚+20

3時間後

道門に殺害を依頼した男が自首し、旬たちの正当防衛が成立した。

解放された旬に、観月が声をかけてきた。

ほのかに光る魔法石を手に持ちながら、「これ、覚えてます?」と。

俺だけレベルアップな件【34話】の感想

強くなっていくことと引き換えに、何か大切なものを失う感覚。

旬は心の中で、そんな虚しさを感じているようです。

手負いの囚人ハンターをボスと戦わせたのも、以前の旬ならしなかったでしょう。

S級ハンターに目をつけられてることを知った旬ですが、何か対策をとるのでしょうか?

最後には、観月が声をかけてきましたね。

二重ダンジョンで旬が手渡した魔法石を手に持っているので、食事に一緒に行く約束かな?

第35話のネタバレは、以下をどうぞ!

俺だけレベルアップな件【35話】ネタバレ感想!観月が引退を決意!諸菱はC級ゲートを連続攻略!こんにちは、まんがMAP管理人のセシルです。 今回は、漫画アプリ『ピッコマ』で配信中の超人気作品、『俺だけレベルアップな件』35話...

漫画で読むとより臨場感が味わえるので、ネタバレ文章を読んだら、その後はぜひ絵付きで読んでみてくださいね。

ピッコマの公式ページへ

※4話以降は23時間ごとに1話ずつ読めます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です